1. ホーム
  2. 才教ダイアリー
  3. 2015年度
  4. 『中2の想い』

才教ダイアリー

『中2の想い』

投稿日:2015.09.08

才教学園の中学2年といえば?


真っ先に思い浮かぶのが、「さいきょう祭でのミュージカル」です。

才教学園では、三大イベントとして体育祭、さいきょう祭、プレゼンテーションコンテストがあります。
今年のさいきょう祭は、10月31日に行われます。

 

昨年は、先輩たちが『ライオンキング』を熱演し、多くの人の心を動かしました。

その先輩たちの姿に感銘を受け、今年ミュージカルに挑戦する中学2年はというと、

 

なかなかモチベーションが上がらない

演奏でミスが目立つ
台詞がうろ覚え
歌の歌詞を完璧に覚えていない

 

本来であれば、夏休み明けから通し練習を本格的に進めていくところですが・・・まだまだ完成には程遠い状況です。

本気で取り組めない者、ダラダラしてしまう者、ミスをしても笑ってごまかす者、誰もが人任せで、誰かがやってくれるだろうと思っています。

 

そんな状況を知っていたので、試しに生徒たちを褒めてみました。
「ハーモニーとかも出来上がってきて、なかなかじゃない。声も最初に比べると出るようになっていたね」と。

 

すると、生徒は皆が首をかしげるのです。生徒たちも内心では、「これでは間に合わない」「まずい」「できるかどうか心配だ」と感じている様子です。

 

さいきょう祭まで2か月を切り、帰りの会や練習の場など様々な場面で、全体に話したり、個別に話したりと、私たち教員も様々な切り口で思いを伝えてきました。

その後、生徒たちはどうなったのでしょう。

以下は、生徒たちの想いです。


「今日、放課後、演出係4人で集まった。
演出係となって張り切ってはいるが、腹をくくっていない私は、みんなに嫌われてもいいという覚悟をもたなければと感じた。これから先生の立場から見て、意見があればどんどんお願いします。
あと、しつこいくらいに質問するかもしれないので、宜しくお願いします。」

 

「私は今回楽器係のリーダーとアルトのパートリーダーを務めているので、色々と忙しいです。
毎朝7:30から楽器係の担当者のみのバンド練習をしています。昼休みは5F第1教室を借りてアルトの音取り、人数が少ない分しっかりと音を取らないといけません。放課後は何と言っても部活!!しっかりやるって本当に楽しいです。私にはクラスや学年を動かす力も勇気もないので、係やパート、そして部活など、単位は小さくても自分が長を務めるものは、しっかりと責任をもってやりたいです。」

 

「今日の練習は、本当に皆が頑張っていた。練習の雰囲気も良くなってきて、僕も負けないようにがんばらないといけないと思った。少し先が見えるようになったと思った」。


生徒たちの気持ちもだいぶ変化がみられ、責任感が一人一人に芽生え始めました。日々の態度にも少しずつ変化があります。まだまだ通し練習には程遠い状況ですが、さいきょう祭まで生徒たちを叱咤激励しながら、生徒たちの成長を見届けていきたいと思います。

 

中学校2年B組 担任

練習の合間にパチリ!!