1. ホーム
  2. 才教ダイアリー
  3. 2019

才教ダイアリー2019

次期リーダー8年生、幼稚園実習に行く

投稿日:2019.12.10

 先日、8年生が松本南幼稚園へ保育実習に行きました。

家庭科の授業の一環であるこの実習。夏ごろから準備は始まっていて、フェルト地に刺繍を入れた名札などを授業の中で作成していました。「幼稚園の子どもたちに喜んでほしい。」とプレゼントするおもちゃは、紙コップに張ったゴムの反動を使ってフェルトのボールを射出する仕組みのもので、一緒に遊ぶために心を込めて作っていました。

実習当日、小さな子どもたちとの交流を楽しみに朝からワクワクしている8年生。

準備を整え、いざ松本南幼稚園へ!

 

幼稚園に到着するやいなや、教室へ案内され交流がスタート。ぐいぐい押し寄せてくる年長さんたちの勢いにつられて緊張はどこへやら……みんな満面の笑顔で遊んでいました。

話をしたり遊んだりして慣れて余裕が出てくると、遊び終わったものの片づけをしたり、昼食の用意を手伝ったり、「(ハンカチで)手を拭こうね。」と声をかけたり、持ち前の明るさを存分に発揮して年長さんたちと関わっていました。

その後、場所を体育館へ移して歌の交歓会が始まりました。8年生がさいきょう祭のミュージカル『美女と野獣』で歌った「Be Our Guest」と「美女と野獣」を披露すると、みんなニコニコ笑顔で聴いてくれて、「ろうそくさんの名前って何だっけ?」と横の友達に尋ねていた年長さんも…。

お返しに「おひさまになりたい」と「にじ」の2曲をプレゼントしてくれた年長さんに向けられた8年生の優しい笑顔は、なんだかお父さん・お母さんのそれと同じようにも見えました。

 和やかな時間が過ぎ、園児のみなさんが並んで作った道をハイタッチしながら通り抜け、「ありがとー。」「バイバーイ。」と最後の最後まで温かい交流ができました。中には「かえらないでー(泣)!」と言ってくれた子もいて、とても名残惜しい気持ちになりました。

 

「楽しかった。」「かわいかった。」「やりがいがあった。」「小さい子を育てるのは大変。」「接し方が難しかった。」「たくさんのエネルギーをもらえた。」「気疲れしも少ししたけれど、とても満足!」「戸惑いもあったけれど、小さな子に寄り添えた。」「自分が小さかったときの純粋な気持ちを思い出した。」「また行きたい。」「毎日こうやってふれあっている幼稚園の先生を、とても尊敬します。」

次の日の生活ノートは、実習の感想で溢れていました。

 

 

 このほど、生徒会の引き継ぎも終わり9年生から大切なバトンを託された8年生。

授業で得た貴重な体験も活かし、才教学園のリーダーとして大きく成長することを願います。

 

8学年主任

心身を健やかに ゲームやテレビに要注意!

投稿日:2019.12.06

 医薬品の正しい使い方や、危険ドラッグによる心と体への影響などを学ぶ「薬物乱用防止教室」が行われました。年1回、薬剤師会の方を講師に迎え、5年生と7年生を対象に開催しているものです。

5年生では薬の正しい使い方についての学習をします。薬は、人間に本来備わっている「自然治癒力」だけで回復できないときに、助けとなってくれるもの。様々な種類がありますが、それぞれに理由があって開発された薬なので、決められた用途・用法・用量で使用しなくてはならないということを重点的にお話していただきました。

 

7年生では、たばこやアルコール、薬物が心身に及ぼす影響についての学習を。今年度は新たな内容を取り入れ、7年生に「ゲーム障害」についてのお話をしていただきました。

現在、全国でゲーム障害が深刻化してきているそうです。昨年、WHOはゲーム障害を病気(デジタルヘロイン)と認定し、依存症と同じ「精神疾患」として位置づけました。ゲームは脳に悪影響を及ぼし、前頭前野の神経を損傷させることもわかっているそうです。

授業後の感想文を見ると、ゲームにも依存性があることに驚いた生徒が多くいました。身近なゲームや電子機器が、よもや「病気」の原因になるとは思っていなかったようです。

ある生徒の感想には、自分が過去にゲームに夢中になった時期があったと書かれていました。しかし、勉強を先にしてから自分の好きなことをするように行動を変えていったら、成績が上がり、勉強も楽しくなり、ゲームをすることは必然的に少なくなったとありました。

 多くの生徒が「ゲーム依存にならないようにしたい」と感想を寄せた通り、ゲームやネット環境に潜む大きな危険性を知ることができたのではないかと思います。

今回のお話が、ゲームやSNS等のネットのあり方と正しい使い方について、自分自身や家族と共に考えるきっかけとなることを願っています。

 

 養護教諭

卓球部男子県大会出場

投稿日:2019.12.03

 卓球部男子が創部はじめての市中大会3位に加え創部2度目の県大会出場の切符を手にしました。

才教学園ではこの時期、さいきょう祭あり、期末テストありと、練習にかけられた時間がほとんどありませんでした。特に8年生部員にはさいきょう祭(ミュージカル)で主役級の子が多く、そのような中でも、卓球にかける気持ちが途切れないようにと、私は部員に対し声をかけていました。

だから、部員たちはさいきょう祭の係活動や発表の練習が放課後にあっても、必ず顔を出し、「片付けだけでもやります」と、下校時間ぎりぎりまで手伝ってくれていました。また、どうしても部活を行う時間がなかったときには、終わりの挨拶だけに来たり、すでに挨拶が終わった後で帰る直前に顔を出したりしたこともありました。

そうやって、部の一員であることを常に考え、大会への思いを切らさずに活動できたことが、今回の結果につながったのではないかと思っています。

 

中信地区のレベルや、各チームのポイント差が大きくないことを考えると、1月の県大会では上位を狙えるチャンスがあるかもしれない、と思います。

私も顧問として、できることは多くはありませんが、限られた中でできる限りのサポートをし、一つでも多く勝てるように指導をしていきたいと思います。

 

県大会を楽しむだけではなく、勝ちにこだわり頑張らせたいと思います。ご声援よろしくお願いいたします。

 

卓球部顧問

見えたリーダーの姿

投稿日:2019.11.29

 先日、4年生の長野県フェスティバルがありました。グループごとに県内の市町村の特徴を調べて発表します。

「来てくれた人を楽しませる」ことを目標に準備をしてきました。その中で、「伝えたいことがあるのに、分かりやすく文章にして伝えることが難しい」という課題がありました。発表までには、課題を乗り越えるための多くの作業がありましたが、最終的には「自分たちが楽しんでやれば、来てくれた人も楽しんでくれる」という思いで発表のときを迎えました。自分たちで考え作り上げることができた長野県フェスティバルでは、大きな達成感があったようです。

 

本番の様子は、というと・・・自信を持って、堂々と発表していました。聞いてくれる人たちは入れ替え制なので、何回か発表を繰り返すにつれて4年生からはアドリブが出たり、アクションを加えてみたりと、発表をよりよいものにしようとする姿が見られました。1時間があっという間に過ぎ、戻ってきた子どもの顔にはやり切ったという表情がありました。

 

 長野県フェスティバルを終えて、発表を見に来てくれた3年生からは、感謝と憧れの言葉が多く書かれた手紙が届きました。

「楽しかったです。さすが4年生だなと思いました。」

「ユーモアのある発表で、来年もあんな発表がしたいです。」

「来年は、4年生みたいに堂々と楽しく発表をしたいです。」

 

 4年生はⅠ期のリーダーとして、下級生のお手本となれることを学年目標としています。その中で今回、下級生が4年生の姿を見て憧れる存在になれたことがうれしく思います。この経験を踏まえて、日常生活でも下級生が憧れるリーダーに近づいて欲しいと思います。

 

 3学期には個人でのプレゼンテーションを行います。市町村の良さが伝わる発表を生徒たちが自分なりに考えて作り上げることができるよう、担任として支援していきます。

4年生のみんな、今回の長野県フェスティバル本当に一生懸命取り組みましたね。

楽しい時間をありがとう!

 

4年3組担任

走り高跳びは「団体戦」でした

投稿日:2019.11.26

 4年生の2学期の体育では「走り高跳び」を行いました。走り高跳びは、助走から片脚踏み切りで高くジャンプし、跳び越えられたバーの高さを競う種目です。跳び方としては、はさみ跳びや背面跳び、ベリーロールなど、いくつかの種類があります。今年度から本格的に走り高跳びを始めた4年生ははさみ跳びを行いました。授業では助走の仕方や踏み切り方、脚の振り上げ方などの基本的な動作をもとにバーを跳び越える練習をしてきました。

 しかし、跳び方は理解しているけれど、実践すると上手く跳べず…。はじめのうちはほとんどの生徒が思うような助走ができなかったり、左右どちらの足を踏み切り脚・振り上げ脚にするかで混乱して上手くバーを跳び越えられなかったりしました。しばらくすると、コツをつかんで跳べるようになった人にアドバイスをもらったり、見よう見まねで跳んでみたりしていました。それでも4年生は苦戦しながら何度も挑戦していました。

 

 そのうち、ある生徒が体育館の隅に置いてあるカラーコーンを見つけ、「先生、あのカラーコーンを使ってもいいですか?」「走り高跳びの練習に使いたいんです!」と言ってきました。カラーコーンの使用許可を出したとたん、周りの生徒達と一緒にコーンを使った練習が始まりました。

生徒達を見ていると… 1、2と声を出しながら跳ぶ、両足で跳ぶなど、色々と実験していました。なぜかライダーキック(!)まで……。少し遠回りかもしれませんが、生徒達は工夫して練習をしていました。

自分達で考え出した練習をもとに実際にバーを使ってみると、見事に跳ぶことができました。まさかあのライダーキックが?とも思いましたが、何事も試してみることは大切です。その授業からカラーコーンを使う生徒が増えていき、体をうまく使える生徒が増えて、最終的には4年生全員がバーを跳べるようになりました。

本来走り高跳びは個人種目なので一人で黙々と取り組みますが、今回の4年生の走り高跳びはまるで団体戦のようでした。

 

4年生 体育担当

おもてなしの心

投稿日:2019.11.22

 本校では年に2回、「作法教室」を行っています。

講師の先生をお招きし、クラスごとに授業を行います。

 

作法教室では、講師の先生のお話を聞くだけはなく、子どもたちが自らお茶を点てます。「亭主(お客さんを接待する人)」、「半東(亭主が点てたお茶を運ぶ人)」、「正客(お茶をいただくお客さん)」の3役に分かれ、お茶席での役割も学びます。

茶室での歩き方、立ち方や座り方も丁寧に教わります。正座をするので、中には足がしびれてしまう子も…。しかし、そこは踏ん張りどころです。

 

1年生は、何もかもが初めての経験。わくわくしたり、ドキドキした気持ちでいっぱいのようです。1回目の授業のときは、先生に点てていただいたお茶を飲み、お茶とはどんなものなのかを知ります。初めて飲むお抹茶は少し苦いと感じる子もいますが、みんなで飲むと、不思議とおいしいようです。友人とお茶を飲むのは、つい楽しくなってしまいますが、作法教室で大切なのは心を落ち着かせること。お茶の味を感じながら、静かに、ゆっくりといただきます。

 

2回目の授業のときは、自分たちでお茶を点てます。目標は、きめ細やかでふっくらした泡を点てることですが、茶せんを使ってお茶を点てるのは想像以上に難しいものです。泡が立たなかったり、泡が大きくなってしまったり。苦労しながらも、一生懸命取り組んでいます。

 

作法教室を通じて身に付けることができるのは「おもてなしの心」。

相手に対し最善を尽くすこと。自分を下げ、思いつく限りの丁寧な対応をします。

言い換えれば、「相手を思いやる」ということ。これは、普段の生活にもつながっていくのではないでしょうか。

家族や友人、身の周りの人を思いやること。困っている人や悲しんでいる人がいたら進んで手を差し伸べる。そうすれば、さらに笑顔があふれる学校になるのではないでしょうか。

作法教室で習った周囲の人への思いやり、おもてなしの心を忘れずに元気に過ごしていってほしいです。

 

養護教諭

一生懸命やることの大切さを学ぶ

投稿日:2019.11.19

2年生がさいきょう祭で演じたのは「ブレーメンの音楽隊」。

一人ひとりが堂々とセリフを言いながら演じること、じっと動かないのも演技の一つとすること、みんなでリアクションを揃えることなど様々な挑戦を取り入れた演目にしました。派手さはないものの、個の成長とチームワークを得る機会になりました。

 

2年生の出番は2番目でした。大きな鏡に向かって自分の表情を確かめながら、セリフを言ったり、歌を歌ったりしてリハーサルをしました。最後に円陣を組んで、気合を入れてステージへ!

 

音楽が始まり、2年生の演目がスタート。一人ひとり練習でやってきたことをステージ上で十分に発揮し、順調に劇を進めていきました。前半は、大きな声ではっきりとセリフを言うこととセリフに対するリアクションをとることを頑張りました。後半は、合奏と歌です。合奏は鍵盤ハーモニカの二重奏を中心に、いくつか楽器を加えて、音の重なりを楽しめるようにしました。そして、劇の最後は「幸せのリズム」を歌いました。舞台上にいる2年生と観客が一つになって、手拍子を合わせて幸せのリズムを刻むことができ、素敵なステージのフィナーレを飾りました。

 

舞台上の様子を間近で見ていて感じたのは、今できることを一生懸命にやりぬこうと奮闘する姿の素晴らしさです。さいきょう祭後、全員に一生懸命やりきったか聞いたところ、全員笑顔で応えてくれました。「やりきったぞ!」という素敵な笑顔でした。

 

今後の学校生活でも、何事にも前向きに一生懸命取り組めるように頑張りましょう!

 

2年1組担任

読書の秋

投稿日:2019.11.15

外も肌寒くなった11月。読書旬間のシーズンとなりました。

さいきょう祭が終わってから、図書室にはふたつの変化が現れています。

ひとつは、演目に関する本を借りに来る生徒たちの姿が増えたことです。日によって来室する人数が多かったり少なかったりすることはありましたが、貸し出した本の記録を見ると、9年生の演目『ミュージカル名曲集』にあった「オペラ座の怪人」の英語版小説、8年生のミュージカルの題材「実写 版美女と野獣」のほか、「ブレーメンの音楽隊」を読む先生がいたり、ブックトークで紹介したメアリー・ポピンズの本を借りていったりしたことがわかります。やはり、今年のさいきょう祭の影響が色濃く出ているなと感じました。

一方、今までさいきょう祭の練習に励んでいたせいか、貸出ができなかったり返却日を少し過ぎてしまっていたりという子も続々と図書室にやって来ます。本をたくさん借りて読もうという子、おまけのブックカバー目当てにやってくる子などの対応にあたるため、私や図書委員も多忙を極める日々ですが、模試や定期テストを終えて一段落…といった様子も見られます。

秋の読書旬間中は、カウンターでの手続きをする人、ブックカバーを渡す人など図書委員が一年で一番忙しくなる時期です。生徒がより一層本に親しめるように、日頃から蔵書の点検や整理を進め魅力ある図書室づくりに努めたいと思います。

図書室司書

 

自分たちで考え、実行することの大切さ

投稿日:2019.11.12

 さいきょう祭が終わって早くも約2週間が経過しました。すっかりさいきょう祭の余韻も抜け、子ども達は来たる明日の期末テストに向けて、真剣に学習に取り組んでいます。今年のさいきょう祭は、どの学年の演目も非常にクオリティが高く、本当に素晴らしい一日だったと思います。

さて、この記事をお読みの方は、5年生の「組曲『動物の謝肉祭より』」もご覧いただきましたでしょうか…?

 

5年生にとって、Ⅱ期生として初めて参加するさいきょう祭となります。今年は、「自分たちで」をテーマに演目づくりや練習に励んできました。

9月の初め、5年生は、さいきょう祭における学年の統括長、大道具係長や係員を決めました。また、ハード面を整えるという意味では、教員のほうから各パートリーダーを務めてほしい生徒にその旨を打診しました。

驚くことに、組織が立ち上がり、主要な生徒が集まって話し合いを行った翌日から、パート練習が始まりました。これについては、教員側から「練習しなさい!」と求めたわけではありません。この早い段階から自分たちで練習を始めた学年を、私は他に知りません。

すると教員側でも、「自分たちの舞台を、自分たちで創ってほしい」という願いがどんどん強くなっていきます。曲のイメージや演出などを学年のなかで話し合わせてみたり、問題点を共有する機会を作ってみたりしました。

 その結果、さいきょう祭当日に至るまで、演目に関してはほぼ『自分たちで』創り上げることができました。

 

 5年生といえば、ある程度の成長を迎え、自我も芽生え始める学年です。この成長段階だからこそできることかもしれませんが、『自分たちで考えて実行すること』を大人が尊重してあげると、子ども達は、こちらの期待以上の活躍と成長を遂げてくれることを、今回のさいきょう祭から学びました。

学校という舞台の上では、その主役は、どこまでいっても「子ども」です。そして、行事は主役が「活躍し成長」する機会だと、私は思います。

 

5年1組担任

教室での話し合い

本番前の楽屋にて

演奏終了後、みんな揃って

限界のふたを外す

投稿日:2019.11.08

 今年も才教学園の最大行事「さいきょう祭」が幕を閉じました。第Ⅰ期最後のステージ。4年生は合唱と合奏でした。本格的な合唱、合奏に挑戦したのは初めてで、それを達成するには様々な難しさがありました。  

 

合奏では2曲に挑戦しました。1曲目は、アップテンポの曲で鍵盤ハーモニカの速い指回しに苦労していました。またそこに色々な楽器が合わさると、メロディーを大切に演奏するのは難しかった様です。2曲目はリコーダー奏です。とても綺麗な音色が響く曲です。しかし、この曲は難易度が高く、指使いも難しいため、何度も練習を重ねてきました。

合唱では4曲を歌い、二部合唱の曲に挑戦しました。まずは、音取りからスタートです。各パートではしっかり歌えていても二部のパートを合わせると、どうしても音を見失ってしまう。その繰り返しでした。そこに振り付けも入り、更に覚えることが増えていきました。

 

迎えた本番・・。

緊張する気持ちを抑えながら、ステージの上では自信とやる気で満ち溢れ、楽しんで演奏できました。演奏が終わり部屋に帰ると、子ども達は清々しい顔でやりきった!という表情でした。

 

さいきょう祭が終わった後の道徳の授業で、谷 真海さんというスポーツ選手のお話を読みました。谷さんは20歳の時に骨肉腫という病気で右足のひざ下を切断しましたが、そこからたくさんの努力を重ね、数年後にはパラリンピックに出場した選手です。そんな谷さんは自身の経験を次のように言っています。

 

 私は記録とともに、大切なものを手にしました。それは「限界のふたを外す」ことです。「頑張ってもここまでだろう」とあきらめてしまわず、その限界のふたを外し、自分を強く信じてチャレンジする。それが自分自身を大きく成長させることに繋がる。

 

私は、この言葉を聞いて、さいきょう祭にも通じるものがあるなと感じました。

子ども達の感想には、「目標に向かって努力して、かなった時が一番うれしい。」「さいきょう祭でリコーダーを毎日持って帰って練習したら、楽しく吹けるようになった。」「できないことでもあきらめずにたくさん練習したらできるようになって、次につながっていくんだな。」などがありました。

歌が好きな人、そうでない人、楽器が得意な人、少し苦手な人…今回のさいきょう祭でも色々な生徒がいたのは事実です。しかし、個々の限界を決めず、出来なかったら友達に聞いてみたり、表情良く歌っている子を真似してみたりと様々な工夫を重ね、それぞれが悩みや困難を解決しながら、高みを目指していきました。その努力が、あの大舞台での演奏に繋がったのです。

 

 私はそんな彼らを間近で見ることができ、また寄り添うことができたことを大切にし、これからも彼らの成長をサポートしていきたいと思います。

 4年生、頑張ったね☆

 

4年2組担任