1. ホーム
  2. 才教ダイアリー
  3. 2019年度
  4. 自分の役目をしっかり果たそう!

才教ダイアリー

自分の役目をしっかり果たそう!

投稿日:2019.04.26

 新学年が始まって、ほどなくして、学級の係を決めました。「明日は、係を決めます。」と言うと、子ども達からは、なんとなく、ワクワクとした気持ちが伝わってきました。「どんな係をつくるのかな。」「自分は何の係をやろうかな。」そんな気持ちが子ども達の中にはあったのではないかと思います。学年初めに書いた1学期の目標の中にも、「係の仕事を全力でやりたい。」「係のチャンピオンになりたい。」そんな言葉がありました。

 

一人一役で係を決めました。自分が一番やりたい係を一人ひとりが選びます。この、「やりたい。」という気持ちを大切にしたいと思います。自分のやりたいことを選択できる力もとても大切なものだと思います。そして、決まった係。「やりたい。」という気持ちを大切にしつつも、自分ひとりだけのことではないので、自分がやりたい係になった子もいれば、そうでない子もいます。しかし、決まった係が、たとえ自分のやりたい係でなかったとしても、どの係もクラスの皆のためになくてはならない係なので、一生けん命にやることが大切であることを子ども達には話しました。

 

さて、係が決まると、早速、子ども達は、仕事を始めました。自分のやりたかった係、そうでなかった係に関わらず子ども達は自分の係の仕事を積極的に始めました。配る物のカゴの中にノートが入っていると、すぐに配り係が配り始めました。

教科の係は、その教科の授業が終わると、黒板を拭きますが、授業の終わりの挨拶が終わるやいなや、前に出て来て、黒板を拭き始める子がいました。同じ方向に黒板消しを動かし、一生懸命にきれいにしました。しかし、次の授業の準備をする前に黒板を拭き始めたために、次の授業を開始する時になって、あたふたとしてしまう場面も。でも、それだけ子ども達はやる気いっぱいです。

朝、提出された宿題を決められた場所に持っていくのも、それぞれの教科の係です。前の机に積まれていた宿題の山が、いつのまにか所定の場所にきれいに置かれています。

 

 1学期の目標の中には、「人の役に立ちたい。」という言葉もありました。係として与えられた自分の役目をしっかりと果たし、皆の役に立つ経験を積み重ねていってほしいと思います。今の張り切っている気持ちを忘れずに、これからも係活動に一生懸命に取り組めるよう、支援していきたいと思います。

 

 23組担任