1. ホーム
  2. 才教ダイアリー
  3. 2020年度
  4. 4年生が教えるトイレ掃除

才教ダイアリー

4年生が教えるトイレ掃除

投稿日:2021.02.24

才教学園は、1年生~4年生をⅠ期、5年生からⅡ期と括られます。4年生はⅠ期の最高学年となり、ステップリーダーとしてこの一年を過ごしてきました。

 

例年であれば、1年生~4年生が集まってⅠ期の決まりを話したり、縦割り活動で活躍したりという場面があるのですが、コロナの影響で学年をまたいで集合することができなくなって例年のような活動ができず、4年生の中には残念に思った生徒もいたようです。 

 

昨年の先輩たちの姿を見て、「リーダーになりたい!」と思い、学級長・副学級長に立候補する生徒が多くいた今年。ステップリーダーとして活動できない代わりに、学級長・副学級長として、子ども達だけで考え、クラスを良くするために様々な提案をして、活動していた生徒もいました。 

しかし、4年生だけでの活動が多かったため、気持ちは3年生のときとあまり変わらず、リーダーとしての意識が少々足りないかなと思うこともありました。

そこで、2月からトイレ掃除に3年生を見習いとして迎えることになりました。

 

トイレ掃除は、昨年、みんなが3年生だったときに、4年生に教わってできるようになりました。今度は4年生が教える番です。

 

4年生は3年生とペアになって、一つ一つ教えながら掃除をしていきます。どの生徒も面倒見がよく、掃除の仕方を細かく丁寧に教えます。「昨年、自分たちが教わったことを教えるんだ」という気持ちが伝わってきて、本当に感心する毎日です。

 

授業後の移動に時間がかかってしまって掃除の始まりが遅れそうなとき、トイレ掃除を担当する生徒が、「まだ行かなくても大丈夫ですか?」と心配していたことがありました。3年生が来る前に、先輩としてしっかり準備、掃除をしなければいけないという責任感があることを感じました。

 

そんなⅠ期ステップリーダーとして頑張った4年生としての1年間も、そろそろ終わりに近づいています。『僕たち、私たちが下級生のお手本になる』という意識も高くなり、本当にうれしく思います。

もうすぐ5年生になります。一日一日を大切にして、頑張りましょう。

 

4年2組担任