1. ホーム
  2. 才教ダイアリー
  3. 2019年度
  4. 本物に触れる体験 けん玉出張講座

才教ダイアリー

本物に触れる体験 けん玉出張講座

投稿日:2020.02.10

生活の授業でけん玉を練習している2年生。先日のけん玉出張講座に来てくださった先生は、「もしかめ」の連続記録が8時間、テレビ番組でけん玉のギネス記録に挑戦するステージにも4年連続で出ていらっしゃるそうです。

剣に玉を刺したまま「けんけんぱ」をしたり、2人や4人で行う「たこやき」という技を教えてもらったりして、成功すると「できたー!」と友だちを喜び合っていました。けん玉は、1人で黙々と練習することが多い中、複数人で楽しめる技にすっかり夢中になりました。

「ユニコーン」といって剣をおでこにつける技では、片足を上げたり回ったりして長く落とさずにいられるかを競いました。楽しいというよりも真剣な表情で、1番になろうと必死に取り組んでいました。

ひざを上手に使うポイントもわかり、短時間でけん玉が上達した子も多くいました。

「あっという間だったよ!」「もう終わったの?」と、出張講座の終わりを惜しむ声がいろいろなところで聞こえてきました。

 

その日の昼休み、いつもは外に遊びにいってしまう子たちもけん玉に勤しんでおり、楽しみがさらに深まったようです。けん玉先生の大技をやってみようと奮闘する姿も見られました。

 

「けん玉がもっと上手になりたいと思いました。」

「けん玉先生のように上手になりたいです。」

 

まだまだ続く、2年生のけん玉授業。楽しく練習をし、難しい技にも挑戦し続けてほしいです。道を極めたプロのすごさ、本物に触れる経験を通じ、子どもたちが大きく成長するよう、子どもたちと共に歩んでいきたいと思います。

 

2年2組担任

玉を落とさないよう慎重に…

「ユニコーン」を片足立ちで