1. ホーム
  2. 才教ダイアリー
  3. 2019年度
  4. 全力!!

才教ダイアリー

全力!!

投稿日:2019.05.14

才教学園の「体育祭」は、1学年から9学年までの全学年が赤白に分かれて勝利にこだわり全力で戦い、9学年のキャプテン、応援団長は全学年を鼓舞していきます。

勝っては嬉し泣き、負けては悔し泣きをする、才教学園三大行事の一つです。

そんな「体育祭」の花形競技がリレーです。

 

 

さて、8年生に進級して約1ヶ月。

体育では、50m走、反復横跳び、上体反らしなどのスポーツテストが主な内容でしたが、それと並行してリレーも行われていました。

クラスごとに男女それぞれ2チームずつの編成。

8学年は2クラスあるので、男女ともに4チームができます。

授業の目的は、「バトンパスをスムーズに!」

 

授業時間は4時間。

自分たちでチーム分けをして、限られた時間の中で、走順を考えたり、バトンパスの練習をしたり、体調不良の生徒の代走で12回走ったりすることも…

それぞれに工夫を凝らしていました。

 

1組では、多くの生徒が「生活の記録」(日記)にリレーのことを書いていました。

「頑張ったけれど、4位でした。」「タイムは上がったけれど順位は…」など。

私も、「リレーか!楽しみだな!」と思い、授業の合間を縫って見学に行きました。

4回ある授業の中で、その2回目のときだったと思います。

そのときは、残念ながら1組のチームは男女ともに3位、4位でした。

タイムは1回目より上がったようでしたが、その後の3回目も、結果は変わりませんでした。

 

そして迎えた4回目。リレーの授業は、これで最後。

バトンパス、走順などを何度も考え、練習して臨みました。

 

まずは女子のレースから!

みんな真剣な眼差しです。

第一走者からデッドヒートが繰り広げられ、授業の枠を超えて体育祭さながらです。

どのチームもバトンパスをスムーズに行い、一進一退!

「頑張れー!!」「抜かれるなー!」「あと少し!」

応援も全力!!

これまでの3位、4位という結果を覆し、一つのチームが2位に躍進!!

「やったー!!」

男子のレースはさらに白熱!!女子とはスピード感が違います。

「もう少しだー!!抜けー!!」「抜かれるなー!!」

 

走り終わった生徒は倒れ込むほどの力の入り様で、見ている私も熱くなりました。

結果として、男女とも順位は満足のいくものではありませんでしたが、どのチームもタイムを飛躍的に伸ばしました。

一番伸びたチームでは10秒以上も速くなりました。

 

まるで「体育祭」本番のように、何事にも全力で取り組む才教生のこの姿!!

私は、それを普段から当たり前のこととして見ていますが、

やはり全力で取り組む姿は、見ていて気持ちがよく清々しいものです。

これから先も、何事にも全力で取り組む気持ちを持ち続け、成長していってほしいと改めて思いました。

 

8年1組担任