1. ホーム
  2. 才教ダイアリー
  3. 2020

才教ダイアリー2020

2年生が調べた「自分の生い立ち」

投稿日:2021.02.16

自分が生まれたときのようすはどうだったか。

自分の名前の由来はなんだろう。

家族の記憶に残っている印象的なエピソードはあるかな。

 

  

2年生では、自分の生い立ちについて調べる授業があります。その学習からの繋がりとして、「今までの自分」と「これからの自分」について考える活動もしています。

「今までの自分」では、冒頭にあげたようなことを家族に聞いたり、写真を見返したりして調べます。そして「今の自分」が得意としていることや熱中していること、頑張っていることは何かを思い起こします。最後は、これからの自分の姿を想像し、どんな人になりたいか、どんな仕事をしたいかを考えます。

 

自分の名前の由来を聞いて、「いい名前を付けてもらえて嬉しい」、「名前が表すとおりに生きていきたいと思った」という子がいました。また、今まで知らなかったできごとに驚いたり、今でも変わらない面があることに感動したりしていました。自分をいつも一番近くで見守り、寄り添ってくれる家族の様子を知り、「自分が家族から大切に育ててもらっていること」を感じた子どもたちは、それぞれに感謝の気持ちでいっぱいになったようです。

「今の自分」を考えたときは、授業中に友達同士でお互いのいいところを伝え合ったことで、自分では意識していなかったことを発見することもできました。

将来の自分について考えたときには、好きなこと、興味のあることをベースに職業を考えた子がいました。また、2年生なりに見聞きする社会情勢から将来像を描いた子もいました。なりたいもの、就きたい職業は様々ですが、共通していたのは、「○○になって、自分のことだけでなく、世の中の人のために頑張りたい」という思いをもっているということです。

 

これらの内容を、子どもたちは授業参観で発表しました。恥ずかしさを内包しつつ、一生懸命に家族への感謝の言葉を直接伝え、手紙を渡しました。ご家族からも子どもたちへのメッセージをいただいたのですが、子どもの目を見て優しく話される様子にみんなの心が温まりました。

8年間の自分の成長を振り返り、自分のよさや可能性を見つけることができた子どもたちの満足そうな笑顔が見られました。

 

21組担任

「ありがとう」家族への心のこもった手紙

1年生の学習発表会 ~自分たちでやり遂げた~

投稿日:2021.02.13

先日、授業参観で1年間のまとめとして、「学習発表会」を行いました。

発表会の練習を始めてまず考えたのは、「どうしたら、見に来てくれる人に楽しんでもらえるのか。」ということでした。立ち位置や順番を決めつつ、『自分の思いがみんなに伝わる方法』についてもアイデアを出し合いました。

「後ろの人にも聞こえるくらい、大きい声を出そう。」

「早口にならないようにしよう。」

「ジェスチャーを入れてみよう。」

「ここは、2人で声を合わせて言おう。」

このようなことを考えては、実際にやってみることを繰り返しました。

中には、上級生のプレゼンテーションを参考に、画用紙でフリップを作成した子もいて、真剣に、そして楽しみながら準備を進めました。

 

当日の子どもたちは、「もうすぐお母さんたちが来るね。」「なんだかドキドキするね。」「きっとだいじょうぶだよ。」と一様にそわそわ…。

しかし、そんな緊張も本番が始まるとすっかり楽しみに変わり、自分の順番が来るとにこにこ笑顔で発表に臨み、友達の発表もしっかり見ていました。

発表のしめくくりは「お家の方へ感謝のメッセージ」。緊張や照れくささが見え隠れする中、しっかり思いを伝える子どもたちを見て、私も胸が熱くなりました。

 

発表の1時間は子どもたちに進行などを任せ、担任は口を出しすぎず見守っていました。友達と一緒にたくさんのことを学び挑戦してきたからこそ、学習発表会を成功させることができたのだと思います。最後までやり遂げることができたことに、4月からの大きな成長を感じました。子どもたちには、これを大きな自信として欲しいです。

確実に春は近づき、このクラスでの生活も残り数か月。

私は最後まで、子どもたちとともに学び、楽しく生活したいと思います。

 

 1年3組担任

成長の喜び

投稿日:2021.02.12

学校での身体検査は、体重測定は2か月ごとに、そして身長の測定は年3回、4・9・1月に行います。今年度はコロナウイルスによる緊急事態宣言を受けて5月末まで休校措置が取られたため、4月に予定していた身体測定は6月に変更しました。

例年、測定数値を見ていると、夏期は身長の伸びが大きく、冬期は体重の増加がやや大きいように感じています。しかし、今年は様子が少し違い、6月の時点で体重増加が目立ちました。これはおそらく、当時のステイホーム=外出を控え、自宅で過ごす時間が長かった期間に、運動する機会が不足していたからではないか、そんな風に考察します。

 

さて、このほど全校生徒の身長と体重の測定が終わりました。

1年生から9年生まで、みんなスクスクと成長しています。1、2年生ではまだあまり「成長」ということに興味が向かないかもしれませんが、3年生くらいになると「身長の伸び」にワクワクしていることがよく分かります。

中学生ともなると、身長の伸びに関しては、男子は急加速、女子は比較的ゆるやかになってきます(当然、個人差はありますが)。

さあ、中学生の測定が始まります。目をキラキラさせながら身長計の台に乗ると、ここからが大騒ぎです。身長が少し伸びていると、まるでテストで100点を取ったかのような大歓喜。「成長する」ということは、子どもたちにとってこれほどまでに嬉しいことなのです。その成長を眺めつつ、私は目を細めて一人ひとりの計測にあたります。

 

当たり前のように成長し、当たり前のように生きている。

しかし、そうではないのですよね。

毎日の営みの中には、栄養バランスや好き嫌いを考え、毎日食事を作ってくださるおうちの方々の影のご苦労もあるのです。私も子の親です。親にとって、子どもの成長は何より嬉しいものです。

子どもに感謝をしてもらおうと思って食事や身の回りの世話をしているわけではありませんが、「自分の成長を支えてくれている人たちがいることに気付き、感謝の気持がもてる」よう、身体の大きさだけではなく心も健やかに成長していってくれることを強く願います。

 

保健室 養護教諭

合言葉は「グッ パッ グー」

投稿日:2021.02.05

今、1年生は体育の授業で跳び箱の開脚跳びをしています。授業では自分たちが使用する用具の準備・片付けも行うので、授業の1回目には跳び箱を跳ぶときのポイントを説明するだけでなく、「安全に気をつけることは大切なこと」と教えながら、跳び箱、マット、踏切板を運ぶ方法や設置の仕方も伝えました。初めの頃はやはり時間がかかっていましたが、何度かやっていくうちに慣れ、今では手際よく準備や片付けができるようになりました。

 

さあ、準備は完了!いよいよ開始!

…ではなく、その前に合言葉の確認です。

跳び箱の合言葉は、『グッ パッ グー』

『グッ』は、踏み切り板を両足で踏み切ること。

『パッ』は、跳び箱に両手をついたら、瞬時に足を広げること。

『グー』は、両足でマットに着地すること。

 跳び箱は「跳べる」「跳べない」がはっきりしているので、跳べる人は更に意欲的に取り組みますが、苦手意識のある子は跳ぶこと自体に消極だったり、跳躍が小さくなっていたりする傾向にあります。

1年生の中には、軽快な音とともに勢いよく跳ぶ子もいれば、「あと一歩で跳べそう!」な子、そしてまだ跳ぶことにためらいのある子もいます。目当てどおりに跳べる子も、まだ発展途上の子も、小さい体ながら自分の跳び方を振り返ってみたり、目標を立てたりしています。

「今、踏み切りの『グッ』が上手にできなかった…」

「次はもう少し助走スピードを上げてみる!」

「手を遠くにつけるように練習する!」

「今日は〇段跳びたい!」

 

運動だけではありませんが、何かを「できるようになる」「上達する」ためには、一つ一つのポイントをおさえ、それを一つ一つクリアしていくことや粘り強く取り組むことが必要です。それをまさに体現している1年生は、授業のたびに着実に上達を見せ、どんどん跳べるようになってきています。

「今日は跳べて嬉しかった」「もう少しで跳べそう」「跳び箱が好きになった」「体育の授業が楽しい」と、喜び勇んで私のもとに寄せられる小さな報告の数々。この言葉が聞けると、本当に嬉しいです。

 

1年生のみなさん、2年生になっても跳び箱の授業はあります! 基本となる開脚跳びの合言葉『グッ パッ グー』を忘れないでくださいね。

来年はどのくらい跳べるようになるか、今から楽しみです。

 

 1年生 体育担当

マットをはこんで

とびばこをおいて

見事な跳躍!

どうして数学を勉強するのだろう?

投稿日:2021.02.02

3学期に入り、9年生はいよいよ本格的な受験シーズンに突入しました。私が担当する数学も、入試に向けて総合的な問題演習を行っています。特に図形に関する問題は、これまでに覚えた様々な図形の性質や定理の中から一体どの知識を使って解くのか、あるいはどのような補助線を引いて考えたらいいのかなど、ひらめきやセンスを必要とするものが多く存在するため、限られた時間の中で解くのは大変なことです。 

先日、入試対策の授業で扱った図形問題。これがなかなかの強者で、時間内に解ききれなかった生徒が多かったため、続きは宿題とし解説は次の日に持ち越しとなりました。担任の話によると、授業を終えて教室に戻った生徒たちは、休み時間返上でその図形の問題を熱心に解いていたそうです。翌日の授業前、何人かの生徒から「あの問題、解けました!」と誇らしげな表情とともに嬉しい報告を受けました。 

 

それから数日後、入試対策テストが行われました。このときの図形の最終問題もなかなか手強いものでした。この日は水曜日で放課後の『数才クラス』があったのですが、数才クラスが終わった途端、9年生の生徒が数人で教室に入ってきました。そして、同じ9年生で数才クラスに参加しているKくんに向かって嬉しそうに言うのです。

「わかったよ、あの問題! 解けたよ! Kくんの答え正解だよ! すごい! あの線分の比をどうやって出したの?」

その後は皆で解き方を確認し合い、友達の目の付け所に驚き、感心し、納得し、とても充実した時間を過ごしていました。

 

どうして数学を勉強するのか?と聞かれたとき、「高校入試に必要だから」、「論理的な思考力を育てるため」、「社会で生きていくために役に立つから」などと答える人が多いでしょう。もちろんこれらはすべて正しい答えだと思います。しかし、才教学園の9年生に同じ問いかけをしたら、多くの生徒がこう答えるはずです。

「数学を勉強するのは、数学が楽しいからです。」

 

解き方が全くわからない問題に直面したとしても、あれやこれやと考えに考えて、ふっとひらめいて解けたときの感動。自分で苦労して解いた後、友達の仰天するような解法を目の当たりにしたときの感動。数学の学習を通して、今9年生は様々な感動体験を味わっています。

受験勉強は大変かもしれませんが、そのような状況の中でも、楽しみながら数学を学んでいる9年生の姿を見て、とても頼もしく誇りに思います。

 

9年数学担当

授業中、真剣に問題に向き合っています。

授業終了の号令の後もまだ問題を解いています。学びに対する”貪欲さ”の現れです。

才教学園の地産地消:リーフレタスの栽培と収穫

投稿日:2021.02.02

技術科『生物栽培』で、養液栽培を取り入れ「リーフレタス」を栽培しました。育成の様子を比較的短い期間で確認できる魅力的な教材としてリーフレタスを選択。昨年10月初旬、8年生が種まきをして栽培学習のスタートです。 

 

種まき

培地は、土ではなくスポンジ。順調にいけば、種をまいてから1週間ほどで発芽します。『苗半作』とは耳慣れない言葉かもしれませんが、苗の良し悪しで作物の出来栄えが変わるというくらいなので、実習とはいえ、この数日は生徒も発芽までドキドキです。結果、全員がしっかり根のはった苗を作ることができました。

 

定植

ひょうたん型のポットに苗を定植して、水やりの準備をします。残念ながら生徒が毎日管理できるわけではないので、水を自動的に補水できる便利な仕組みを採用! 白い筒は水を入れたペットボトルをさかさまにセットできるようになっていて、適宜保水給水が行われます。

 

管理

11月下旬から12月初旬になると、草丈や葉の枚数が一気に増えてきます。生徒は朝と放課後、苗の観察・管理のために理科室を訪れ、ペットボトル内の水量や葉の様子を丁寧に見ては随時記録を取っていきます。なんとなく、8年生のレタスに対するやさしさを感じました…。

 

収穫

根元を切り収穫したレタスは、ちょっとオシャレにラッピングをして家に持ち帰りました。(例年、調理室でポトフ風の料理にしますが、今年はコロナ対策で調理を中止)。

生徒からは、「レタスは焼き肉をしたときに一緒に食べました」「お母さんが、『この養液栽培セットを借りたい』と言っています」等、家庭での様子をたくさん聞くことができました。保護者のみなさんに感謝です。

 

 学校園(いわゆる畑)がなくても、工夫次第でできることがあります。本校では2か月にわたってリーフレタスの成長を見守りました。毎日、観察記録をとった生徒。養液の補充を放課後遅くまで残ってやっていた生徒。丁寧にラッピングをして大事そうに持ち帰る生徒どの姿も、とても印象的でした。植物の命を育てる大切さを、「リーフレタス」という教材から学びとってくれたはずです。


技術科担当

パッと光る豆電球 「電気の世界」の始まり

投稿日:2021.02.02

3年生の理科で「電気を通すもの通さないもの」という単元があります。この単元では、身の回りのものが「電気を通すもの」か「電気を通さないもの」かを、前の単元で学んだ「電気回路」を使って調べます。 

これまでに学んだ知識を生かして、物事を比べて分けてみること。これは、3年生の理科において大事な学習ポイントのひとつです。

 

電気の単元は、今後も学習する機会があります。4年生になれば、直列回路と並列回路について学ぶことになりますが、おそらくこの辺りが『理科が得意で大好き』『複雑になってくるから苦手だな』という分かれ道となるのかもしれません。

もちろん、私たち教員は、理科という教科を学ぶ子ども達が、興味を持ち、目を輝かせられるような授業を展開しよう!とさまざまな工夫を考えながら授業を進めています。その甲斐もあってか、才教の子どもたちは、自分の周囲で起こること、また自然現象などについても大いに興味を持って、日々の学習に取り組んでいます。

実験をすると決まれば、これから調べていくことを明確にし、「どんなことが起こるだろうか。○○になるんじゃないか?」とあれこれと予想を立てます。結果が明らかになるまで待ちきれない様子の子ども達。やがて得られた結果を考察するのですが、年間を通して見ていると、子どもたちの説明する力や理解力の伸びに本当に驚かされます。例えば①どのような過程を経て ②なぜそうなったのかといったことを、きちんと順序だてて伝えられるようになってきたのです。

 

さて、写真は、電気回路の実験キットを組み立てて作った「テスター」を使い、自分の持ち物などが電気を通すか通さないかを調べている場面です。ほとんどは紙やプラスチックなど電気を通さないものが多いのですが、たまに鉄やアルミニウム、銅などの金属に触れたときには、回路に電流が流れ、回路の途中にある豆電球がパッと点灯します。同時に、子どもたちの顔もパッと明るくなり、「先生、点きました!」の声が上がります。そんな表情を見ると、私は子どもたちの「電気の世界」がここから始まったということを実感します。

これからも、子どもたちの興味が明るく大きく広がっていくような授業、子ども達の心をぎゅっと掴むような授業を組み立てて実践していきたいと思います。


3学年 理科担当

コロナ禍でのまなび

投稿日:2021.01.26

 今年度は新型コロナウイルスの影響で、図工科も今までとは異なった環境となり、試行錯誤の1年でした。しかし、制限のある中で新しいものを産み出すこと、それが図工科の活動です。材料や環境をすべて揃えてもらって…ではなく、今あるものから何か面白いものを造り出すことが、創作活動の楽しみのひとつです。

 

3年生 最初の課題「自画像」

今年はみんなマスクをしているので、どうしたものかと考えました。しかし、「マスクをした自画像」というものは、今までの歴史の中で(有名画家の作品にも)見たことがありません。「逆に、面白いのでは?」と挑戦してみました。

すると、2020年コロナ禍だからこそ描けた面白い作品が完成。マスクをした自画像の周りには「コロナウイルス退散!!」とばかりに、アマビエやワクチン、コロナウイルスと戦う戦士なども描き込まれました。                                

作品を見ながら、私は、「子ども達がコロナ禍でストレスを感じていることは確か。でも負けないぞ!という強い気持ちを持っている」とわかりました。子ども達の作品を見ていると、みんなの未来は明るいな、元気が湧いてきます。

 

4年生 3学期の課題「織」

無心になって取り組むことができ、子どもたちの心を癒せるような創作活動ができないかと考えていたところに、「実家を整理したら、たくさん毛糸が出てきたの。よかったら使う?」と言ってくれた友人。そのありがたい申し出をいただき、毛糸を使って「段ボール織」をすることにしました。

まず、織機を作るところから始めました。段ボールの板にカッターで5ミリ間隔に切りこみを入れます。2年生での段ボールパズル作り、そのほかにも素晴らしい作品を作った経験をベースに、細かい作業も諦めずに丁寧にやり切りました。

できた織機に縦糸を張り、いざ横糸を通していく段階になると、その楽しさにはまってしまった4年生。

「これ、ずーっとやっていたいです!こたつに入って、音楽を聞きながら…とか」

「糸を張るところまで来て、頭がスッキリした!指先と脳がつながった感じです!」

「次は、国旗を織ってみたいなぁ。」

 

短いお昼休みにも図工室を訪れて、織を楽しんでいる子どもたちもいます。何かを想像すること、創造することは人間にとって生きる力になっていくのでしょう。 

 

今できることの中で楽しみや喜びを見つけ、クリエイティブな活動を通して図工室から「元気」を届けたいと思います。

 図工科 講師

 

 

3年生「マスクをした自画像」

4年生「織」

「織」…手もとの様子。縦糸の間を縫うように横糸をくぐらせます。

コツコツと粘り強く ~目指せ、けん玉名人!~

投稿日:2021.01.26

 2年生の生活科の授業では、「昔の遊びから学ぶ」ということで、11月からけん玉に取り組んでいます。

 

日本けん玉協会の『けん玉検定』に則り、大皿に玉を3回乗せるというところから始めて、「とめけん」、「ふりけん」、「日本一周」、「世界一周」などレベルの高い技に決まった順番で取り組み、10級から1級への昇級を目指します。

学校の授業で初めてけん玉に触れるという子もいれば、幼稚園や保育園の頃から慣れ親しんでいる子までいて、子ども達のレベルはそれぞれです。

 

目下、子ども達が目指しているのは1つでも上の級に上がることなのですが、私がみんなに学んでほしいことは、実は他にあります。それは、当たり前のことながら「諦めない」ということです。

初めのうちは簡単な技が多いのは誰もが知るところです。しかし、級が上がり自分の腕も上がるほど、一筋縄ではいかない技が増えてきて、必ず壁にぶつかるときが来ます。

そんなときに、「もうこれ以上はできないから」と投げ出して終わらせてしまうのではなく、こつこつと粘り強く頑張って「努力を重ねる姿勢」を自ら作り出せることを、このけん玉検定から学んでほしいのです。

 

どうしたらうまくできるようになるのか。

上手な人からコツを教わるのも、一つの手かもしれません。

技が成功に近づいたとき、練習で1回でも成功したとき、自分はけん玉をどう操っていたか。

 

けん玉と格闘する子どもたちの目は、真剣そのもの。1回1回集中し、一生懸命に取り組んでいます。「けん玉名人」への道のりはまだまだ長いですが、この練習で得た経験は、他の活動時にもきっと活かされるはず。みんなが持っている様々な力を、どんどん伸ばしてほしいです。

この子たちなら、いつか別の高い壁に当たっても、あきらめずに立ち向かっていくことでしょう。

目指せ、けん玉名人!

 

 2年生 生活科担当

まず、やってみよう!(後編)

投稿日:2021.01.15

算数の計算問題のような“正解・不正解“はないこと。

イメージしたものと違っても、そこから「工夫する」ことが大切だということ。

図工では、折にふれ、こういったことを子ども達に伝えていて、「自分で考えて、やってみる」こともたくさん経験させたいと思っています。

「ここをこういうふうにしたいけど、できるかなあ…?」

相談とも独り言ともつかないつぶやきが聞こえたら、私は「やってごらん!」と勧めています。失敗を恐れず、まず自分でやってみる。思うような結果が得られなかったら、次の手を考える。

なにかと速く正確な結果を出すことが求められがちですが、試行錯誤することの大切さは変わらないように思います。

 

さて、話を「ころがるおもちゃ」作りに戻して…。

飾りつけに一生懸命取り組む子ども達の中で、Bさんは車輪の部分に色とりどりの長い飾りをつけました。重さや絡まりが心配でしたが、「それだと転がらないのは?」とは言いません。自分で転がしてみて初めてわかることがあると思うからです。板で作った坂道で自分の作品を転がしてみたBさん。じっと見つめた後、何かに気づいたような表情を見せ、飾りを切ることを決めました。飾りは短くなりましたが、よく転がるようになりました。「ふさふさして、転がすときれい!」そばで見ていた友だちが声を上げ、Bさんも納得の表情です。

ストローを付けてみたCくんも、初めは全く転がらない状態でしたが、ストローを曲げることで、かえって面白い動きをするおもちゃができました。

 

それから数日後の2学期の終業式。校長先生が「これからの時代を生きるために必要な『想像力』『創造力』を身につけるには、“考えて行動すること“を積み重ねるしかない。」とお話しになりました。小さな一歩かもしれませんが、図工で育もうとしているものと相通じるものがあると確信しました。

これからも、「まず、やってみる。そして考える。またやってみる。」ことを、子ども達と積み重ねていきたいと思います。

 

1年図工担当