1. ホーム
  2. 才教ダイアリー
  3. 2019年度
  4. 見えたリーダーの姿

才教ダイアリー

見えたリーダーの姿

投稿日:2019.11.29

 先日、4年生の長野県フェスティバルがありました。グループごとに県内の市町村の特徴を調べて発表します。

「来てくれた人を楽しませる」ことを目標に準備をしてきました。その中で、「伝えたいことがあるのに、分かりやすく文章にして伝えることが難しい」という課題がありました。発表までには、課題を乗り越えるための多くの作業がありましたが、最終的には「自分たちが楽しんでやれば、来てくれた人も楽しんでくれる」という思いで発表のときを迎えました。自分たちで考え作り上げることができた長野県フェスティバルでは、大きな達成感があったようです。

 

本番の様子は、というと・・・自信を持って、堂々と発表していました。聞いてくれる人たちは入れ替え制なので、何回か発表を繰り返すにつれて4年生からはアドリブが出たり、アクションを加えてみたりと、発表をよりよいものにしようとする姿が見られました。1時間があっという間に過ぎ、戻ってきた子どもの顔にはやり切ったという表情がありました。

 

 長野県フェスティバルを終えて、発表を見に来てくれた3年生からは、感謝と憧れの言葉が多く書かれた手紙が届きました。

「楽しかったです。さすが4年生だなと思いました。」

「ユーモアのある発表で、来年もあんな発表がしたいです。」

「来年は、4年生みたいに堂々と楽しく発表をしたいです。」

 

 4年生はⅠ期のリーダーとして、下級生のお手本となれることを学年目標としています。その中で今回、下級生が4年生の姿を見て憧れる存在になれたことがうれしく思います。この経験を踏まえて、日常生活でも下級生が憧れるリーダーに近づいて欲しいと思います。

 

 3学期には個人でのプレゼンテーションを行います。市町村の良さが伝わる発表を生徒たちが自分なりに考えて作り上げることができるよう、担任として支援していきます。

4年生のみんな、今回の長野県フェスティバル本当に一生懸命取り組みましたね。

楽しい時間をありがとう!

 

4年3組担任