1. ホーム
  2. 才教ダイアリー
  3. 2017

才教ダイアリー2017

数学って面白い!

投稿日:2018.02.16

 3学期に入り、9年生の受験シーズン到来です。授業も受験対策が中心となってきました。ピリッとした空気の中、全神経を集中させて問題を解く姿が見られます。授業も残り1か月ほどですが、ここまでを振り返ってみると、ワクワクの連続でした。

 

ある日の授業のことです。

 「相似」の学習が一通り終わったので、高校数学の内容でもある「チェバの定理・メネラウスの定理」を扱いました。これらは、公立高校入試はもちろん、模試などでも目にする機会がないため、実践として使うことがなかなか難しいのが現状です。定理の概要を説明し、証明し、例題を解き終わり、授業も終盤に差し掛かったところでMくんが発した一言。

「メネラウスの定理って、重心の証明に使えませんか?」

前日の授業で、三角形の重心は中線を2:1に分けることを学習し、その時はごく普通に相似を使って証明したところでした。他の生徒たちも興味津々で、

「よし、やってみよう!」

ということに。全員の視線が黒板に集中します。三角形、中線、重心をかいたところで、何人かの生徒から、

「あ~、見えてきた! メネラウスの定理、使えるかも!」

という声が。さらに線分の比を定理にあてはめていくと… 見事に2:1という比が出てきたのです。その瞬間、教室中から

「おお~!すごい!」

という歓声があがりました。

 

 

別の日の授業では、こんなこともありました。

 

昨年、「三角形と四角形」の単元の後に「図形と関数」を扱ったときのことです。三角形の面積比を求める問題で解き方を説明したものの、使う知識はまだ習っていない「相似」の内容でした。

当時、「この解き方でよいという理由が、来年になったらはっきりとわかるから、楽しみにしておいてね。」と、授業をしめくくっていたのですが、そのことを覚えていたNくんが、

「去年やった面積比の問題、今学習している相似を使うと説明できるんですよね!」

とうれしそう。

「よくぞ覚えていてくれた!」

私は感動を胸に、昨年できなかった説明を存分にさせてもらい、生徒たちも熱心に聞いてくれました。

 

 

数学は、ただ問題を解いて答えが出ればいい、というものでは決してありません。どうしてそうなるのかを筋道を立てて考えること、他の見方はないのかと多方面から考えることも大切です。他の人の考え方に触れることで自分の視野を広げたり、ちょっとしたことに疑問を持って追究していくような体験をしたりして、数学の面白さや奥深さを感じていくのだと思います。

問題に取り組む真剣な顔、わからない問題を理解した時の満足気な顔、あっと驚くような解法を見つけた時のうれしそうな顔、その一つ一つが私の心に刻まれています。残り1か月。できるだけたくさん、数学の面白さや奥深さを伝えます。9年生の皆さんが、これから先もずっと、数学を楽しんでくれることを願いながら。

 

9年数学担当

ワクワクする「穴の世界」

投稿日:2018.02.13

 1年生の図工では、今「不思議な穴の世界」というテーマで絵を描いています。

初めに「みんなは、いつもどこで暮らしているのかな?」と問いかけると、「学校」「家!」などと元気な答えが返ってきて、そのうちに、「…地面の上」「地球!」などの意見も出てきます。

「じゃあ、みんなが暮らしている地面の下は、どんなふうになっていると思う?」と投げかけると、「う~ん…」と考えこむ子ども達。「アリの巣があると思います。」「ミミズが暮らしています。」「カブトムシの幼虫!」「恐竜の骨があるかも。」「宝の箱…?」一生懸命、想像を巡らせて答えてくれます。

 

そこで、「今日は“不思議な穴の世界“を、想像して描いてみましょう。」とテーマを提示しました。「不思議な穴」ですから、穴の形は自由、中身も自由、すべて自由です。

「うさぎとカエルが、穴の中でお相撲を取っていてもいいんですよ。」と、鳥獣戯画を例に挙げたところ、「えっ?本当に?」と、初めは驚きの表情を見せた子どもたちでしたが、すぐに、「おもしろそう!」と喜んで線を描き始めました。

 

 入学当初は鉛筆で下描きをしないと不安、という子もいましたが、今では「腕を大きく動かしてみよう。」と声をかけると、皆、思い切り良く腕を動かし、下描き無しでマジックペンで、画用紙いっぱいに穴を描くことができました。穴が描けたら、今度はそこに、思い思いに生き物や建物などを描いていきます。初めのうちは、「どうしようかな…。」と迷ったり考え込んだりする様子が見られましたが、次第に自分の絵の世界に没頭していき、シーンと静まり返り、どの子も夢中になって描いていました。休み時間には、お互いの描いた絵を見合って「へえ~、おもしろい!」「これ、いいね。」と、会話がはずんでいました。

 

 図工・美術は、どちらかというと、国語や算数などに比べ、重きを置かれにくい教科です。しかし実は、人が生きる上で欠かせない、大切な力を育む教科です。横浜美術館長の逢坂恵理子さんが、美術教育について「違う感じ方や価値観を尊重すること、他の人とは異なる新しいことに挑むこと、自由な発想を大切にすること、自分の体を使って物事を作りあげること、作品から刺激を受け、感じ、考えることを学ぶ場であり、“今の世の中だからこそ必要なのですよ“と、声を大にして言いたい。」とおっしゃっていますが、本当にその通りだと思います。

今回の絵も、自由な発想でのびのびと描き、自分の作り出す絵の世界を楽しみ、同時に友だちの作品の良さも十分味わってほしいと願っています。

 

 今年度の図工の時間も残り少なくなりました。来週は、絵の具で色を付けていきます。どんな素敵な穴の世界ができるか、私も子ども達と一緒に、ワクワクしながら見守っていきたいです。

 

1年生図工担当

第Ⅱ期に向けて

投稿日:2018.02.09

    先生や友達に言われる前に、自分で考えて行動しよう。

    当たり前のことは、完ぺきにできるようにしよう。

    授業中のきまりを守り、ノートをきちんと取ろう。

    宿題忘れ物は、絶対になくそう。(クラスのみんなでサポートしよう。)

 

 この目標は、来年度第Ⅱ期生となる4年生が、みんなで話し合って決めたものです。第Ⅱ期になるまでに必ず成し遂げよう、その思いをもって決めました。しかし、なかなかそれが達成できない、ということで、先日クラスで話し合いをました。2学期と3学期の学級長と副学級長が協力をし、進行や書記を務めました。

 話し合いは、「3分前行動1分前着席を、一人一人が時計を見てできるようにするためにはどうすればよいか。」「忘れ物をなくすために、クラスみんなでどのようなことに取り組むか。」という2つのことについて行われました。

 アイデアを出し合い、賛成と反対の意見を交わしながら、どうしたらいいのかを真剣に考えていました。「人や物に頼るのではなく、自分で意識しないといけないと思う。」「注意したり、タイマーをかけたりして座ることは1年生でもできるから、4年生らしくない。」といった意見もあり、さすが第Ⅱ期を目前にした姿だととても感心しました。

 最終的には、「3分前行動1分前着席をするために、着席した人から静かに手を挙げて、全員が着席したら手を下ろす。」「忘れ物をなくすために、連絡帳は毎日隣の人とチェックする。よく宿題を忘れてしまう人は、友達にチェックしてもらってから提出する。」というルールが決まりました。

 ルールが決まったら、あとは実行し、目標を達成するのみです。なかなか上手くいかず、苦しい思いをすることもあります。しかし、そんな時こそチャンスだと思います。なぜなら、反省と改善を繰り返すことで、より良いクラスになれると思うからです。みんなで支え合い、立派な姿で第Ⅱ期を迎えられるよう、残りの日々を過ごしていきます。

 4年生なら、きっと素敵な第Ⅱ期生になれると信じています!!

 

4年2組担任

 

生徒の声に耳をかたむけて

投稿日:2018.02.06

 図書室に来る生徒は、読んだ本についてどのような感想を持っているのか。

借りた本を返却する生徒に感想を尋ねた当初は、「面白かった」「怖かった」というような、割とさっぱりした声が多くありました。しかし、声をかけていくうちに「このお話が面白かった」「本に載っている料理を作りたくなった」など、具体的な内容について笑顔で説明してくれる生徒が出てきました。

そうした読後の感想を聞き、改めてその本を読んでみると、内容の面白さのほかにも様々な発見がありました。

例えば、貸出数の多い本のひとつ、「あたしたちのサバイバル教室」は、全体のテーマとしてはいじめっ子がいる学校でどのように生活していくかが描かれていますが、「生きるための本当のサバイバルとは何か」を問いかけるシーンも多く、生徒だけでなく先生方への参考資料として紹介したいと思えるような本が見つかることもあります。

 

生徒との会話は、時に図書室に必要な本や、1〜2年生に紹介する本のテーマについてのキーワードを探す手がかりになることがあります。蔵書の中で貸出数の伸びない本の扱いについて悩んでいたのですが、会話の中で得られた言葉をメモしておき、貸出数の多い本とそうではない本から共通点を見つけて紹介してみたところ、興味を持って借りてくれる生徒が現れてきました。1冊だけの時もあれば、2冊借りてもらえることもあり、人の興味・関心を引きつける言葉が生徒から発せられることを、「これも会話のなせる業」と、嬉しく思います。

これからも生徒との会話を大切にしつつ、少しずつ新しい本の紹介方法や授業に役立つ本の提供に努めていきたいと思います。

 

図書室司書

厳しい環境で見た生徒の貪欲さ

投稿日:2018.02.02

 1月23日にスキー・スノーボード教室がありました。生徒会三役が司会進行をして始まったスキー教室。4年生は初めてのスキー教室でワクワク・ドキドキしたことでしょう。8年生は最上級生として班長を任される生徒も多く、下級生の面倒をよく見ていました。少し雪が舞っていましたが、午前中は天候も安定しており、楽しく滑ることができました。

美味しいカレーをお腹に収め、メインとなる午後の練習の時間になりました。すると、山の天気は崩れやすいとはよく言ったもので、天候は午前中とはガラリと変わって強い吹雪になってしまいました。風で舞いあがった雪が顔にあたると、冷たく、寒く、大人でも大変な環境でした。私はスキーのB班を担当していましたが、さすが才教生、寒さに対して弱音を吐くものはおらず、自分の技術を高めようと一人一人がコーチの話をよく聞き、一生懸命に練習に励んでいました。

どんなスポーツも一日で上達することはなかなか難しいことですが、言われたことをどんどん吸収し集中して取り組んだ結果、練習の初めよりも確実に上手になったと感じました。コーチの方にも「大変な天候の中、これだけ集中して練習に取り組める子供達は珍しい」とのお言葉をいただきました。

来年は晴天の澄んだ空気の中でスキーができたら良いとは思いますが、どのような環境においても貪欲に謙虚に学ぼうとする生徒達の姿に感心したスキー・スノーボード教室でした。

 

Ⅱ・Ⅲ期体育科担当

プレゼンテーションコンテストに向けて

投稿日:2018.01.30

 3学期には三大行事の一つであるプレゼンテーションコンテストがあります。自分が実際に調べる能力を育てること、調べたことを基にして論理的に考察する力を養うこと、そして自分の得た情報を豊かに聞き手に伝える力を育てることを目的として実施しています。

 今年は5~7年生がその機会を得て、準備を重ねています。5年生では昨年の経験を生かして画用紙に発表する内容のポイントをまとめ、それを使いながら発表する予定です。特に今年は夏休みに行った理科の一研究を元にして、発表方法を工夫したり、研究内容をさらに深めたりして、科学的なアプローチで自然現象を調べたことを発表していきます。その中で自分の経験や知識を踏まえて「根拠のある仮説」を立て、その仮説を立証するための実験や観察を行い、結果から導き出した「考察」を伝えたいという思いを持って取り組んでいます。

時間が限られている中で、より分かりやすいように、文字の大きさや色、図の配置など距離をおいて見たり、友達に意見を求めたりして、「よりよい発表をして、クラス代表として本選に出場したい」という気持ちで前向きに取り組んでいます。生徒の姿の中には自分で取り出した食塩の結晶をより分かりやすく見せるために、台紙を黒にしてペトリ皿のような容器を作ってきたり、自ら山に登って撮った写真が少しずつ順番にフリップから出てくるようにしたりと、実に豊かな発想があり、その発想を形にする工夫があふれていて驚くばかりです。まだまだ私自身が驚く工夫が凝らされており、子どもたちの発表が今から楽しみです。

今回のプレゼンテーションコンテスト本選は217日(土)に行われます。是非、ご覧いただき、子どもたちの頑張りを見ていただければありがたいと思います。

                                        53組担任

和太鼓体験交流

投稿日:2018.01.26

 1月19日(金)に、9年生を対象に和太鼓の体験授業が行われました。

音楽科の中学校課程では、三年間に和楽器を経験する機会が設定されており、近年は、才教学園とのご縁も深い“寿台太鼓連”の皆様にお越しいただき体験授業をしていただいています。

寿台太鼓連は、10年ほど前から地域の公民館での活動をスタートし、和太鼓を通じた伝統文化の継承に力を注いでいます。現在は才教学園の内田校舎にて練習されているというつながりがあります。今回で3度目となる体験授業ですが、快くご協力いただき、「ご恩返しにやってまいりました。」というありがたいお言葉とともに、生徒たちに沢山の和太鼓を持参して魅力を伝えていただきました。

 

和太鼓の音はお母さんのお腹の中で聞く音に近いこと、昔の人々は戦いに挑む際、気持ちを奮い立たせるために太鼓を打ち鳴らしていたことなど、興味深いお話をしていただき、和太鼓が日本人の心に響く音楽であり、長い間受け継がれてきた理由を学びとることができました。その後、太鼓連の方々の演奏を聴かせていただくと、その音は体にずっしり響く大迫力で、すっかり和太鼓の世界に惹き込まれてしまいました。

テレビやインターネットの世界では味わえない、体や心に直接届く演奏は、とても貴重な体験となりました。

 

そして、太鼓を演奏する構え方や打ち方のコツ、口太鼓などを一人一人に伝授していただき、実際に太鼓を打ってみました。ところが、思っているのとやるのとでは大違い。生徒達は、なかなか良い音がならないと苦戦していました。

短い時間でありながら、実際に演奏している方々に教えていただいたため、授業の終わりには11張りの太鼓を使い、友達と息を合わせて一曲を演奏することができました。

 

生徒の感想は、「体で感じて伝わるものがある。」「心まで響いてきた。」「この伝統文化を受け継いでいくべきだと思う。」など、体験したからこそ感じることができるもので、魂を揺さぶる音楽=和太鼓をしっかりと伝えていただきました。

 

広い地区から生徒たちが集まる本校ですが、地域の活動とともに学ぶ機会がもてることはとてもありがたく有意義な時間でした。

 

9年 音楽担当

ふかしいもと一緒に届けた「ありがとう」

投稿日:2018.01.23

 2年生が生活科で育てたさつまいもが、4カ月を経て秋に収穫できました。小ぶりなものもありましたが、土を掘って姿を現したさつまいもを見て、子どもたちは大喜びでした。

収穫から数週間後、家庭科室の道具を借り、ふかして食べることになりました。

蒸し器に入れてしばらくすると、甘くていい香りが漂ってきました。ほくほくのさつまいもを食べ、「おいしい!」との声。素朴ですが、さつまいもの甘さをしっかりと感じることができ、みんな笑顔になりました。

自分たちで育てたさつまいもなので、数倍もおいしくなったのだと思います。

 

そして、このふかしいもを先生方にも届けることになりました。校長先生をはじめ、けん玉を教えて下さった副校長先生や家庭科室を貸してくださった先生へのお礼として、渡しに行く人を決めようと思い、

「先生方にふかしいもを届けてくれる人はいますか?」

と聞くと、全員の手が挙がりました。普段は挙手をためらいがちな子が腕を真っすぐ上に伸ばしていたこと、また、いつも最後の方で手を挙げる子が一番に手を挙げたことに、驚きとうれしさを感じました。

全員が手を挙げてくれたのですが、先生1人につきに2人ずつが代表で届けることになりました。どの子も、「ありがとうございました。」と言ってお渡しすることができました。

これからもいろいろな人に「ありがとう」をたくさん届けてくれることを願っています。

 

2年生活科担当

薬物乱用防止啓発講座を終えて

投稿日:2018.01.19

 5年生は「正しい薬の使い方」、7年生は「アルコールと薬物乱用」というテーマで、薬剤師の髙田弘子先生をお招きして学習しました。ここでは5年生の授業の様子を少し紹介します。

 

はじめに、薬が紀元前4千年頃から存在していたと知り、そんな大昔から薬があったことに驚きを隠せない生徒たち。どのような種類の薬があるか(内服薬、外用剤、注射剤等)、なぜ錠剤やカプセルにしてあるのか(味を隠すため、胃ではなく腸で溶けるようにするため等)、薬の使い方(飲み方、飲む回数、飲む時間)などについて質問されると、生徒たちは次々と手を挙げていました。ご家庭でもよく教わっているのかもしれません。

薬は水かぬるま湯で飲むようにとの指導もありました。その理由は、お茶やジュース、牛乳で飲むと薬の効果を変えてしまうことがあるからです。また、飲む水の量が少ないと、薬がのどで止まり、そこで溶け出てしまう可能性があることを「ペタペタ実験」で学びました。生徒からは、「今までは少しの水で飲んでいたけれど、これからはコップ1杯くらいにする」との発言がありました。感心です!

そして、「薬の主作用と副作用」について。副作用には「眠くなる」「体が痒くなる」「下痢をする」「発疹が出る」などの他にも予想しない症状が出る可能性があります。

薬って、良いことばかりじゃありません。

そもそも人間の体には「自然治癒力」が備わっています。これは病気やケガから回復するときに働きます。薬の役割は、この自然治癒力を助けること。だから、薬はむやみに使うものではなく、指示通りに正しく使うことが大切です。

 

授業の後にもたくさんの質問が出ましたが、髙田先生はひとつひとつ分かりやすく答えてくださいました。生徒たちが正しい薬の使い方を知って、またひとつ成長したかな、と思っています。

 

おまけになりますが、「テレビゲームは脳の発達を妨害する!」というお話。

テレビゲームでは脳の一部(後頭葉の視覚野)しか使われません。ということは、他の部分はほとんど働いていない状態…。脳は使わないとどんどん退化していくとのこと。髙田先生は、「長時間ゲームをしていると、とんでもないことになってしまう!」と。これは怖いですねぇ!

考えたり、想像したり、人間らしい行動をつかさどる機能を持つ「前頭葉」の発達には、本や新聞を読むことがとても良いのです。本が大好きな才教生、もっともっと本や新聞を読んで脳を活性化させてくださいね。

保健室

6年生の「本気」が見える3学期

投稿日:2018.01.16

 3学期が始まって1週間が経ち、冬休みでしんとしていた教室には、寒さを吹き飛ばす子どもたちの明るい笑顔と、元気な声がもどってきました。

長いようであっという間だった19日間の冬休み。クラスの子どもたちは、旅行へ出かけたり、初めての2年参りを経験したり、勉強と部活に明け暮れたりと、それぞれに充実した日々を過ごしたようです。

そんな中、全てに共通していたのは、本気で勉学に取り組んだということでした。普段から、6年生の真面目さには驚かされていますが、もうすぐ進級判定試験が控えていることもあり、今回は、どの子もまた一段とストイックに、大好きなことを我慢して励んだ様子がうかがえました。

ある子の生活の記録には、「久しぶりに学校に行くのはちょっと憂鬱だったけど、この宿題と課題を提出しようと思ったら行く気になった。」とありました。目の前にある困難を、避けることなく、前向きにとらえ乗り超えようとする58名の姿は、まさに才教生そのものであり、とても誇らしく思います。そして、誘惑に負けず、ひたむきに努力する強い意志は、今後の自分を支える原動力にもなると感じています。

始業式では校長先生から、先日亡くなった闘将、星野仙一監督の言葉を例に、「本気で取り組む」ことの大切さを教わりました。小学生の集大成となる6年生の日々も、残り50日を切っています。

3学期も「本気」の6年生を楽しみに、そして今週末に行われる進級判定試験でも、日頃の実力を十二分に発揮してくれるよう願っています。

 

62組担任