1. ホーム
  2. 才教ダイアリー
  3. 2020

才教ダイアリー2020

子どもたちの強い意欲と共に

投稿日:2020.11.27

 毎週金曜日の放課後、4年生は『がんばり勉強会』を行っています。これは、「もっと勉強したい!」「授業ではやらないことも学びたい!」「がんばって力をつけたい!」という子どもたちの声から始まった勉強会で、昨年(3年生のとき)から続いています。

 放課後の勉強会というと、「授業時間外に学力の不足を補うもの」というイメージがあるかもしれません。しかし、才教学園4年生では国語・算数を中心に、正規の授業中には中々教えてあげられない内容を扱ったりいろいろな考えを出し合う機会にしたりと、子どもたちの学びへのやる気を高め結果に結びつくような時間にしています。

 

 国語では「長文の読み取り方」「テスト問題の読み方や答え方」などをやってきました。普段の授業は、文章を読んで、みんなで意見を出したりしながら自分の考えや感想を深めていきますが、『がんばり勉強会』では解き方のポイントなど実践的なことが中心です。

 例えば、

   質問に対する答え方(語尾)を定形化する。

どうして~ですか。

理由を答えなさい。

「~から。」

「~だから。」

~とはどういうことですか。

「~(という)こと。」

   書き抜きは、習っていない漢字も一字一句そのまま書く。

   説明文は指示語と接続語に注意して読む。

   選択問題は、書いてある内容と違うところを探して確認する。

 

算数では、「式を書くこと」と「柔軟に考えること」に力を入れています。今の子どもたちは、早くすぐに答えを出したいがために式を書かないことが多い印象です。さらに「答えが〇か×か」を意識しがちですが、算数・数学は考え方を学ぶ教科。ですから私は、「どう考えたか、どういう方法で答えに辿り着いたかを、目に見える形、つまり式で表すことが大切だ」と伝えています。また、一つのやり方で答えが出たとしても、いろいろな工夫ができることも教えています。

先日、「80÷16」という割り算の問題を取り上げました。筆算でも答えは出せますが、『割り算では、割られる数と割る数の両方を同じ数で割っても答えは同じ』ということを踏まえて答えさせるようにしました。この問題では、8016それぞれを2で割ると、「40÷8」になります。子どもたちは、これをさらに4で割って「20÷4」、8で割って「10÷2」とするなど、たくさんの考えを出しました。割る数を大きくすると式がより簡単な数字になることも発見し、子どもたちからは「おもしろい!」という声が上がりました。

 

本校では全国模試も定期的に受験していますが、こうした実践の機会があるたびに、習ったことが身についている様子がわかります。事実、最近の模試では国語の平均点が90点を超え、子どもたちが自信を持って取り組むことができるようになったと実感しています。

また、「算数では基本的なことをしっかり復習したい」という希望もあり、今年は基礎コースも立ち上げて教員2人態勢で勉強会を行っています。

 

希望制の『がんばり勉強会』には、4年生のおよそ7割が参加しています。季節が変わり日も短くなった今、勉強会が終わる5時半頃は、外は真っ暗。それでも、残って勉強したい、学びたいというやる気にあふれた子どもたちと共に、また、そうした子どもたちを迎えに来て下さる保護者の方々と共に、担任としてもっと頑張っていきたいと思います。

 

 4年1組担任

目ざそう!歯みがきのプロ

投稿日:2020.11.24

11月8日は語呂合わせから「良い(11)歯(8)の日」とされ、全国で歯科衛生について様々な啓発活動が行われています。本校でもこの時期に歯科検診が行われるため、3年1組では歯のみがき方を改めて確認することにしました。

 

◆歯みがきのポイント◆

毛先のひらいていない歯ブラシを使う

②歯みがき剤の量は少し

③歯ブラシは「えんぴつ持ち」

④毛先をきちんとあて、1本ずつ丁寧にみがく

⑤軽い力でこまかくみがく

⑥寝る前は特にしっかりみがく

 

1年生のときにマスターしたはずですが、時間が経ってしまったせいか、やり方のポイントがあいまいになっている生徒が多くいました。普段からみがく習慣がある生徒も、つい力が入っていたり、歯ブラシを大きく動かしていたり…という姿を見かけていた私。ここぞとばかりに時間をかけて一人ひとりのみがき方を丁寧に確認しました。

 歯みがきを終えた子どもたちは、「いつもよりスッキリした!」「すごくツルツルしてる。」「さっぱりして気持ちいい!」と、ニコニコ満足そうでした。

この翌日、「家でお母さんにも教えました。」と私に報告してくれた子もいて、学校での経験を家庭でも生かしてくれたようです。

 

 学校での昼休みは遊び時間も兼ねているため、子どもたちはついつい遊びに気持ちが向いて、歯みがきをおろそかにしがちです。しかし、3年生(8~9歳)といえば、奥歯まで乳歯から永久歯に生え変わる大切な時期。毎日きちんと歯をみがけるように、全員で意識高く取り組んでいこうと思います。

 一生付き合う歯を健康に保つことは、体全体の健康維持にもつながります。みなさんも、この機会に歯みがきの仕方を見直してみてはいかがでしょう。きっとすごく気持ちのいい1日が送れるはずですよ!

 

3年1組担任

九九の暗唱

投稿日:2020.11.20

 2年生は現在、算数のかけ算「九九」で2~5の段まで学習が終わりました。子どもたちは暗唱テストに励む毎日です。そんな子どもたちが暗唱テストに初めて取り組んだときの様子を、少しお伝えしてみたいと思います。

 

私が担任を受け持つ2年2組で、「さあ、九九の暗唱テストをします」と宣言したとき。子どもたちの反応は、「やったー!」「私、もうできるよ。」と自信満々な声が上がる一方で、「ちょっと不安です…。」と及び腰の意見もありました。

しばらく練習時間を取った後、いざテストの時間になって、私が「テストを受ける準備はできましたか?」と聞くと、全員がパッと手を挙げました。担任として、なんとも嬉しい光景です。

一人ずつの暗唱テストをしていくと、すらすらできる子もいれば、ひとつひとつ確認しながら丁寧に進める子もいます。人前だと極度に緊張する子も、堂々と暗唱することができ、1学期から大きく成長していると感じました。これも担任として嬉しい光景です。

テスト1巡目が終わった時点で、クリアできなかった生徒は1人。その子は、友だちの暗唱が続いているときも「落ちたのは自分だけだ…」と小さな声でつぶやきながら悔しがっていました。2巡目に入るタイミングで私が「もう1回やってみようか」と聞いてみたのですが、返事は「やりません。」とだけ。

しかし、友だちからの「やろうよ!」「頑張ってみようよ!」と励ましの声もあり、再チャレンジの気持ちを固めてくれたのです。

勇気を出して挑戦した2回目。まだ、たどたどしさの残る暗唱。流れが止まるたびに友だちから発せられる「がんばれ、がんばれ」というエール。

最後まで暗唱できたとき、クリアした子は安堵と満足の表情でした。友だちからは割れんばかりの拍手が送られ、なかには、バンザイをして自分のことのように喜ぶ子もいました。

 

22組が九九の暗唱に一丸となって取り組んだ、この日、この時間。頑張る友だちを本気で応援し、みんなで達成感を味わうことができました。

暗唱テストはまだ道半ばですが、これからも全員で協力する姿を見せながら、クリアしていけるはずです。

 

さあ、2組のみんな。今日も暗唱テストを始めるよ!

 

2年2組担任

晩秋

投稿日:2020.11.18

 あっという間に秋が終わろうとしています。日ごと寒さが増し、冬の訪れを感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

 

さいきょう祭を終えた11月、1年生は今年も芳川公園へ赴き「秋探し」をしました。紅葉を楽しみながら公園を一周したところ、子どもたちは「先生、見てください。イチョウのじゅうたんです!」と嬉しそうに葉っぱを拾っていました。拾った葉っぱや木の実は学校に持ち帰り、作品作りの材料にします。

できあがった秋色の作品は、どれも色や形を活かした秀逸なものばかり。写真を撮って1年生の廊下に掲示していますが、組み合わせ次第でいろいろなものを作る子どもたちの発想には、本当に驚かされます。

また、拾ってきたクヌギの実で、どんぐりごまも作りました。つまようじを刺して、カラーマーカーできれいに模様を描き、最後にボンドを塗れば、オリジナルのこまが完成。子どもたちは、休み時間のたびに夢中で遊んでいます。

 

そして、予定していた「昔の遊びを楽しむ会」は、残念ながらコロナの影響で中止となりました。子どもも私も楽しみにしていただけに、肩を落としていたのですが・・・なんと、子どもたちのためにと、1組の子のおばあ様が折り紙の作品をプレゼントしてくれたのです。とても精巧な作品に、みんなは驚きと喜びの声を挙げていました。子どもたちのことを思って行動してくださる方々がいることに、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 さて、11月も中旬となり、生活科の授業でチューリップの球根を植えました。

「これが咲くころには、みんなは2年生だね。」

私がこう言うと、みんなは「そっか!」と言いながら、未来を思い描いているようでした。

その未来は、みんなが思っているよりも、あっという間に訪れるのだろうと思います。

 

寒い冬をじっと耐え、春にきれいな花を咲かせるチューリップのように、辛いことを乗り越えて輝く子どもたちになってほしいと願う秋の終わりです。

 

1年1組担任

1年1組の「秋探し」はこちらでも!

どんぐりごまに模様を描いています

傘は開いたり閉じたりできます

楽器を奏でるということ

投稿日:2020.11.13

先日行われたさいきょう祭では、音楽、劇、ダンスと様々なステージがありました。生徒たちの演目を通して、表現の奥深さを知るとともに、生徒たちの秘めたる力を改めて感じることができました。今回は、私が指導し、合奏を披露した5年生と9年生との時間を振り返ってみたいと思います。

 

生徒たちに合奏を指導する上で私が心掛けたこと、言い換えれば、生徒に意識してほしいことが2つありました。

まず、「楽器を使った表現を理解する」ということ。楽器には私たちの声と異なる独特の音色があり、人間では出せないくらい高い音、低い音、大きい音などを表現することができます。楽器を使うことで、出せる音の可能性がぐんと大きくなるのです。

2つ目は「楽器を大切に扱う」ことです。様々な種類がある楽器は、準備、後片付け、修理、手入れなど演奏以外のところで大変な手間がかかります。しかも、そうした手間の割にステージで音を出すのが一瞬だけ…なんていうことも。また、個人で持ち運べる楽器ばかりではなく、みんなで協力しなければ運ぶことすらままならない大型楽器もあります。さらに付け加えれば、楽器は大切な道具であり、誰かが思いを込めて作った「作品」ともいえるのです。

最初の頃は、準備後片付けに予想以上の時間を費やしたり、ハラハラするような扱い方をしたりすることがありました。それを私が注意する回数が多かったという、やや恥ずかしい事実がありますが、次第に生徒たちは楽器を丁寧に扱うようになり、特有の音色を工夫して出すようになり、練習を重ねるほどに演奏が上達していきました。

 

そんな生徒たちの本番の演奏には、これまでの思いが色濃く出ていたと思います。

5年生が演奏した「運命」と、9年生が演奏した「Let it be」。どちらとも大変有名ですが、使用する楽器の種類や実際に出す音色によって、それぞれの楽曲にふさわしい雰囲気で奏でることができました。

様々な演奏会が制限されている今、久々にホールに響き渡る音を聴いたとき、音楽の持つ力強さが蘇ったように感じました。さいきょう祭で扱った楽器は、全体で見ればほんの一部ですが、生徒にはこれからも世界中の楽器に触れて、様々な表現を理解し、音楽的な視野も広げてほしいと願っています。

 

音楽科担当

 

5年生「運命」

9年生「Let it be」

さいきょう祭から得たもの 6年生の原動力②

投稿日:2020.11.10

の続き)

 

しかし、ミュージカルの要素は歌やセリフ、伴奏だけではありません。大道具や小道具、衣装は「手をかけたものの良さや思いがわかる人になろう」とこだわって制作し、セリフや動きも、場面ごとに何度も話し合いを重ね工夫しました。

自分たちで使うものを自分たちで制作していくのですが、うまくいかないことが次々と起こりました。そんなとき、悩んでいる友達に声をかける、放課後に残って作業をするなど、みんなのために行動する生徒がいました。責任感を持ち、協力して成し遂げようとする気持ちは、様々な困難を乗り越える原動力になっていたのです。

 

会場リハーサルの日、大切な衣装を身に着けてステージに立った6年生。みんなの希望だったミラーボールを照明担当の先生に回していただいたときの喜びは格別でした。

 

振り返ってみると、ミュージカルを通じて生徒たちはたくましく成長し、6年生とは思えないことをやり遂げてきたと感じます。

最後まで妥協せず手を抜かずにやり続けたことが、自らの限界と向き合い乗り越えようとする力となり、みんな一丸となってやりきったという達成感につながったと思います。様々な制約がある中で、これほど高いハードルを学年全員の力で乗り越えられたこと、まさに今年のスローガンどおり“超越”できたことに、生徒たちの限りない力と可能性を改めて実感しました。

 

大勢がステージに立つ『第九』や全校合唱の実現は叶いませんでしたが、全ての学年がより良いステージを目指して力を尽くしました。笑顔と感動にあふれたさいきょう祭が開催できたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。

コロナが1日も早く終息し、再び全校で歌える日が来ることを願っています!

 

さいきょう祭担当・6年音楽担当

さいきょう祭から得たもの 6年生の原動力①

投稿日:2020.11.10

先月末に行われた『第16回さいきょう祭』。

今年度はコロナウィルスの感染拡大の影響により開催自体が危ぶまれ、発表形態、練習方法、感染対策等の様々なことを考えながら、ぎりぎりまで開催の可否や演目内容を検討してきました。

 開催の見通しが立たない中、早い学年では7月から練習を始めたものの、時間ばかりが過ぎていく日々。果たして各演目は完成するのだろうかと大きな不安を抱く一方、「やれることをやろう。もし発表できなくなったとしても、決して無駄にはならない」と信じていました。

 

6年生も、例年6月から始まるミュージカルの練習に踏み切ったのは7月に入ってから。夏休み前にオーディションを行い、配役、伴奏者を決定しました。夏休みが半分ほどに縮小されたため、個々の練習期間も短く、休み明けにみんなで合わせることは難しいだろうと思っていました。

2学期が始まると、その考えはいい意味で裏切られました。自分のセリフを覚え、話し方や身振り手振りまで考えながら練習してきた生徒が多く、練習は場面ごとにリーダーを中心にどんどん進んでいきました。楽団メンバーも個々が先を見通して練習し、18曲もある伴奏・BGMを「次はどの曲ですか?」と、あっという間にすべて合わせてしまいました。まさに、「最高の舞台を作る」という使命感をもって積極的に活動する姿がそこにありました。

 

へ続く)

さいきょう祭担当・6年音楽担当

表現の先には...

投稿日:2020.11.06

「この気もちはなんだろう」

 

 このフレーズで始まる、谷川俊太郎さんの詩『春に』。これは、1415歳時の悩みや戸惑い、様々な葛藤等、複雑な思いが交錯する思春期ならではの心境を綴った詩である。

 ちなみに、この詩は中学3年の国語の教科書に教材として掲載されていて、授業では詩の内容を捉えると共に、その心境を音読で表現した。声の強弱や抑揚、読むスピードや間のとり方等、相手を意識しながら、その心境が伝わるように一人ひとりが工夫を凝らしながら音読表現を行ったが、誰もが『表現することの難しさ』を痛感したのであった。

 

 そして、今年のさいきょう祭で、9年生はその「春に」を合唱として披露することとなった。練習当初は、授業で習ったことを踏まえない、詩の意味を深く考えていないといった様子で、単に言葉をメロディーにのせて歌っているだけだった。

 それでも、練習を積み重ねていけばきれいなハーモニーとはなるのだろうが、それだけで聴衆の心を動かすことは到底できるはずもない。

 どうすれば思春期の心境を歌で表現し、聴衆の心を動かすことができるのだろう。

  一人ひとりが自問自答しつつ、アイデアを出し合いながら練習に励んだ。

 

・詩の一語一語の意味をよく考える

・言葉に感情を込めて歌う

・言葉に合わせ歌う表情を変える

・一語一語をはっきり声に出す

・声に強弱や抑揚をつける

 

 

 さいきょう祭本番。

最終演目である9年生のステージが始まった。英語詞での合唱「You Raise Me Up」、合奏「Let it be」、そしてダンス等の身体表現へと続き、最後に「春に」を歌う。

全員の心をひとつにし、主題を歌に託した精一杯の表現だった。

一人ひとりが全力を尽くし、今までで一番の「春に」を披露することができた9年生一同は、その歌唱により聴衆の心をも動かしたのである。歌い終わったあとに聞こえた、聴衆からの割れんばかりの拍手が何よりの証拠であった。

子どもたちが舞台から降りてくる。私は、薄暗い舞台袖に歩みを進める子どもたちの表情から、高揚感や充実感、達成感を感じ取った。同時に、今年度のスローガン「超越」をまさに一人ひとりが、そして学年全体としても体現し、全力を出し尽くしたように感じた。

 

 次は、いよいよ受験だ。聴衆の心を動かすほどの力を持っている君たちならば、高校入試という高い壁もきっと「超越」することができるであろう。私はそう期待してやまないのである。

 

92組担任

4年生が伝えるメッセージ

投稿日:2020.10.29

 4年生は、第16回さいきょう祭で合唱を2曲披露します。

人と人との出会いや生きていくことの尊さを謳った「いのちの歌」と、東日本大震災の被災地復興を応援するために制作された「花は咲く」です。

今年10歳になる4年生がこの歌を歌う意味、そして聴いて下さるみなさんに伝えたい思いとは…。

 

+++++

 10月はじめ、生徒たちはそれぞれに考えたメッセージを学年内で発表しました。感謝、希望、笑顔など、みんなからはたくさんの言葉が寄せられました。

 

・命に感謝し、命の大切さを伝えたい

・笑顔でいよう

・生きていることに感謝する気持ちを表現する

・希望を持って、これからもいろいろなことを頑張る

・私たちが生きている今を大切にしたい

 

発表をまとめた結果、次のことが決まりました。

「いのちの歌」

…生まれたこと、育ててくれたこと、支えてくれた人、頑張っている人へ感謝をし、この思いを未来へつなげたいという気持ちを伝える。

「花は咲く」

…みんなが花のように笑顔でいてほしいという願いを込める。

+++++ 

 

1学期の休校期間が長引いたこともあり、今年は歌を歌う機会がほとんどありませんでした。その後に登校ができるようになったことで、さいきょう祭の開催を見据えて演目を決定しましたが、学校生活では歌に限らずたくさん我慢することがありました。自分のことだけでなく周りのことも考え、必要以上に大きな声を出さない、友達と近づきすぎないといったことにも注意を払う毎日でした。

そうした中での練習では、先生から「もっとみんなで歌をよくしていこう。みんなの気持ちを込めよう!」と奮い起こされることもありました。

 

さいきょう祭まであと2日。

当日も限られた時間の中ですが、みんなの歌で思いをしっかりと伝え感動を届けられるよう、最後の最後まで頑張ります。

 

4年2組担任

「さいきょう祭」はステージ上のみに非ず ~過去の自分を『超越』しよう~

投稿日:2020.10.27

 三大行事のひとつ「体育祭」が中止となり、今年は「さいきょう祭」が最初の大きな行事となりました。例年の8年生は、全校合唱、『第九』、ミュージカルと3つの演目に取り組むのですが、未だ衰えを見せない新型コロナウイルスの影響で、残念ながら学年の演目は「ミュージカル」のみとなりました。全員がフェイスガードを着用し、できるだけ密にならない工夫をするなど感染対策を講じながら、8学年音楽担当教諭の綿密な計画のもと、練習が進んでいます。

 

1015日に校内リハーサル、その1週間後には会場リハーサルを行い、8年生の演目を鑑賞した学年外の先生や9年生から多くのお褒めの言葉をいただきました。とてもありがたいことです。コメントを聞いた生徒たちの良い表情を見て、私もどこかほっとした、というのは事実…。

 今週は、2回目の会場リハーサル、ゲネプロ、本番までを一気に駆け抜けることになります。さいきょう祭に関すること、またそれ以外の場面でも、立ち居振る舞いに関して「8年生はさいきょう祭で様々なことを『超越』した姿を見せることができた」と言われるようにしたいと思います。

本校の行事は、『自分自身の内面の成長』『級友同士の叱咤激励や切磋琢磨』を最大の目標にしています。加えて、本年度のスローガンは「超越」。さいきょう祭において、ステージ上の演目だけが素晴らしくても意味がありません。

ライトを浴びて演技をする人。その人たちのそばで道具を担当する人。音で彩りを添えてくれる人。はたまた舞台袖で出番を待つ人も…。本番を迎えられることに感謝し、それを支えてくれる人たちが大勢存在していることを念頭に、8年生が心身共に大きな成長を遂げる機会になるよう、私もしっかり見届けようと思います。

 

8年1組担任

上・下:練習の様子(9月)

校内リハーサル(10月)