1. ホーム
  2. 才教ダイアリー
  3. 2019

才教ダイアリー2019

さいきょう祭練習風景から~9年という歳月を思う~

投稿日:2019.09.27

 9月に入り、1年生の教室に89年生がキーボードを携えてやって来ました。さいきょう祭の全校合唱曲「その日は必ず来る」を教えるためです。1年生にとって体育祭で大活躍したⅡ・Ⅲ期のお兄さん・お姉さんたちは、自分の組をリードしてくれた頼れる先輩であり、憧れの存在です。「どんな歌を教えてくれるのかな?」尊敬と期待を込めた眼差しで、前に立つ上級生を見つめています。

 

 練習が始まりました。初めのうち、1年生はうまく音やリズムを取ることができません。休む小節が多く、出るタイミングもなかなか難しいのです。しかし、9年生は1年生にわかるように、ときにはほめたり励ましたりしながら、笑みを絶やさず根気よく教えてくれます。

「私が教えるより、上手かも…」そう思った瞬間、記憶は8年前へとタイムスリップしました。

・・・・・

 8年前、今の1年生と同じように小さく可愛らしく、いろいろなことがまだわからなかった子ども達。それでも、何にでも意欲的に取り組む姿は「元気の塊」でした。

 それが今では、学校全体を引っぱる立場となり、堂々と下級生の指導をしてくれているのです。なんて大きく頼もしくなったのでしょう。ふいに、今歌っている「その日は必ず来る」という歌詞が胸に迫ってきました。

生徒達は、日々、様々な目標に向かって歩み続けている。そしていつか、卒業する日が来る。するとまた、新たなステージが待っている。さらにその先の未来へ…。

一人ひとりの生徒の可能性は無限大です。しかし、教員にできることや時間には限りがあるのです。そのことにも改めて気づき、身の引き締まる思いがしました。一方で、9年もの長い間、生徒を見守ることができるのも、才教学園ならでは。様々な場面で成長が垣間見えたときは、「教師をやっていて良かった。」…しみじみと、そう思うのです。

・・・・・

1年生は、上級生の指導のお陰で少しずつ歌えるようになってきました。数十分の練習が終わり、先輩達が帰るときには、「ありがとうございました!」とお礼を言って、握手を求めたり手を振ったり、精一杯、親しみの気持ちを込めて見送っていました。

 翌朝、「な~がいさ~かみち~を~♪」と大きな声で歌いながら登校する1年生の姿がありました。学年練習の時間に「全校合唱の歌を歌いたい!」と先生に訴えるほど、たった一日でこの歌が大好きになったようです。先輩の力、恐るべしです。9年生の姿を傍らで見ている8年生も、来年は先輩から受け継いだものを体現し、然るべきリーダーシップを発揮してくれることでしょう。

 

 本番まであと1か月。どの学年の生徒達も、それぞれの目標に向かって一生懸命頑張っています。9つの学年がひとつになって、どんなさいきょう祭になるのか、どんなハーモニーが生まれるのか、今からとても楽しみです。

                                    1学年担当

感動のステージへの一歩

投稿日:2019.09.24

 校内では1025日に行われるさいきょう祭に向けて、練習に励む姿が多くみられるようになりました。朝、昼、放課後などわずかな時間を見つけては、歌ったり楽器の演奏をしたりする姿を見ると、生徒たちの中に高い志が育まれている様子を感じます。

私が担当している8年生の演目はミュージカルです。歌あり、セリフあり、ダンスありと、これまでに培った力を発揮するに相応しいものです。

1学期に学年全体に演目を伝えました。生徒たちからは、穏やかで落ち着いたやる気を感じることができました。実際、演目中の合唱の練習をしましたが、音取りを各自行うなど取り組みに工夫をして演奏ができました。

それから係や配役などを決め、2学期に入ると具体的で細かい練習が始まりました。未熟ながらも頑張っている中で、「これではダメだ」「なんでわかってくれないの」……後ろ向きの発言が目立ちはじめ、練習や話し合いがなかなか進まないことが少なくありませんでした。

9月上旬の授業参観では、保護者のみなさんに練習を公開しました。生徒の中には「まだこんな状態を見てもらうのは恥ずかしい」という声がありました。しかし、「今の自分たちができることをしっかりやろう」と、頼もしい意見が出てきて、『まだまだの状態』ではありましたが予定通りの参観となりました。

参観後、保護者のみなさんからは温かい励ましの言葉をたくさんいただきました。今はまだ練習が始まったばかりの時期ではありますが、生徒たちは、自分自身の役割を全うすることの大切さ、多くの人々に支えられて演技ができること、感動体験は一人ではできないことなどに気付けたのではないかと感じます。

本番までは、まだまだ多くの困難もあることでしょう。しかし、そのすべての事柄が芽吹き始めた志を成長させ、真のエリートとして歩むための一歩になっていくのだろうとも感じます。 

私も本気で生徒たちに向き合い、感動のステージへ彼らを大切に導いていきたいと思います。 

 8年音楽担当

英語弁論大会への挑戦

投稿日:2019.09.20

 先日行われた「中信地区中学校英語弁論大会」に、本校から花田鈴世さん(9年)が出場しました。弁論の内容は、修学旅行先でのホームステイの体験がテーマです。旅行前の彼女は英語に自信がなく、ホームステイを苦痛に思っていて、実際に1日目はほとんどホストファミリーと話すことができませんでした。しかし、「この2泊3日のホームステイで自分を変えなければ後悔する」と思い、自らを奮い出たせ、積極的にコミュニケーションを取るようにしました。ホストファミリーが温かく受け入れてくれたこともあって、彼女は自らの殻を破り、「日本に帰りたくなくなるほどの思い出を作ることができた」といいます。弁論では、どのようにその一歩を踏み出し、自らを変えることができたのかという体験を語りました。

 

地区大会への道のりは決して平坦なものではありませんでした。1学期の終わりに完成した英文原稿を夏休みに暗記する計画を立てましたが、休み明けの時点で暗記できていない部分があり、彼女は焦りを見せていました。加えて、弁論には暗記のほかに、発音・アクセント・声のトーン・イントネーションなどの表現力も必要ですが、本番まで2週間というところで練習できない日が続き、指導にあたった私は「このまま出場させてよいのだろうか…」とも考えました。

本番直前の水曜日。聞きに来てくれた数人の先生やALTの前で発表をしました。「絶対に後悔したくない」という強い意志で臨んだ彼女は、見事に発表を成功させました。あとから聞けば、このために当日の午前2時まで練習していたとのこと。そこから数日間の追い上げは、目を見張るものがありました。単語の発音やアクセント、文章として読む速さや声のトーン、それに間の取り方など、アドバイスされたことをすぐに吸収し、練習重ねるほどにスピーチは良くなっていったのです。

木曜日には、クラスメイト、4年生の児童、英語科の教員の前でも披露しました。クラスメイトはスピーチの迫力に唖然とし、4年生も驚きのあまり目を丸くしていました。

 

そして、当日はやや緊張していたものの、彼女は渾身の発表を行いました。一言一句間違えることなく、表現も時間配分も練習を上回る出来で、これまで私が聞いた彼女のスピーチのなかで最も素晴らしいものでした。

結果は7位入賞。名前が呼ばれたときは鳥肌が立ちました。当の本人も少し戸惑ったような、それでいて心の底から嬉しそうな笑顔でした。

10月初めの県大会まで時間を有効に使い、聞く人の心に深く届くような発表を目指す彼女を、私もしっかりと見守り応援したいと思います。

 

英語科担当

落ち着いて取り組める時間をこれからも 6年書写の授業から

投稿日:2019.09.13

 2学期が始まり、子どもたちの元気な笑い声がクラスに戻ってきました。模試にプールにさいきょう祭練習と盛りだくさんの毎日ですが、子どもたちのはじける笑顔に元気をもらう日々です。 

そんな折、6年生は2学期最初の書写に挑みました。書写は、自分とお手本に向き合う、集中力が問われる2時間です。課題の言葉は、秋の味覚「あけび」。一見簡単そうですが、3文字のバランスや配置、ひらがな特有の「あ」の返し、「け」の3画目のなめらかな払い、その流れで「び」はすくいながら入るなどポイントが多く、これまで受け持った6年生が「一番難しい。」と嘆いた字です。

そのため、いつもの基本練習に加え、今回は左右のぐるぐる巻き練習(一筆で「の」の字を続けて書くイメージ)も行いました。これは書道の仮名練習でよく取り入れられる方法ですが、一定の加圧で腕をしっかりと動かすための練習です。つまり、連続する曲線を一定の太さでなめらかに書くことができれば、筆を正しく握って手首を固定し、穂先を紙に乗せて腕全体を動かし、程よく力のある直筆(ちょくひつ)ができるのです。

ただ、言うのは簡単でも、なかなか難しい練習です。しかし、そこはさすがの才教生! 手を抜く子はほとんどおらず、皆が黙々と真剣にぐるぐる巻きに挑みます。その上、私から「まだ姿勢が悪いかな。」、「お臍は紙の中心に。」、「筆は立てる。」と細かく飛ぶ指示にも耳を傾けているのです。

次第に筆が乗ってきたところで本書きへ。

1人5枚までと決まっている中、こちらが十分よく書けているなぁと思った作品でも、「次は“あ”のこの部分に気をつけてもう1枚!」「“け”が丸まっちゃったからやり直したい!」

自分が納得いくまで熱心に取り組み、一人ひとりが渾身の一枚を書き上げました。

 

最近読んだ齋藤孝さんの著書の中に、「現代人のアテンション・スパン(一つのことに集中できる時間)はたった8秒。2000年代に12秒だったものが4秒も縮んだ。」とありました。今回の書写は、下書きから本書きまでたっぷり2時間。おのおの集中が途切れる場面はあったものの、自分で気持ちを立て直し、作品と対峙した姿は立派でした。

こんなに忙しい時代だからこそ、とことん一つのことに向き合ってみる時間、子どもたちが根気強く集中できる書写の時間を、これからも貴重な機会として大切にしたいと感じました。

 

6年2組担任

体験学習から学ぶこと

投稿日:2019.09.10

日、講師の先生をお招きして「性教育学習」が行われました。

5年生では、「赤ちゃん人形」を使用した体験学習を行いました。

 

子どもたちは初めに、生命の誕生について話を聞き、命の尊さを学びました。

中でも、受精卵の大きさの話や、赤ちゃんがお腹の中で羊水を飲み、きれいな羊水を尿として戻すことで羊水のお掃除をしているという話は、多くの生徒が驚いていました。

講師の先生の質問に積極的に答える姿、意欲的に学ぶ姿が多く見られました。

 

お話を聞いた後は、一人一人が実際に赤ちゃん人形を抱く体験をしました。

初めは戸惑う姿も見られましたが、女の子がリードをしながら(さすがです!)赤ちゃん人形を抱っこしていました。

 

「重い!!」

これが、子どもたちから最も多く聞こえた感想です。

赤ちゃん人形は、大きさや重さだけではなく、首のすわっていない様子もしっかりと再現されたものです。

初めて抱っこするという生徒も多く、命の重みを感じたようです。

子どもたちは、「頑張って生まれてきてくれてありがとう」など、赤ちゃん人形に優しい声を掛けていました。

 

授業終了後の感想文には、命の大切さを改めて感じたこと、苦労をして産んでくれた母への感謝の気持ちがたくさん書かれていました。

 

「どれだけお母さんが大変かを知ることができた」

「帰ったらお母さんに、苦労して生んでくれてありがとうと伝えようと思う」

 

子どもたちが生まれたときのこと、苦労したこと、嬉しかったこと、今回の性教育をきっかけに、家族で話す機会となることを願っています。

体験学習は、自分の身で触れ、感じることでより多くの学びにつながります。

周りの人への感謝の気持ちを大切に、多くのことを感じてほしいと思います。

 

養護教諭

心に残る授業を目指す ~東京オリンピックに向けた学習から~

投稿日:2019.09.05

 全国的に東京オリンピックのムードが高まっています。才教学園の3年生は、いよいよ1年後に迫った大会に向け、総合の時間を使ってオリンピックとパラリンピックについて学んでいます。

 

1学期には、パラリンピックについての勉強をしました。障がい者スポーツの祭典ではあるものの、子ども達の熱はオリンピックに対するそれとは違っていて、少し冷めた様子にも見えました。

しかし、長野パラリンピック銀メダリストの加藤正さんに学校に来ていただいたこと、パラスポーツ「ボッチャ」を一緒にプレーしたことで、障がいを持つ人についての理解が進み、子ども達からは「パラリンピックも直接会場で応援したい。」という声も聞こえてきました。

 

2学期初めは、大会で授与されるメダルについての勉強からスタート。2020東京オリンピックのメダルは、光や輝きをテーマに作られており、「スポーツで競い合い、頑張っている人が称えられる世界になってほしい」という思いが込められています。

そこで、3年生にも自分なりの思いを込めたメダルのデザインを考えさせてみることにしました。

「平和」や「元気」、「仲良し」など、様々なテーマを決めながら、デザインを考えていく子ども達。

その中で、ある生徒がデザインの中に車いすのイラストを描いていました。

 

1学期に触れた内容が心の中に残っていたのでしょうか、それが今回のデザインの中に表れたことを、とてもうれしく思いました。

どの教科でも一人一人に心に残る授業をしていきたいと思います。

 

3年2組担任

「その日は必ず来る」

投稿日:2019.09.03

先日、さいきょう祭の全校合唱曲のお披露目会がありました。 

今年の曲はDREAMS COME TRUEの「その日は必ず来る」

 

聞いていて心の中でつぶやきました。

 

「その日とはいったい何の日だろう」と。

 

皆さんにとって、その日とはなんの日ですか?

人それぞれに、いろいろな日があるはず。

 

その日とは

 

なんとなくやって来る日。

自分の一生にとって節目となる大切な日。

人生で一番幸せになれる日。

もしかしたらとても嫌な日?

 

でも、そこに向かって着実に皆さんの時間は過ぎてゆき、その日は迫ってくるのです。

どうせそこに向かうならば、積極的に生きていきませんか。

来る日を待ちわびるのではなく、自分から進んでその日に向かっていけば、何かが必ず待ち受けていることでしょう。

受け身でいるより、自分にとって何より糧になるはずです。

 

皆さんがこの曲を歌い切った時は、さいきょう祭も終わりを迎えます。

きっと「全校が一つになって感動の渦に包まれている」

そんなことを想像して、今からわくわくしています。

その日が、輝いた最高の日になるように、心を一つにして向かっていきましょう。

 

♪あなたにしか来ない明日に向かって

 

副校長

「伝える」ということ

投稿日:2019.07.19

 先日、9年生は「修学旅行報告会」を行いました。修学旅行は5月の下旬に行われ、5泊6日でオーストラリアのメルボルンに行ってきました。報告会では、その旅行に向けて事前学習をしたことと、現地へ行って調査してきたこと、そして現地の小学生やホストファミリーとの交流や学んできたことをⅡ期生と保護者に向けて報告する会です。その詳細は「ニュース&トピックス」で紹介しているので、ここでは省きますが、9年生は、この会に向けて5月から少しずつ準備を進めてきました。

 その中で、「修正してより高いものにする力」について強く感じることがありました。

それは、この報告会の行われる1週間前に、クラス内でリハーサルを行ったときのことです。クラス内の3グループは、それぞれ10分間の持ち時間を意識して発表資料を作り、リハーサルに臨みました。しかし、その資料の出来は、やや不安が残るものでした。報告会に参加する中で最年少となる5年生にも伝えられるような平易な表現に欠けていたり、会場の大きさを考慮に入れていないものだったりしたのです。

そのことを指摘してからの1週間、生徒たちは言葉を削り、分かりやすい語句を選び、文字や図を大きくしたり色を変えたりして、「伝える」という原点に戻って、プレゼンの資料を作り変えてきました。私は、ちょっとしたヒントを得て見事に応用できる9年生の成長を、ここに感じました。

 

 

このような経緯があって報告会での発表を終えた9年生。

事前学習や修学旅行中に学んだことは数えきれないほどで、当初、1枚のスライドには情報があふれていました。しかし、それだけでは伝えたい相手に本当に大事な情報は伝わりません。伝えたいことがたくさんある中でそれを精選し、絞り込んで、本当に大事なところだけを、後輩と保護者に伝えた報告会を行ったことで、彼らはまた一つ大事なことを学ぶことができました。

 

93組担任

 

体育祭での出来事

投稿日:2019.07.16

 先日、第15回体育祭が開催されました。今年は例年よりも遅い開催ということもあり、暑さや天気が心配されましたが、なんとか無事に当日を迎えることができました。

今年の体育祭のスローガンは「一意奮闘 ~轟け!勝利への咆哮~」です。子ども達はスローガン通り、赤組白組それぞれが心を一つに、集中して戦う姿を見せてくれました。

結果から言えば、今年の体育祭は白組の優勝でした。午前の部では赤組が白組に大差をつけて勝っていたのですが、午後の部で白組が奮闘して赤組を僅差で逆転するという最後まで結果の分からない大変見応えのある体育祭になりました。

 

体育祭では毎年、数々の名場面が生まれます。今年は9年生の「タイヤ取り」での1対1の選抜対決が素晴らしかったですし、「タイヤライダー」の最後の赤組の逆転劇も大いに盛り上がりました。

しかし、私が最も印象に残ったシーンは別のものでした。

それは午前の部の最終競技である「選抜リレー」でのことです。

選抜リレーは5年生から9年生の選抜されたメンバーで、赤組は赤と黄、白組は白と青の各バトンで4チームが競争する、体育祭の花形競技です。

今年は、こんなことがありました。男子リレーのときの話です。白バトンが先頭を走っていたのですが、勢いがつきすぎたのか、バトンを受け渡すリレーゾーンから出た状態でバトンパスをしてしまうという反則をしてしまいました。レースの途中であったのでそのまま続行し、先頭でゴールをした白バトンチーム。当然反則があったために順位は自動的に4位になってしまいます。その結果、2位であった赤バトンが1位、2位が黄色バトン、3位が青バトンとなりました。

結果を聞くと赤組の生徒応援席が盛り上がりました。自分達の組に高得点が入るからです。私は、「白組が嫌な思いをするだろうし、止めなければ」と思い、赤組の応援席の方に行こうとしました。

すると、それを見ていた赤組の9年生が「やめろ!そんなことで喜ぶな!」と全体を注意しているのが目に入りました。「確かに今のリレーで赤組に点数が入ったけど、相手の反則で喜ぶのは違うと思う。」と話をしてくれています。すごいなと思いました。

 

勝負にこだわる才教学園の体育祭は、勝負一つひとつにとても熱くなります。でもこのように相手のことを考えることができます。それは相手がいなければ勝負が成り立たないということを分かっているからです。今回はそれを指摘してくれたのが最上級生である9年生というところにさらに頼もしさを感じたのでした。

体育祭の担当の一人としてこのような場面が生まれたことを嬉しく思います。そして今後もこのような子供達を大切に導いていきたいと強く思います。

 

体育祭担当

体育祭を創り上げるために

投稿日:2019.07.12

 会場の都合により、例年より1ヶ月半ほど遅れて行われた第15回体育祭が、無事に終わりました。今回は初めて用具係担当を任され、生徒31名と私を含めた2名の教員で用具係を運営しました。

 6月3日()に行われた生徒会体育祭組織発足式の係会の冒頭で、私は31名の生徒達にこう問いかけました。

「本当は、心の奥底では用具係をやりたくない人はいますか?」

一人くらいは手を挙げるのではないかという予想は、見事に裏切られました。

用具係になった経緯には、体育委員として半ば強制的に係となった者と有志で集まった者のふたつのケースがあるのですが、そうであっても体育祭を創り上げるために必要な役割であるという意識を、集まったみんなが持っていることを、このとき改めて感じました。

 日中は体育祭の競技練習、放課後に用具係の練習。さらに、期末テストの学習をしながらと、日程的にかなりハードだったものの、一人も弱音を吐くことなく、精一杯取り組む姿がありました。

用具係は中立な立場であるため、競技中は応援にまわりません。また、休憩の最中でも次の競技の準備をしなければなりません。スポットが当たることもなく、目立たないところで体育祭を創り上げるために力を注ぎます。

 

 話は少しそれますが、競技に用いる大玉が破れるというアクシデントが起きました。新しい大玉が届くまでの間、このひとつがないだけで練習もできない競技があります。当たり前の話ではありますが、何かひとつでも欠けてしまうと成立しないことを思い知らされました。

 そういう意味では用具係も大変重要な役割なのだと気づきます。決められた時間の中で全ての競技を終えるためには、サッと準備にあたる係が必要です。その事を知っている生徒たちの動きは機敏で、大きな声で言葉を交わさずとも、足りない部分を察して動く姿。本当に素晴らしかったと思います。

 

 私は常日頃から、「仕事とは何か?」ということを考えて生活しています。また、道徳やHRの時間等でも生徒達に話をします。「仕事」とは「相手を笑顔にすること」。直接その笑顔を見ることができないことの方が多いとは思いますが、今回の用具係の活動は間違いなく「いい仕事」でした。行事にとどまらず、通常の学校生活においても「仕事」をしっかりとこなしていける『世のため人のために尽くす高い志を持った真のエリート』を目指し続けて欲しいと感じた体育祭でした。

 

体育祭用具係担当