1. ホーム
  2. 才教ダイアリー
  3. 2018

才教ダイアリー2018

緊張に包まれた裁判傍聴 これもひとつの「現実」

投稿日:2018.06.29

 毎年6月、9年生は公民の学習の一環として、長野地方裁判所松本支部で裁判の傍聴をさせていただいています。

事前に申し込み、指定された日時に裁判所へ行くのですが、どのような裁判かは当然知らされることはなく、当日、現地に着くまで何も分かりません。

 ただ、裁判の当事者にとってはこの日が人生のターニングポイントになります。それをわかっている生徒たちの表情には、普段とは違った緊張がありました。

 

会議室でパンフレットを渡された後、開廷前の法廷に入り、裁判の種類や仕組み、裁判の流れ、そして、これから行われる裁判について説明を受けました。ニュースやドラマで耳にする用語も丁寧に解説していただいたことで、傍聴に対しての心構えができました。

 

今回傍聴したのは刑事裁判でした。開廷時間が迫ると、家族の方や関係者の方が傍聴席に着き、続いて裁判官、事務官、検察官、弁護人、被告の方も入廷してきました。

事前の説明どおり裁判は滞りなく進み、1時間ほどで執行猶予付きの判決が下され、結審しました。

 

・やり取りは意外と早口。専門用語の連続で、ついていくのがやっとだった。

・表情を変えず淡々と裁いていく裁判官は、どんな気持ちだろう?

・検察官が、急に大きな声で被告人に語った(諭した)ときには驚いた。

・家族の方が証言台に立ったのを見ていて、切なくなった。

・罪を犯したのは一人だけど、多くの人(特に家族)に迷惑をかけることになるんだ。

・いろいろな経緯があるのかもしれないが、事を起こす前にやめられなかったのか。

・被告人は反省している様子だから、刑が軽くならないだろうか。

・授業での傍観のはずが、手にしていたパンフレットを握り締めてしまっていた。

・とにかく(雰囲気が)重かった。

 

裁判を見た生徒たちの感想を読むと、授業で訪れた傍観者ではあるものの、法廷内の空気にすっかり飲まれてしまったようです。

 

この後、法廷内の椅子に座らせていただいたのですが、傍聴直後だったせいか、神妙な面持ちの生徒たち。教科書やテレビなどで見るのではない、「現実」を体験する機会をくださった裁判所の方々に感謝いたします。

9年1組担任

自らの手で...

投稿日:2018.06.26

・「ロッカー等をはじめとした教室環境を常に綺麗に保つための意識付として、整理整頓の定義を定めたい。そしてその定義を教室に掲示したい。」

・「給食時の身だしなみをきちんとさせたり、準備や片付けを手早くしたりするために係全員で呼びかけを行いたい。」

・「清掃時の着替えに時間がかかってしまい清掃に遅れる人がいるので、タイマーをセットし、早めの行動を意識させたい。」

 

 係会での子どもたちからの主な意見である。

 

 8年2組では、倫理係・環境係・衛生係の三つの係があり、クラス全員がこのいずれかに所属することとなっている。これらの係活動で「クラスを良くしていこう」という気概のもと、主に「自浄能力」を育むことを目的としている。ちなみに、「自浄能力」とは、「組織内の悪いところを自分たちで改めることができる力」という意味だ。8年2組の子どもたちには、この力を身につけて欲しいと思い、HRを活用して定期的に係会(話し合い活動)を行っている。

 

 先日の係会で、最近のクラスの現状について意見を出し合った。幾つか出された意見の中に「挨拶の声が小さくなってきている」というものがあった。これについては、私も年度当初からの変化を感じていた。そこで係長のAくんを中心とした倫理係で課題を解決するための手立てを考えた。

彼らが考えた手立て。それは「朝の会で挨拶訓練を行う」ということだ。早速、翌日の朝の会でAくんとBくんを筆頭に挨拶訓練を行ったところ、今でも教室中に子どもたちの大きな声が響き渡る日々が続いている。

 

 「自らの手でクラスを良くしていく」というのは一見簡単そうに思えるけれど、一人ひとりの自律性や主体性、さらには協調性や社会性等、多くの力が求められ、非常に難しいことである。それでも子どもたちは自らを磨き、自らの手でクラスを良くしていこうとしている。今後もクラスで様々な困難や問題点等に遭遇することであろう。その都度、今育んでいる「自浄能力」を存分に発揮し、自らの手でこの8年2組をさらに良くしてもらいたいと願っている。

 

8年2組担任

命を救うための授業の様子から

投稿日:2018.06.22

 6月15日(金)に7学年の保健体育の授業で、「心肺蘇生法とAEDの使い方」を学びました。私も生徒達と一緒にその授業に参加しました。はじめに、以前テレビで流れていた日本赤十字社のCMを見ました。人々が行き交う町中の風景が映され、突然一人の人が倒れます。それに気づいた制服を着た少女が駆け寄り、周囲に助けを求めます。数人が助けに応じ、119番通報をする人、心臓マッサージをする人、AEDを使う人と役割分担をこなして命をつないでいきました。そして救急車で運ばれていくのを見届け、少女をはじめ、助けに応じた数人それぞれが自分の日常に戻っていくところでCMは終わります。目の前の人の命を助けるという一つの目的のために、見知らぬ何人かが力を合わせて手際よく動く様子に、私だけでなく生徒達も圧倒されているようでした。CMのあとは早速、人形を使った心肺蘇生法の説明を聞きました。そして実際に8つの班に分かれ人形に対しての心肺蘇生を一人ひとりやってみました。適切な箇所を掌でしっかりと押し続けることが難しいようでした。汗を流しながら一生懸命取り組んでいる様子が印象的でした。

そのあとはAEDの使い方の説明を聞きました。そしてまた8つの班に分かれ人形に対して実際にAEDのパッドを装着する手順を確認しました。心肺蘇生法・AEDの使い方それぞれのあとは、負傷者を発見するところから救急車が来るまでの一連の流れを各班で生徒一人ひとりが役割分担を交代しながらやってみました。私が見ていた班では、助けを呼ぶ声が小さかったり、心臓マッサージを数人で交代しながらやり続ける際の交代の仕方がスムーズにいかなかったりなどうまくいかない部分も多少ありましたが、ちゃんと学ぼう・習得しようという気持ちが表情に出ていました。その日の生活ノートには多くの生徒が、「今回学んだことを忘れないようにしたい」「この知識で人の命を救うことができる」「自分がこの状況になったら積極的に動きたい」などこの授業で感じたり学んだりしたことを書いていました。その日の午後には、何か困っている友人に対して「大丈夫?」「手伝おうか?」と声をかけている様子がいつも以上に多く見られました。このような気遣いが今後も続いてくれたらと思います。

 今後の生活において、自分の周囲の状況に今まで以上に関心を持ち、困っている人がいたらサッと手を差し伸べられるような行動力を持った人間になってほしいと願っています。

 

72組担任

ヘチマ学習から信州の自然の特異性を知る

投稿日:2018.06.19

 4年の理科では一年に渡ってヘチマを観察しますが、さてさて今年は大遅延です…。

 ヘチマは種の袋の裏書に「寒冷地は5月以降がまき時」とあり、「7~10日で発芽」、「葉が3~4枚になったらポットから植え替え」とあります。

 

5月12日[0日目]

気温が25度まで上がった暑い日。期待に胸を膨らませポットに一人一粒の種をまきました。順調に育てば、体育祭前にはスケッチです。しかし、待てど暮らせど芽は出ません。

 

5月24日[12日目]

ようやく発芽第1号! 約60個のポットから3つほどの芽が出ました。翌日からやまびこドームで体育祭の練習を予定していたので、「頑張っているうちに、どんどん増えるといいね」と、みんなで畑に出向きポットに声を掛けました。

 

5月30日[18日目]

ようやく子葉のスケッチができるようになりました。(ちなみに、教材の解説文では『種まきから5~7日』の設定。)

 

6月14日[33日目]

葉がようやく3~4枚になり、ポットでの最後のスケッチを行いました。

 

6月18日[37日目]

念願の畑への植え替え。『種まきから14~18日程度』が標準ペースとあるので、倍以上の時間を費やしました。どうやら南国原産のヘチマはとにかく寒さに弱く、5月は最低気温10度を下回る日が多かったこと、6月も20度を超える日が少ないなど、いくつもの要因が重なってしまったようです。

 

5年の社会で、信州は『中央高地』という気象区分で、夏の清涼な気候を利用したレタス栽培が盛んだと習います。そのひとつ手前の4年生ではありますが、ヘチマの成長の大遅延は、信州の特異な気候を知るよい機会になったと思っています。

さて、例年は夏休みにヘチマの実がつき、2学期始業日には、大人の腕程に育った実に「いつの間にこんなに大きくなったんだ!」と驚く展開だそうですが、この遅れだと、生徒たちと一緒に花の観察や、若い実の試食(キュウリ大のものはおいしいらしい)もできるのではないかと期待が膨らみます。

 

4年理科担当

いざ、修養と研鑽の旅に向けて!

投稿日:2018.06.15

 期末テストが迫る今日この頃。忙しい最中ではありますが、現在、6年生は研修旅行準備の真っ最中です。体育祭が終わったあたりから始めた事前学習は、「研修」という言葉の意味を考えることから始まりました。子ども達からは、「修行?」「研究?」というなどという答えが出てきましたが、正解は「養」と「鑽」。

「修養」とは、徳性をみがき人格を高めること。「研鑽」とは、学問などを深めること。つまり、「研修旅行とはただの物見雄山の旅行ではない。楽しみは、しっかり『研修』を行った先にある」のです。このごく当たり前の話を生徒たちは真剣に聞き、研修旅行への意欲を高めていきました。

 その後、統率係・食事係・学習係・保健美化係の各係に分かれて、具体的な活動を進めました。先日の統率係の話し合いでは、研修旅行における学年目標が決まりました。それは、「一寸光陰」。この貴重な体験を、大切な仲間たちと一瞬一瞬大切に過ごしたい、という思いを込めたものです。実に今年の6年生らしいな、と感じました。

 さて、研修旅行は6月25日(月)から27日(水)の3日間。初日は福島の野口英世記念館や会津藩校・日新館、2日目は東日本大震災の被災地、大川小学校跡へ。そして最終日は日本三景のひとつ、松島と世界文化遺産に登録されている中尊寺を訪問します。

 前述のとおり、物見雄山の旅ではなく、しっかり学び、しっかり体験し、確かな『修養と研鑽の旅』となるように、全員で頑張ります。

 

6学年主任・62組担任

確実に育つ思いやりと責任感 ~5年宿泊研修の行動から~

投稿日:2018.06.12

 5年生は6月7日、8日に愛知県へ宿泊研修に行ってきました。知多半島の美浜に宿泊し、トヨタ自動車高畑工場、トヨタ会館、トヨタ産業技術記念館、そして伝統工芸の学習として木曽漆器館を訪問しました。

この研修で子どもたちはたくさんのものを目にし、耳にし、実際に触れ、教科書や映像だけでは知ることのできない多くのことを学習しました。また、班長を中心に見学の順路とタイムスケジュールをしっかり話し合っていたおかげで、班ごとの活動はスムーズに進みました。

しかし、班内の意見がはじめから一致していたわけではありません。早く次の場所に移動したい子、とどまってじっくり見学したい子、…関心は人それぞれです。そうしたときにお互いに譲り合う姿勢や、ほかの見学者への配慮から必要以上に大きな声で話さないように心がけるなど、5年生の思いやりがはっきりと見て取れました。

再び集合する場所と時間を告げた私は、すべての班がきちんと戻ってくるか心配していましたが、そんな心配は不要といわんばかり、全員が無事に集まることができました。

こうしたこと以外にも、係としての責任を果たそうと食事場所をきれいにしたり、部屋のベッドメイクにこだわったり、仲間の健康管理に気を遣ったりと、細かな努力を続けることができていて、教員の指示に頼るばかりではなく、自分たちで話し合い、解決する力が徐々についてきたと感じられた場面がたくさんありました。

 

本校ではⅡ、Ⅲ期の生徒には毎年、宿泊を伴う学習があります。そのスタートとして、5年生の宿泊研修には多くの学びがありました。今回得られた経験を元に、この1年、そしてその先の研修にも生かしてほしいと思います。

 

5学年主任・51組担任

 

 

美浜の景色

木曽漆器館

やり切った達成感

投稿日:2018.06.08

5月27日(日)に第14回体育祭がありました。2年生だった昨年と比較すると、3年生となった今年は、かけっこから短距離走になったり、玉入れから棒引きになったりと出場競技が大きく変わりました。そして、その競技にどう立ち向かうかが勝負のカギになりました。

 

まずは、短距離走。

昨年までとちがう所は、50mの直線コースだったものが、距離は100mに延び、コーナーがある点です。やはり、コーナリングは難しかったようで、練習ではコースアウトが続出しました。一生懸命走っても、どうしても自分のコースからはみ出てしまう子が多かったのです。しかし、何回か練習を終えて、いよいよ本番のとき。コースアウトは練習よりも少なく、ほとんどの子がきちんと、そして颯爽と走っていました。距離が長くても、コースが難しくても、やり切ることができました。

 

次は、棒引き。

この競技は4年生と協力して行うものです。初めはどんな競技かもよくわかっていなかった子どもたち。徐々にやり方を覚え、作戦も考え始めました。休み時間になると、リーダーたちが「作戦会議をするので、集まってください。」と声をかけてくれました。両チームともどうすれば勝てるのかと真剣に話し合いを繰り返しました。まずは自分の引く棒を確実に取る方法・・。棒を引く態勢はどんなものがいいか・・。たくさん考えていました。そして大事なことは「粘りだ!」という結論に至り、本番では両チームとも熱い戦いを見せ、いい意味で「あきらめの悪い戦い」を見せてくれました。

 

今までとは違い、自分たちで話し合い、仲間や先輩と一緒にたくさんのことを学べた体育祭となりました。勝負にこだわり、最後の最後まで戦っている姿は本当に素晴らしいものでした。嬉しさと悔しさをどちらも味わうことができ、一周りも二周りも成長できたこの達成感と経験を、これからも生かしていきたいと思います。

来年は4年生。棒引きや綱引きのリーダーになります。今から力を蓄え、活躍する日を目標に頑張る子どもたちを応援していきます。

 

3学年主任・3年1組担任

1年生のお手本になる

投稿日:2018.06.05

 4月から新年度が始まり、はや2か月が過ぎました。

新学年になってから、1年生のお兄さん・お姉さんになるということで、ワクワク感いっぱいのスタートになりました。そこで、2年生の1学期の目標もずばり「1年生の手本になる」。いろいろな面から、1年生のお手本になれるように日々奮闘している2年生です。

 

まずは、学校案内。

生活の授業の一環として、学校内の教室や施設を前もって調べておいて、1年生に説明しました。たくさんの質問に答えたり、優しく連れ添ったりする姿が微笑ましく思いました。一緒にいる姿を見て、頼もしさもありました。

 

そして、体育祭。

1年生といっしょに行う玉入れでは、2年生が作戦を考えて、その作戦を伝えたり、投げ方を教えたりと頑張る姿を見せてくれましたが、一番お手本となれたのは、入場行進の練習でした。入場行進の練習を始めた頃、1年生から縦・横の列の揃った行進をお手本として見せてほしいという話がありました。もっと大きい先輩たちのお手本は本当に素晴らしいものですが、2年生のお手本も、1年生から自然と拍手が起こるほど素晴らしいものでした。その数日前は、列も手足の動きもなかなか揃わずにお手本になるかなと思っていましたが、その1回は「絶対良いお手本を見せる!」という気合を感じました。こういう時に力を合わせて凄い力が発揮できる2年生なんだなと嬉しく思いました。

 

これから遠足やさいきょう商店街で1年生と触れ合う機会はまだまだあります。

よきお兄さん・お姉さんとして、2年生みんなの活躍が楽しみです。

 

2学年主任・21組担任

1年生から見た体育祭

投稿日:2018.06.01

5月27日(日)に才教学園の三大行事のひとつ、体育祭がありました。1年生にとっては入学してから初めての大きな行事です。学校にもようやく慣れてきた時期、登校してから昼まで練習が入る日もあり、慌ただしく生活してきました。授業ではひらがなや数の仕組みを理解し、さらに、体育祭の練習では競技や開閉会式のことを教わって…と、1年生にとって覚えることが山ほどありました。行進のポイントや競技のルール、応援の仕方などを必死に覚えました。頭がパンクしてしまうのではないかと心配しました。そんな中でも、弱音を吐いたり、途中で投げ出したりする生徒は誰もいませんでした。それどころか、覚えられない自分に悔しがり、泣きながらも練習をする姿が健気であり、かっこよくも見えました。

 

 ここまで1年生が一生懸命になれたのはどうしてかを考えてみました。

 それは、かっこいい上級生の背中が常に目の前にあったからでした。すぐ上の2年生、Ⅰ期のリーダーである4年生、学校全体のリーダーを務める9年生、応援団、応援委員のみんなが、先陣を切って「才教生の姿」を見せてくれました。2年生は玉入れの投げ方の見本になってくれたり、4年生は綱引きのポイントを分かりやすい言葉で説明してくれたり、上級生は応援の演舞動作を丁寧に教えてくれたりしました。

何事にも必死になって取り組んでいた先輩たちが、本当に良い手本になってくれたおかげで、1年生も最後まで頑張り抜くことができました。

 

 さて、私は終わった後が大事だと思っています。行事から得たものを普段の生活に生かしてこそ、意味があります。1年生は「きびきびと ぜんりょくで」を目標にして取り組み、全員がそれに近づくことができました。だから、今まで以上にランドセルの片付けを素早く行い、朝読書をする。移動教室がある時には、すぐに用意を済ませ、整列して静かに待つ。教室がきれいになるまで清掃を行うなどができるようにならなくてはなりません。体育祭で得たものを生かし、これからも頑張り続けます。

 

1年生、これからの生活も、「きびきびと ぜんりょくで」いきましょう!

 

1年3組担任

体育祭を牽引し、そして支えた9年生!

投稿日:2018.05.29

 27日(日)にやまびこドームで第14回体育祭が行われました。徹底的に勝負にこだわる才教学園の体育祭は、毎年大熱戦が繰り広げられます。今年度も大いに盛り上がりましたが、例年以上に光っていたのは9年生の働きです。

 体育祭ではあらゆる場面で9年生のリーダーシップが求められます。全てを統括する体育祭実行委員長と副委員長、赤白両チームを導くキャプテンと副キャプテン、チームを鼓舞する応援団長と副応援団長、そうしたリーダー達は最前線で全校をまとめ、体育祭実行委員の各係長と副係長は、体育祭が滞りなく運営できるように目を配って縁の下で支えます。

 9年生という年頃は思春期真只中ということもあり、何となく気乗りしない様子の生徒もわずかながらいて学年のブレーキになってしまうことがあるものですが、今年は全員が同じ方向を向いて、全力で走っていました。しかも、お互いの様子を気にしながらです。自分の仕事に責任を持って取り組むのはもちろんのこと、手が足りない係には、率先して手伝いに行っていました。本番前の準備で、教員があれこれ言う前に自分達で考えて動き、男女の分け隔てなく仲良く協力して作業する姿は、見る者の心を温かくしてくれました。

 当日、正副実行委員長・両チームの正副キャプテン・正副団長達は大いにリーダーシップを発揮し、実行委員はクルクルとよく動き、学年としても各競技や応援に全力で取り組み、「これぞ最高学年!」という姿を後輩達の目に焼き付けました。勝負の結果は出たものの、体育祭を終えた9年生の顔は、誰もがやりきった満足そうな表情でした。

 

周囲に気を配り、互いを思い遣って、仲間と一緒に全力で目的へ向かうことのできる9年生達。修学旅行に体育祭と、大きな行事は終わりましたが、今年度は始まったばかりです。彼らの清々しい活躍はまだまだ続きます。今後の9年生の活躍にも、どうぞご期待ください!

 

9学年主任・9年2組担任