1. ホーム
  2. 才教ダイアリー
  3. 2021年度
  4. 三ツ井選手、ありがとうございました! 

才教ダイアリー

三ツ井選手、ありがとうございました!

投稿日:2021.08.27

 8月7日(土)に本校バスケットボール部は、プロバスケットボール男子Bリーグの信州ブレイブウォリアーズで活躍する三ツ井利也選手より技術指導を受けました。今年度から公式戦等に参加するようになった本校バスケ部にとって、プロとして活躍する三ツ井選手との交流は貴重な時間となりました。


 講習会はドリブルやシュートの基本的な練習が中心でしたが、それらにゲーム性を持たせ、バスケの楽しさを存分に味わえる内容でした。プロの世界に身を置き実戦で経験を積んできた選手の話を真剣に聞く部員たち。その目はキラキラと輝いていました。

 このようなご時世で試合や対外練習もままならない中、今回のように他校のみなさんと関わる機会を持てたことは大変ありがたいことでした。部員の様子を見ていると、自分から進んで関わろうと積極的に行動する生徒の姿が多くみられ、ある程度まとまった人数で練習ができたという意味でも大きな収穫があったと感じています。

 いつも学校で行うより長い時間の活動でしたが、その長さを感じさせないくらいにあっという間の講習でした。


 三ツ井選手は練習後、「中学校での生活は、瞬く間に過ぎていきます。学習だけ、スポーツだけするのではなく、ぜひ色々な事に挑戦してください。その中で、バスケットボールを好きでいて欲しい。」とおっしゃっていました。


 部員には、更に一生懸命に部活に取り組んでいくことと同時に、有限である学校生活の中で多くのことを経験し学んで行って欲しい。

 私も教員として、バスケ部顧問として強くこのように思いました。

 部員に、そして私にも、多くのことを教えてくださった三ツ井さん、ありがとうございました!


 夏休みが明け2学期が始まりましたが、新型コロナウイルス感染症防止の観点から、しばらく部活動は禁止となっています。これまでも様々な制限の中で何とか活動を続けていたところに残念な話ではありますが、いずれは外部との交流を通じ、プレー技術の向上とともに生徒に様々な経験をする機会を設けることができたら...と思います。


バスケットボール部顧問

ドリブルをしながら足し算(写真は一部加工しています)

2つのボールを使ったドリブル練習