1. ホーム
  2. 才教ダイアリー
  3. 2018年度
  4. LIVE先達から学んだこと

才教ダイアリー

LIVE先達から学んだこと

投稿日:2018.12.04

今年度のLIVE先達が11月末に行われ、講師には浅間温泉ホテル玉之湯館主の山﨑良弘さんが来てくださいました。経営困難に陥った浅間温泉の再建を目指したときに「自分だけ良くなってもしょうがない。地域全体が良くならなければ意味がない。」と立ち上がったこと、周囲の協力なくしては何事も成しえなかったとのお話に感銘を受け、ご自身を大学に通わせてくれた両親への恩返し、そして当時の恩師への感謝の気持ちをもってスペインで信州蕎麦を広める活動に取り組む行動力に、頭が下がる思いでした。

講演を、「 “才教の心得”にある『国を想い、故郷を想い、家族を想い、仲間を想い、感謝と誇りを忘れるな』を大切にして、これからを過ごしてください。」と締めくくった山﨑さん。 “才教の心得”には、まさに山﨑さんの行動力の源と同じものがあったのです。

 

「山﨑さんの“今”が、大学時代にスペイン語を学び始めたことからずっとつながりがあることを知り、驚きました。」

「自分の為にではなく、人の為に動ける山﨑さんはすごいと思いました。」

「損得を考えながら物事に取り組むのではなく、思ったらすぐに行動に移す山﨑さんを尊敬します。」

講演後に生徒たちが書いた感想からは、山﨑さんの強い意志や行動力がとても心に響いた様子がわかります。

勉強の成績や教室の自分の机回り・棚の上・ロッカーの中の整頓など、まずは日頃のことを怠らないようにしてほしいところですが、それに留まらず、ぜひ周りのことも考えて行動できる人になってほしいと思います。

 

7年2組担任