1. ホーム
  2. 才教ダイアリー
  3. 2018

才教ダイアリー2018

大切なこと

投稿日:2018.10.16

5年生の2学期の体育授業で「アタックプレルボール」を行いました。アタックプレルボールとは、バレーボールに似た室内球技であり、ボールをキャッチしてパスをし、バウンドさせてアタックをして相手コートに返球するというものです。

目標としては、「基本的なボール操作を身につけ工夫して攻防戦を行う」「コミュニケーションを大切に、チームの結束力を高められる」ということのほか、自分達でコートの設営や試合の審判もやっていくということを追加しました。

 日頃から「ON」「OFF」のスイッチの切り替えができる5年生は、積極的に準備や片付けをしたり、説明をきちんと聞いたうえで質問をしたりしてくれます。そんな5年生が、自分達でコートの設営や審判もやると聞いた瞬間、やはりスイッチがパッと「ON」になりました。

 すると、次の授業からは開始時間より前に体育館に来て、協力してコート設営をしたり、周囲を見渡し必要な用具を準備したりしていました。気がはやりすぎてネット紐が緩んでしまったり、支柱カバーが傾いていたりすることもありましたが、きっとアタックプレルボールが楽しみで、早くやりたかったのでしょう。

 リーグ戦が始まると白熱した試合が多く見られました。練習ではできていたことが試合になると思うようにできず、落ち込むことや悔しくて涙を流すこともありました。審判の難しさも感じ、時には試合でもめてしまうこともありました。しかし、全部が成長をする上で必要な経験でした。

 

 授業の振り返りとして、学習カードに「頑張ったこと」「できるようなったこと」「楽しかったこと」などを記入してもらいましたが、その中で多く書かれていたことは、「チームワーク」についてでした。

 

「みんなが私のために練習につきあってくれた。」

「失敗してもチームのみんなが励ましてくれたり、私も励ますことができたりして楽しい気分になった。」

「チームのみんなの気持ちが大切。」

「チームの中を明るく活気づけるように声掛けをしたので、チームのみんなの笑顔も見られてよかった。」

「一度しか勝てなかったけれど、みんな一生懸命に取り組めていたし、何より楽しくできた。」 

                                        

アタックプレルボールは団体競技です。仲間がいて、対戦相手がいるからできるものです。技能の向上や勝敗も大切ですが、アタックプレルボールを通じて、今まで以上にチームワークの大切さに気付くことができたのではないでしょうか。

 

 5学年体育担当

 

厳粛な空気に触れて-裁判傍聴-

投稿日:2018.10.12

 9年生が、6月1日(金)に社会科学習の一環として、長野地方裁判所松本支部で裁判を傍聴してきました。その時の感想を紹介します。

 

「僕は裁判所見学と刑事裁判の傍聴を行って、裁判所の仕事や裁判所で働いている方々の仕事についてわかりました。

 まず、裁判所見学についてです。裁判所に入ったとき、ドラマなどで見る雰囲気とは違い、モニターがあったり裁判官の席が一列に並んでいたりして、驚きがありました。また、滅多に入ることのできない裁判官・被告・原告側の席へ入れてもらえて、貴重な経験をすることができたと終わってみて思いました。

 次に刑事裁判の傍聴についてです。実際の裁判を傍聴するには初めてだったので、厳粛すぎるくらいの空間にとても驚きました。また、実際の判決が言い渡されるのを見て、被告人や検察官ではないのに、何か少し緊張してしまいました。これも裁判の特徴なのだと感じました。」

 

「私は、裁判所の様子や裁判の進め方などは、テレビで見たものでイメージしていましたが、実際はイメージと違う部分もいくつかありました。

 まず、裁判長はアナウンサーのように決められた事しか話さないと思っていたので、被告人に対して感情のある言葉をかけていた時は驚きました。また、質問をする時に、事件のことだけでなく家族の様子についても聞いていて、そこから判決につないでいたので裁判が深くなっていくのに見入ってしまいました。

 また、執行猶予について、私は全く違う意味でとらえていたので、正しく理解することができて良かったです。」

 

 裁判傍聴を通して、裁判を受けている人の人生を垣間見ることになり、さらに判決がその人の人生を大きく左右することになることを感じ取ってくれた生徒が多くいました。このことだけでも裁判傍聴を経験した意義がありました。

 

社会科担当

家庭科の秋

投稿日:2018.10.09

実技教科である家庭科では、この秋も色々な実習に取り組んでいます。

 

まず、9年生は最近多い豪雨や地震、台風といった自然災害を意識して、授業でパッククッキングを行いました。パッククッキングは、ポリ袋に食材を入れて湯せんで火を通す調理法です。メニューも主食からデザートまであり、ガスや水道、電気などのライフラインが使えなくなっても、カセットコンロ、鍋、水、ポリ袋を準備すれば簡単な食事を作ることができます。ポリ袋でご飯を炊いた生徒の感想は、「普通に炊けた。」「普段のご飯と同じ味だった。」「美味しかった。」「ポリ袋でも料理が作れるのに驚いた。」等でした。災害対策については、非常用持ち出し袋の中身の確認もしました。普段は忘れがちですが、自然や生活に不可欠な資源は有限のものであり、災害はいつ起こるか予測できないものも多くあります。色々な知識や知恵を身に付け、日頃からもっと災害対策の重要性を意識していけると良いなと思いました。

 

8年生は、夏の終わり頃からハーフ丈パンツの製作に取り組んでいます。8年生ともなれば、ミシンの操作は手慣れたもの。この製作では、手順を考える段取り力が大切です。「こういう形から作るのか。」「こういう風に作っていくんだ。」と、衣服の構成や物を作る側の視点に関するつぶやきが毎時間の授業を盛り上げています。

 

 そして、7年生は毎年恒例の秋刀魚の蒲焼を作りました。においが出るし、調理の面倒さや食べにくさを理由に、日本の食卓では魚離れが止まらないという話をよく聞きますが、才教の生徒は魚好きが多い印象を受けます。この授業では、“大名おろし”という方法で一人一匹の秋刀魚を三枚におろします。内臓が出たときなどは悲鳴にも似た歓喜の声が上がりますが、そこから先は口数が少なくなり、真剣な様子です。「魚をさばくのが初めて」という生徒が多かったのですが、釣り好きの生徒だと余裕さえ感じられます。綺麗にさばけたり、骨に身が多くついてしまったりと出来栄えは様々でしたが、魚をさばき終えた後の生徒たちはとても良い表情をしていて、充実さが伺えました。「生き物が食べ物に変わること」や「命の大切さ」を感じる体験となりました。

これからも、実りの秋ならぬ実りの多い家庭科になるよう、様々な実習に挑戦していきたいです。

 

家庭科担当

体にしみた、そばの美味しさ

投稿日:2018.10.05

3年生は、総合的な学習で、「そば」について学んでいます。

5月にそばの種を植え、8月には実ったそばを鎌で刈り取り、実の選別もしました。

そして9月。「信州そばアカデミー」へ出向き、「そば打ち体験」をしました。

 

芽が出て花が咲き、実をつけるまでずっと見守ってきただけあって、そばへの思い入れはたっぷりです。

それでもまだ、収穫した「そばの実」と普段食べている「お蕎麦」とのつながりが、今一つピンと来ていない様子の子ども達でしたが、この日の体験で、今まで育ててきたものが、どうやってあの細長い「おそば」になるのか、はっきりと知ることができました。

 

「信州そばアカデミー」の会員の方々(=先生)に教わりながら、粉を混ぜるところから作業は始まりました。

初めはポロポロした粉を「これでいいのかなあ」という表情で混ぜていた子供達。アドバイスを頂きながら根気よく混ぜていくうちに、少しずつ粉がまとまってきました。

「混ぜているうちに、白かった粉が濃くなってきてびっくりした。」という声もありました。

次に、まとめた生地をこねました。

「右手で起こして、左手で回す。」教わった通り、一生懸命こねます。

 かなりの力仕事で、なかなかうまくいかない子もいましたが、周りの友達の応援や「こうするといいよ。」との助言のおかげで、なんとか全員、やり遂げることができました。交代で何度もこねたら、いよいよ「のし棒」を使って、生地を伸ばします。

「平泳ぎのように手を動かして」「伸ばすときは猫の手だよ」等、とてもわかりやすい表現で教わると、あら不思議。みんなまるで職人さんのように手が動き、生地が伸びていきました。それでも、時には生地に穴があいてしまうことも。「あっ、しまった。どうしよう…」うろたえる子ども達。「ちょっと貸してごらん。」先生が手際よく生地をつなげて下さり、無事元通りに…。ホッと胸をなでおろしました。

 

最後に、伸ばした生地をたたんで、専用の包丁で切りました。ずっしりと重たい包丁を、「まっすぐおろして、斜めに倒す」。見ている方がハラハラドキドキしてしまいましたが、皆真剣な表情で、慎重にこの動作を繰り返し、無事、「おそば」が完成しました。

 

その後、会員の皆さんが打って下さったお蕎麦を頂きました。ひと仕事終えた後のお蕎麦は、体に染みわたる美味しさです。皆「おいしい!」と満面の笑顔でお蕎麦を頂いていました。

実際に自分で体を動かし、一からそばを打ったからこそ、その美味しさは格別なものだったことでしょう。「信州そばアカデミー」の皆さんが、わかりやすく手際良く、そして根気良く教えて下さったことに、感謝の気持でいっぱいです。

 

「そば打ちたいけんをして、そばの実がどうやって〝おそば“になるのかが、とてもよくわかりました。」

「はじめはたいへんそうだと思ったけど、しんせつに教えていただいて、ほんとうにおそばができました。」

「小さなたねが、おいしいそばになったことが、すごかったです。」

「おそばができるまでに、こんなに手間がかかるということを、はじめて知りました。」

「さいごに食べたそばは、思わずおかわりしたくなるくらい、おいしかったです。」

 

今回の「そば打ち体験」のおかげで、また一つ「そば」への知識の実が増えました。体験から学んだことは、子ども達の血となり、肉となっていくことでしょう。

 これから、今までの学習のまとめに入ります。どんなまとめができるか、今からとても楽しみです。

 

3年生担当

 

図工室から

投稿日:2018.10.02

「あっ、いいこと思いついた!!」

「そうだ!先生、○○やってもいいですか?」

 

授業中にそんな声が聞こえると私は、「いいぞ、いいぞ!」と心の中で思い、嬉しくなってしまいます。

図工は、五感をフルに働かせて(特に手先を動かして)いろいろな素材を扱いながら体験を通して新しいものを生み出していく、とても素敵な教科です。ゼロから何か新しいものを生み出していく知恵も必要です。答えはひとつではないし、上手くいかなかったときは別の方法を考えればいいのです。手を動かして夢中で何かを作っていると、次々とアイデアが浮かんでくるのでしょう。 

それで、「いい事 思いついた!」となり、そんなときの子どもたちの表情はとてもいきいきしています。

 

図工の授業はほとんどの場合が2時間続き、この間に10分休憩があるのですが、その時間も惜しんで作業をしている子がほとんどです。

片付けの時間になっても「え~。もう?」「もうちょっとだけ待ってください」という声が・・・・・。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。

  

1年生は2学期から水彩絵の具を使い始めました。

机の上にどのように置けば使いやすいか。

絵の具はどのくらいどこに出すか。

お水の量はどのくらいか。

最初にこうした基本的な使い方を教え、絵の具の特徴を生かして色々な表現ができることを3回に分けて経験してもらいました。

特に2回目の授業で行った「はじき」や「にじみ」の技法には、「すごーい!」「わー‼きれい」と、初めて自分の手から生まれる世界にすっかり引き込まれていました。

 これからもいろいろな素材に触れられるカリキュラムを通して、心豊かな時間をたくさん過ごしてほしいと思います。

 

図工科 講師

ねずみがいなかったとしたら

投稿日:2018.09.28

国語の時間に、「おおきなかぶ」の学習をしました。

初めて物語を読んだとき、子どもたちは

「かぶをおじいさんがひっぱって、おじいさんをおばあさんがひっぱって、おばあさんをまごがひっぱって・・・」と、一人ずつ増えていくことが面白いと言って、お話を楽しんでいました。

 

学習が終盤に差し掛かったころ、こんな質問をしてみました。

「どうして、かぶはぬけたんだろう?」

子どもたちはすぐに、自分の意見を発表し始めました。

「みんなで力を合わせたからだと思います。」

「みんなの心が一つになったからだと思います。」

さすがは、私のクラスの子どもたち。素敵な意見が出てきました。

 

そこですかさず、質問を重ねました。

「登場人物の中で、一番力が弱いのは誰だろう?」

すぐに手を挙げた子どもたちの答えは、

「ねずみです!」

 

……登場人物は3人と3匹。

おじいさん、おばあさん、まご、いぬ、ねこ、ねずみの順に登場します。

つまり、一番最後にやってきたねずみが、一番力が弱い。

「でも、ねずみがいなければかぶはぬけなかった。」

「小さな力でも、みんなの役に立つんだよ。」

「誰かが楽をしようとしたら、かぶは抜けなかったと思います。」

「全員が全部の力を出したんだよ。」

と、さらに学びが深まったようでした。

子どもたちと一緒に、ねずみに思いを馳せた1時間でした。

 

学習のまとめとして劇の発表をすることが決まると、子どもたちは3つのグループに分かれて、登場人物の動きや台詞を考えました。

どの役の人がどんなことを言うのか、どんな動きをするのか、グループごとにしっかり話し合い、懸命に練習をしていました。

本番は、なかなか抜けないおおきなかぶに苦戦する表情や、力を合わせて抜いた後にみんなで後ろに転ぶ場面を再現するなど、グループごとの工夫が見られる、とても楽しい発表になりました。

 

 

さて、さいきょう祭まで、ちょうど1か月。

大きな舞台を作るには、たとえ小さくても一人ひとりの力が欠かせません。

誰か一人でも手を抜けば、きっと成功しないでしょう。

みんなのこころを一つにして、精一杯練習に取り組みましょう。

 

1年1組担任

生徒会活動を通して

投稿日:2018.09.25

生徒会の組織である衛生委員会の活動の一つに「牛乳カート当番」があります。

各階の水道の付近に牛乳瓶を入れるカゴを置いておくと、子どもたちが給食で飲み終えた牛乳ビンをカゴに入れることになっています。そのカゴをカートに積み、指定の場所まで持っていくというのが、この当番の流れになります。

 

週の始めのある日、見回りに行ったときのことです。回収の準備がされているはずの時間でしたが、まだカゴが移動されずに残っていました。この週の当番さんに事情を聞いたところ、「つい忘れてしまった。」とのこと。

次の日。

「今日は大丈夫かな。忘れていないだろうか…。」

再び様子を見に行くと、しっかりと当番の仕事をしてくれていました。

つい忘れていた……なんてこともたまにはありますが、そんなときは子どもたちでお互いに気付き、声を掛け合い、しっかりと働いてくれています。

 

みんなのために、毎日交代で牛乳ビンを片付けてくれている衛生委員の子どもたちはとても立派だと思います。衛生委員会の他にも様々な委員会があり、その役割に沿った活動をしてくれています。

このような活動を通して、人のために働くことの素晴らしさ、働いてくれている人に対する感謝の気持ちが育まれていくのでしょう。衛生委員会だけにとどまらず、学校の活動がさらに活性化していくことを期待しています。

 

養護教諭

美を追求する姿

投稿日:2018.09.21

 才教学園の三大行事のひとつでもある「さいきょう祭」の練習が、9月になって本格化してきました。放課後も残って、ミュージカル『さいきょう版 アダムス・ファミリー』の練習をしている8年生、ミュージカル『100万回生きたねこ』の黒猫役の練習をしている6年生、それぞれの学年演目の歌や楽器演奏を元気に練習している生徒たち…。全力で準備を進めていることが伺えます。

そんな中、7年生は、「組体操(身体表現)」に取り組んでいます。昨年の7年生(現8年生)の素晴らしい演技を目の当たりにしているので、それを超えようという意気込みは並々ならぬものがあります。

昨年は『もののけ姫』の曲に合わせて、ノンホイッスル組体操を演じました。今年の曲は『Mr.インクレディブル』で、昨年を上回るレベルを目指すべく、日々努力を重ねています。ノンホイッスルであるのはもちろんのこと、入場から退場までの全ての立ち振る舞いにまで意識を向けて、頭のてっぺんから足の指先まで、全身に細心の注意を払い、日々練習に励んでいます。演目練習に割り当てられた時間のみならず、休み時間や家に帰ってからも、組体操の練習をしているようです。毎日提出する生活ノートには、「もっと上達したい!」「間違えてしまったので、次は気を付けたい」 「もっと心も体も揃えたい」など、自分自身に厳しく、よりよい組体操になるよう、個々が頑張っている姿があります。また、「もっと美しく見せたい!」「観ている人がびっくりするような、一体感のある演技をしたい。」など、人を魅了するような美しい演技にするにはどうすればいいのか、一人ひとりが追求する姿も随所に見られます。

 最近では、個々に技の練習をしたいと申し出る生徒が増えてきました。「苦手なので、一緒に練習してください。」という言葉に、意気込みが見受けられます。

練習を始めた8月には全く倒立が出来なかった生徒が、今ではそれが出来るようになりました。 “出来ないことも、必死にコツコツと努力すればできるようになる”ということを身を以て知ることができています。

残り1ヵ月あまり。限られた時間を1秒も無駄にせず、貪欲に謙虚に有意義な練習に生徒たちは取り組んでいくのでしょう。教員も、全力で支援していきます。

 

さて、言い忘れましたが7年生の演目名は『La Belle Equipe ~良き友との美~』です。良き仲間と共に、史上最強の組体操をお見せします。どうぞ、10月28日(日)に、キッセイ文化ホールにお越しください。言葉では伝えきれない素晴らしさをお届けします!

 

7年担当

全員で作り上げよう!

投稿日:2018.09.18

本格的に、さいきょう祭の練習が始まりました。今年の6年生が挑戦するミュージカルは、『100万回生きたねこ』です。

原作は、これまでに通算200万部以上を売り上げている、佐野洋子さんの絵本です。物憂げな表情をしたとらねこが大きく描かれているあの表紙を、誰しも一度は見たことがあるのではないでしょうか。

 

 

100万回も死んで、100万回も生きたねこ。

王さま、船乗り、手品使い、どろぼう、おばあさん……100万人の人がそのねこを可愛がり、100万人の人がそのねこが死んだ時に泣きました。そしてある時、ねこは誰のねこでもない、のらねこになったのです。

「♪毛並みはピカピカ、ひげはピンピン、人気者」

自分のことが大好きなとらねこは、めすねこたちにちやほやされて有頂天になりますが、ある日、一匹の美しい白ねこに魅せられて、やがて自分よりも大切な家族を持つことに……

100万回死んでも悲しくなかったねこは、初めて愛することを知り、愛する者を失って涙を流したのです。(参考・参照サイト「絵本ナビ」)

 

 

当然、このお話の深さを理解して演技するまでには至りませんが、今の6年生の様子はこの時期にしては上出来で、こちらが驚かされる毎日です。

教科の学習や運動と同様に、音楽や表現にも得意不得意があり、感性をどのように表現するかも人によって異なります。そのため、大抵この時期は、子どもたちのやる気を引き出し、場を盛り上げることに苦心してきたのですが、全員が心から楽しそうに取り組む6年生の練習は活気にあふれており、我々も気持ちが良いです。また、それを子どもたちが「当たり前!」だと思っているせいか、学年全体の士気も日に日に高まってきています。

しかし、クラスごとに歌う劇中歌では、自主練習やそれぞれのやる気の足並みが揃わず話し合いが難航したり、係内での配役決めがうまくいかず、思わぬ軋轢が生まれそうになったり、と高学年ならではの衝突もあります。だからこそ、これから子どもたちに大切にしてほしいのは、①お互いの違いを認め合うことと②自分の気持ちを素直に伝えることでしょうか。

学年主任からは「ミュージカルは総合芸術!52名全員で協力してやろう!」という話がありました。子どもたちの笑顔が溢れる練習が、ますます楽しみです。

 

 63組担任

 

目先のテストと、その先にあるもの

投稿日:2018.09.14

「先生。放課後、数学を教えてください。」

テスト前になると毎回、生徒たちから声をかけられ、一緒に勉強しています。

下校のバスが出るまでの十数分、この時期であればさいきょう祭練習の合間など、短い時間であっても無駄にせず有効に学習に当てる姿や、1日過ごした後であっても集中して問題に取り組む姿に、これは小さい頃から鍛えられているからこそなせるものだと毎回感心しています。

 

私が受け持つ生徒たちも、このようにやる気にあふれ、勉強が楽しいと捉え取り組んでいます。

これだけ頑張っている生徒たちを見ていると、親心からかつい手綱を緩め、点数を取れる問題を作ってしまいそうになりますが・・・。

 

本校の定期テストは難しいとよく生徒から言われます。本来、テストは生徒の到達度を見るためのものですので、難しい必要はないのかもしれません。しかし、先を見据えたとき、簡単なテストが子どもたちのためになるかといえば、そうとは思えません。高校入試は年々難化の傾向にありますし、これから「全入時代」を迎える大学入試では、才教生が目指すであろう難関校と呼ばれる大学ともなれば、さらにハイレベルな入試となることが予想されます。

 

目の前の問題を見て、一瞬、方向性が見えない、習ったことがないと戸惑うことがあるかもしれません。しかし、当然入試は初見の問題です。自分の中に積み重ねた知識と応用力を使い、時間内に解答を導くことは、勉強だけに限らず、社会の中でも試される力です。その第一歩が校内テストでもあるといってもいいかと思います。

 

今までの卒業生は、入試を終えると口々に「学校のテストの方が難しいから、入試の問題が楽に感じた。」と言っていました。中には、「ほかの問題はできなくても、難解な問題だけは絶対解きたい!」という生徒もいました。

 

「テストが難しい」と悲観的になるのではなく、自分のやってきたことを総動員してどこまでできるのかチャレンジするつもりで臨んでほしいと思います。そして、高校入試は通過点として、その先にある大学入試と有意義な学生生活を経て、さらには夢を実現できる仕事に就き、日本を背負って立つ人になってほしいと切に願います。

 

数学担当