1. ホーム
  2. 才教ダイアリー
  3. 2022

才教ダイアリー2022

薬物乱用防止講座を通して

投稿日:2022.12.06

 学校薬剤師の髙田弘子先生をお招きして、5年生と7年生を対象に「薬物乱用防止講座」を開催しました。薬の種類や正しい使い方をはじめ、タバコやアルコールによる害、使用禁止薬物の怖さ、身近な飲み物に含まれるカフェインをの摂取がもたらす害などのお話を伺いました。


 5年生は薬の種類や使い方・副作用についてよく理解しており、髙田先生の問いかけに対して活発な発言が続きました。そして話を聞くべき場面では静かに、真剣に耳を傾ける姿はさすがでした。
 本来私たちの体には「自然治癒力」が備わっていて、薬はあくまで自然治癒力のサポート的な役割をするもの。まずは、「バランスのとれた食事」「適度な運動」「十分な睡眠」で自然治癒力を高めることが大切だと学びました。


 7年生では内容も5年生向けのそれより深いものとなり、薬物と言われる「覚せい剤」「大麻」「コカイン」「シンナー」などは、たった一度の使用でも「乱用」となること、名前を変えて売られていること、それらに手を染めると抜け出せなくなること、薬物やアルコール・タバコ・カフェインには依存症があることを学びました。
 髙田先生は、お知り合いのお子さんのお話をされました。当時大学生だったそのお子さんは、サークルの飲み会で周りから「一気飲み」をさせられた晩に急性アルコール中毒で命を落とされた、という悲しいお話でした。この話を聞いた7年生からは、「毎日アルコールを飲んでいるお父さんが心配」、「自分は将来一気飲みは絶対にしないし、もししていたる人がいたら止めさせる」、「タバコは絶対吸わない」など、自分の体や他者をも思いやる声があがりました。髙田先生から示された2枚の画像・・・非喫煙者のきれいな肺と、タールで真っ黒になった喫煙者の肺・・・を見て、積極的にタバコを吸おうと思った生徒はいないはずです。
 さらに、比較的身近にある「コーラ」や「お茶」、最近流行りの「エナジードリンク」などに含まれるカフェインの量に驚き、それにも害や依存症があとの話を、7年生は食い入るようにして聞いていました。


 生徒達には、この講座で学んだことを忘れず、正しい判断をして健康な体を守り続けて欲しいと願います。


養護教諭

9年生の授業から。飲酒は「10年早く脳をだめにする」との話。

野菜を好きになろう

投稿日:2022.12.02

2年生は、さいきょう祭で、野菜の劇をやりました。どんな劇かというと、野菜がかぜひきんやばいきんをやっつけて野菜嫌いな子どもが野菜を好きになるという劇です。演目を決める時に、生活科で野菜を育てたこと、野菜嫌いの生徒がいるということでやることになりました。給食では、メインのお肉は食べることができても、野菜はなかなか食べられないという生徒が何人かいます。さいきょう祭の練習の間、子ども達は、野菜について考えながら演技をしていたようです。


さいきょう祭後の作文より
 「わたしは、やさいの中で食べられないやさいがあります。とくにナスがきらいです。それなのに、ナスのやくにきまってしまって、どうしようと思いました。
 れんしゅうがはじまって、子どもたちがやさいを食べないようすを見て、わたしじしんを見ているようでした。
 さいきょうさいの前にかぜをひきました。そのとき、かぜひきんのことを思い出しました。やっぱり、やさいを食べられるようになりたいと思いました。お母さんにそう言うと、ナスをおみそしるに入れてくれました。ドキドキしたけど、食べられました。本当に「やさいはぼくらのヒーロー」だと思いました。わたしはじしんが出て、ナスの気もちになってセリフを言えるようになりました。
 本番では、会場に見にきてくれた人たちや、わたしの弟たちにやさいを食べると体にとてもいいということを教えてあげたいと思ってやりました。」


ところで、国語の授業中におばあさんからプレゼントでもらった食べ物をいらないと言ってしまう話をしていた時、子ども達に、「こんなことありませんか?」と聞くと、子ども達は、「ありません。」と言いました。その言葉を聞いて、安心しました。おばあさんの気持ちを考えずに、いらないと言ってしまう子になってはいけないと思ったからです。「でも、給食では食べないこともありますよね。どうぞって言われたものですよ。」と言うと、一瞬教室が静かになりました。すると、「私は、全部食べます!」「ぼくも食べます!」という声が次々とあがりました。その後の給食では、野菜を食べる生徒が増えました。プレゼントではないですが、給食を作ってくださった方やお家の方に感謝をして野菜を食べてほしいです。


また、生活科で、毎日水やりをして自分で育てた野菜は、おいしかったという声もたくさんありました。


2年生の様々な活動を通して、野菜を食べられる生徒が増えてきました。


みんなが野菜を好きになって、元気に大きく成長してくれることを願っています。


2年3組担任

進級判定試験に向けて

投稿日:2022.11.29

さいきょう祭、2学期期末テストを終え、6年生は1月に行われる「進級判定試験」に向けて、猛勉強の真っ最中です。
現在、朝読書やお昼休み後の時間を勉強のために使っていますが、教室では、ほとんどの生徒が真摯に学習に取り組む姿が見られます。


『受験はチーム戦』
これは、私が6年生を持った際に常に口にする文言です。
受験は突き詰めていくと「個人戦」なのかもしれません。
しかし、共に努力する仲間がいるから、苦しい受験勉強にも耐えうることができるのではないだろうか・・・。
これが私の持論であり、「だからこそ、クラスや学年全体で進級判定試験に挑もう」という言葉を添えています。


これを今年の6年生に伝えたのは、2学期期末テスト明けの11月17日。
「翌日は学年行事があるから、バタつくかもしれないな」
そう思っていたのですが、そんなことはなく整然と学習に取り組んでいました。


さいきょう祭で見せた「ミュージカル西遊記」と「卒音ステージImagine」。
作品を創り上げるまでに培われた「チーム力」が、今回の受験勉強にも生かされているようでした。


進級判定試験まで残り約2か月。
決して長い月日ではありませんが、この2か月間で真摯に学習に取り組み、学習に対する姿勢やこれからの受験での戦い方を学んでもらえればと思います。


6学年主任

「分かち合う」 その2

投稿日:2022.11.26

(その1からのつづき)


そして、分かち合うのは、「もの」だけではありません。


1年生だと、些細なことでも、できないことはまだたくさんあります。
朝、セーターに名札をつけようとしても、安全ピンがうまく扱えず苦労する子もいます。
「だいじょうぶ?できる?」
「こうやってやるといいよ。」
男の子が女の子に、自然に声をかけているのです。



学習になると、
「1年生でここまで知っているの?」
「こんなふうに考えられるの?」と、担任が感心するほど、みんなの意見で授業が盛り上がり、知識や考え方を共有しているのです。


できないことや苦手なことも、
得意なことや自慢の知識も、
楽しい経験や成功の喜びも・・・
みんなで分かち合うことで、
より鮮明になり、印象深いものになっていくようです。


先日のさいきょう祭では、ステージに立つ楽しさや感動、喜びを共にし、みんなが清々しく素敵な笑顔を見せてくれました。
「楽しかった~!」と、ステージから下がってきた満面の笑みが愛おしくてなりません。


いつも、子どもたちには、
「悪いことを一緒にするのは、友だちではないよ。
 良いことを一緒にするのが、友だちだよ。」
と話しています。


これから先、友だちと、さまざまなものを分かち合って、ともに、たくさんの経験を積み、大きく成長していってほしいと願っています。


1年2組担任

カルタ取り

すごろくとめんこ

第18回さいきょう祭より

「分かち合う」 その1

投稿日:2022.11.26

ある日、連絡帳の「お家の方から」の欄に、
「(図工)で使うクリスマスリースの飾りを友だちが分けてくれたそうで、嬉しそうに教えてくれました。優しいクラスメイトに感謝します。」
このように書かれていました。


何かを取り合うのが、友だちやきょうだい関係の常なのではないかと思うこともありますが、このクラスの子どもたちは、「もの」をみんなで分け合うことのできる仲の良い子どもたちのようです。


生活科で「昔の遊び」の学習を始めると、持ち寄った遊びの道具を使って、楽しそうに遊んでいます。
けん玉、お手玉、おはじき、めんこ、だるま落とし、すごろく、福笑い、カルタ取りと、さまざまな遊びに興じています。
「昔の遊び」の良いところは、仲間と関わりながら遊ぶところ。
子どもたちは、「みんなでやるから楽しい」を実感しているようです。


何人かで、「折り紙」にも夢中になっています。
自分のお気に入りの折り紙を持ってきて、これもまた、惜しげもなく友だちに分けてあげる様子が見られます。
無くなってしまうのではと心配し、
「先生の折り紙を使っていいんだよ。」
と、声をかけるものの、どうやら、自分のお気に入りを、友だちにも分けてあげたいようです。
分け隔てなく、誰とでも、こうしたやり取りをしているところをみると、本当に優しく、仲の良い子どもたちだと、とても微笑ましく、嬉しい限りです。


(その2 へ)

おりがみ、おはじき・・・

こちらは福笑い

「長野県フェスティバル」を終えて その2

投稿日:2022.11.26

 2学期。いよいよ、「新しい特産物作り」に取り掛かりました。みんなの新聞から、自分の調べたものが誰のどんなテーマとコラボできるかどうか、一生懸命に考えました。一緒に組めそうな人たちとグループを作り、新しい特産物を考えました。
 実は、この課題を出したとき、ちょっとハードルが高かったかなあ‥と思っていたのです。大人でもなかなかアイデアが浮かばないのに、子どもたちの力でできるのだろうかと、私は心配していました。ところが・・・。みんなあっという間にアイデアを出し、それらを画用紙にまとめてしまったのです。そして、フェスティバルに向けて、iPadを使いプレゼン用の画像をどんどん作っていきました。
 先述のとおり、使うのはもちろん自分で撮った写真です。担任の私があまり手を差し伸べずとも、子どもたちは自分の力で全部のスライド用画像を作り上げました。それを使って発表の練習を重ね、本番を迎えたのです。


 フェスティバル当日は、3年生や保護者の方々が大勢来てくださり大盛況でした。1時間45分という長い時間が、あっという間に過ぎていきました。画像のほかに、手作りのカードやパンフレットなども配り、みなさんに喜んでもらいました。
 「もう何回も発表しました!」「すごくたくさんの人が来てくれました!」など、息を弾ませて私に報告してきたことからもわかるように、子どもたちも本当に楽しく発表ができて大満足だったようです。


 この後に控える3学期には、まとめとして一人ずつのプレゼンテーションの機会を設ける予定です。
 これらの活動を通して、はじめに言ったように、自分の故郷への愛情と誇りが生まれてくれたらと願うばかりです。


長野県、最高!!


4年1組担任

「長野県フェスティバル」を終えて その1

投稿日:2022.11.26

 11月19日に、4年生の「長野県フェスティバル」が開かれました。実はこの「長野県フェスティバル」は、8年前に私・勝野と現2組担任の古幡教諭、そして上原教諭(現在は産休中)が始めたものでした。8年の時を経て、今年また同じ2人が4年生の担任となって、同じ行事に関われることに、ちょっと運命を感じます。
 4年生では自分たちの県について学ぶことになっていて、社会科で長野県のことを学び、県庁見学も予定しています。でも、それだけでなく、もっと自分たちの故郷に愛情と誇りを持って欲しいとの願いから、自分たちで長野県について調べたことを発表する機会を作ったのです。イメージは高校の文化祭。お客さんが自由にブースを回って、それぞれの発表を聞けるようなかたちです。


 さて、8年目の今年、話は4月に遡ります。子どもたちに、今年は長野県について調べることを伝えました。そして、調べるだけでなく、調べたことを利用して「新しい特産物」を作ってみようということも話しました。すると子どもたちは大喜び! スウィーツをつくりたい! ゆるキャラにしたい!など、もうアイデアが溢れてきていました。
 5月の大型連休のときには、生徒本人とご家庭にふたつのお願いをしました。ひとつは、調べたい市町村に連れて行ってもらうこと(もちろん、感染対策を行い可能な範囲で、です)。今まではコロナのこともあって実際に足を運ぶことができなかったのですが、今年は再びそれが叶いました。やはり、実際に目で見て耳で聞いておいしく食べてこそ、それらの良さが身に染みるというもの。五感をフルに使って感じることが大切だと思うからです。そして、もうひとつ大切なことは、必ず現地での写真を撮ってくること。その理由は、発表の資料にはネットに載っている写真ではなく、自分がその場で撮った写真を使ってほしかったからでした。
 こうして集めてきた事柄を、1学期は壁新聞にまとめました。取材した中からみんなに知らせたいことを選んで記事を書きました。それをトップ記事にするか、写真をどう使うかなどいろいろ考えて、それぞれ工夫に富んだ新聞を完成させることができました。
(その2へ続く)

あすをめざしてがんばるためだ!!

投稿日:2022.11.18

今年も無事にさいきょう祭を実施することができました。
1年生は、「トキワ荘」を舞台に、
夢と仲間の大切さを伝えるステージをお届けしました。


1年生が目標にしていたのは次の2点です。
①見る人が明るく前向きな気持ちになるように
②自分の力を全部出し切る


ところで、私のクラスには、
かわいい恥ずかしがり屋さんがいます。

教室でさえそうなのだから、
舞台に立つのは大きなプレッシャーだろうなぁ・・
私は、そう思っていました。


本番のステージ、その子は大勢の観客を前に、
笑顔で大きな口を開けて歌を歌い、
堂々とセリフを言っていたのです。


練習中はマスクを着けていて気が付かなかったけれど、
この子はこんなに一生懸命に口を開けていたんだ...。
こんなにも生き生きと...。


自分の殻を破ったその姿に、私は胸が熱くなりました。


さいきょう祭の余韻が冷めやらぬ中、
オンラインの校長講話が開かれました。


校長先生は、幸田露伴さん(作家)の言葉を引用し、
「努力よりほかに未来を良くするものはなく、
 努力よりほかに過去を美しくするものはない。」
子どもたちに、こう伝えました。


今回限りでなく、これからの頑張りが
子どもたちの未来を、過去を、
より良いものにしてくれるのですね。


今年度、1年生の入学式が行われた4月7日は、
藤子不二雄Ⓐさんの命日でもありました。

これも何かのご縁かもしれません。



「一番いけないのは、
 自分なんかだめだと思い込むことだよ。」


「目が前向きについているのは、
 前へ前へと進むためだ!
 明日を目指して頑張るためだ!」


「君たちはこの先、何度もつまずく。
 でもその度に立ち直る強さも
 持っているんだよ。」


台本には、漫画に出てきた言葉が散りばめられていました。
作者がキャラクターを通して伝えようとした言葉が、
いつか子どもたちの心を支える日が来るかもしれません。


1年1組担任

『舞台 千と千尋の神隠し』~8年生、伝統と革新のミュージカル創り~④

投稿日:2022.11.16

 今年度の8学年のさいきょう祭の取り組みには、たくさんの目標がありました。


 前半に記載した、さいきょう祭の目標を達成することは当然のことでした。加えて、前出の学年目標『苦中作楽―誰もが楽しめるミュージカル 観客も自分達も―』の達成。昨年度からの悲願であった「映像技術を100%成功させる」こと。31人という少ない人数で60分近くの舞台に臨み、歴代の先輩方の舞台と遜色ない完成度に到達すること。最後に、今後のSTEAM・8学年演目の新しい在り方として、生徒主体となって作り上げていく形を確立すること。


 多くの課題がありましたが、8年生はその全てを立派にやり遂げました。才教学園の伝統として、観る人に夢と感動を与えるミュージカルを演じるという責任、そして、STEAMとしての新しいミュージカル作りの形を後進に示すという使命を果たし、次年度へ「つなぐ」ことができました。


 8年生は、高校受験を控える9年生から、これからすぐに生徒会組織や最高学年としての立場を引き継ぎます。一人ひとり主体的に考え、行動し、大きな舞台を創り上げることに成功した生徒達が、ここで培った自信と責任感を最大限に発揮して、立派な先輩として全校の前に立てるようになってほしいと強く思っています。


8学年主任

『舞台 千と千尋の神隠し』~8年生、伝統と革新のミュージカル創り~③

投稿日:2022.11.16

 10月14日。校内リハーサルでは、まだまだ未完成ながら、"通し"を披露。これを鑑賞していた9年生一人ひとりから、Google Formを用いて感想とアドバイスを頂きました。昨年度、同じく大変な苦労をして、ミュージカル『レ・ミゼラブル』を完成させ、第17回さいきょう祭を大成功させた自信と自負、そしてミュージカルに関する経験と知識に富んだアドバイスから、本番までに何をすべきかが明確になりました。同時に、「自分達もこのミュージカル作りを通して、あんな9年生にならなければならない」という思いが、8年生の取り組みに更に火を着けました。


 10月31日(本番3日前)のゲネプロでは、複雑な照明、そして新しい挑戦である映像技術と演技を合わせた通しを、無事に完了することができました。しかし本番の出来から振り返ると、この時点でも完成度はまだ70%程度。
 ゲネプロから本番当日の演目開始までの間、最後の最後まで、『誰もが、もっともっと楽しめるミュージカルを創りたい』という思いのラストスパートでした。歌唱練習と、更なる振り付けの追加を徹底的に行い、なかなか120%の本気で演じ切れていなかった、舞台を盛り上げる脇役のアドリブやガヤも大幅に進化しました。


 そして迎えた本番。緊張の中、生徒たちは今までで一番のパフォーマンスを見せ、大きなアクシデントもなく、無事に演じ切りました。観客の方々の笑顔や盛大な拍手をいただき、自分達がやってきたことの成功を実感できました。
(④へつづく)