1. ホーム
  2. 才教ダイアリー
  3. 2019年度
  4. 分岐点

才教ダイアリー

分岐点

投稿日:2020.02.07

カツ カツ カツ…。

昼休み、教室内に響き渡るペンの音。

静寂の空間で、唯一聞こえてくる音。

リズミカルにも聞こえるその音は、彼らの思いや気持ちを代弁しているような気がする。

私は、この音が好きだ。緊迫感の中にも厳粛さを肌で感じられる一方で、明るい未来が待ち受けているような気がしてならない。

 

長野県県立高校後期選抜まで、あと32日。

彼らは、必死で問題を解き、懸命に問題と向き合っている。

そんなとき、様々な感情が交錯するものだ。

苦しさ、辛さ、嫌気、逃避等のマイナス的な感情を抱くときがあれば、一方で、楽しさ、喜び、嬉しさ、達成感等のプラス的な感情を抱くときもある。

それらが入り交じった感情を抱きながら、彼らは今日も問題と向き合っている。

 

「敵は相手ではなく、己自身だ。」

あるプロスポーツ選手が言っていた言葉だ。

「こんな程度でいいか」「これでいいや」などと手を抜くという行為は、弱い人間のすることである。

現状維持で満足している限り、成長することはない。

自身の甘えを排除し、そして己に厳しく、ときにはストイックにならなければいけないのである。

 

彼らの夢…。

「医師」「弁護士」「プログラマー」「科学捜査官」「臨床心理士」「舞台女優」等々、より具体的な職業を挙げている人。

まだ具体的な職業ではないが、国際舞台で活躍したい等、思いは様々である。

しかし、彼らの共通の思いは「世のため人のために尽くす人」になることだ。

 

今、彼らは人生の岐路に立っている。

第一志望校合格が決してゴールではない。

辛く、苦しい受験勉強も、夢の実現のための通過点に過ぎない。

受験勉強は、夢を実現するための力を蓄えるためのものである。

ここで力を養い、蓄えておかなければ、夢を実現させることは難しい。

今、この時、この瞬間が勝負なのだ。

 

先行きの見えない状況下で、迷いや不安、焦りはあるが、彼らはそれらを打ち消すかのように自らの甘さを律し、奮い立たせ、そして追い込み、日々勉学に励んでいる。

その頑張りで、一人ひとりが描いた夢へ一歩ずつ近づいていく。

 

9年2組担任