1. ホーム
  2. 才教ダイアリー
  3. 2019年度
  4. 卒業おめでとう

才教ダイアリー

卒業おめでとう

投稿日:2020.03.16

 青いネクタイを身に着け、進級式を行ったことがつい昨日のように思えます。

4月、「今年は全てにおいて結果を出す年にしよう」という話をしてスタートしてから、あっという間に3月を迎えました。ここまでの1年、ひとつひとつを振り返ってみれば、本当に多くの思い出が蘇ってきます。

9年生として、そのネクタイの青さに恥じない、素晴らしい年でした。

生徒会、学校行事、受験勉強・・・、日々の学校生活で多くの結果を残し、後輩達の良き道標となってくれました。こうして蓄積されていく道標は、学校の伝統と呼ばれるようになります。まだ歴史が浅い才教学園ですが、今年の9年生の輝きはこれから何十年後も後輩達の礎になっていくはずです。

 

9年生に、「才教学園での一番の思い出は何ですか?」と聞けば、体育祭、さいきょう祭、修学旅行など一生懸命に取り組んで成長を実感できた行事を答える人が多いでしょう。

しかし、それ以上に、仲間と過ごす何でもないあたりまえの日々。これこそがかけがえのない宝物だという人も多いと思います。そんなことが容易に想像できるくらい、9年生の日常はいつも楽しそうで、充実して、輝いていました。

その9年生にとって、卒業を目前に最後の2週間を失ってしまった悲しみは計り知れません。突如訪れた最終登校日に涙していた9年生の姿も見かけましたが、現実を受け入れ、前を向き、残された1日を全力で楽しもうとしていたみなさんは本当に立派です。 

嬉しい経験。悲しい経験。それらが全て学びだとすれば、今回の経験から、あたりまえの日常が明日も続くとは限らないということ、だからこそ私たちは今日という日に感謝して、1日1分1秒を全力で精一杯大切にしなくてはいけないことが、改めて分かりましたね。

 

4月から新たに始まる生活にも、そしてその先にも、無駄にしていい時間は1秒たりともありません。

今日を全力に生きる者だけに志の花は咲きます。

9年生が世のため人のために尽くす姿を楽しみにしています。

 

卒業おめでとう

9年1組担任