1. ホーム
  2. 才教ダイアリー
  3. 2018

才教ダイアリー2018

学校を背負って立つ人材に

投稿日:2018.05.22

 8年生は半年後には生徒会を引き継ぎ、学校を背負って立つリーダーになります。リーダーは時に、周囲に対して「あれができていない」「もっとこうしなくてはいけない」と厳しいことも言わなければいけません。その上、自分ができていないのに誰かに注意をしても、おそらく素直に聞いてはもらえません。「この人が言うなら仕方ない。」そう思ってもらえるような、常に手本となる姿が今の8年生の目標です。

そんな中、他学年と共に活動する今回の体育祭は大きな成長の機会です。体育祭の練習が始まる前に開いた学年集会では、一人ひとりどのような手本となるか、その決意を発表しました。

7、8年生が合同で行う競技「台風の目」では、8年生が7年生を引っ張ります。リーダーを中心に作戦を立て、走順を決め、練習に取り組んでいます。授業の時間以外にも始業前と放課後の時間を使って、参加できる人が積極的に自主練習を行う姿も見られます。自分達の練習だけでなく、障害物のバーを跳べない人や、今年初めてこの競技をする7年生にもアドバイスをするなど、赤白共に日に日に上手になってきています。

競技練習の姿も大変立派なのですが、私が感心している点は、それ以外のところにあります。それは、みんながすべてのことにひとつも手を抜かずに取り組んでいるところです。

キャプテンの指示をよく聞く、一つひとつの指示に返事をする、移動は駆け足で行う、集合時間を守る、行進で指の先まで伸ばす、足をしっかりあげる、あいさつをしっかりする、応援練習で声を出す……そういった競技以外の大切な部分を率先して行う様子から、まさにこの8年生が、これから才教学園を背負って立つ者としてふさわしい器を持っているということを実感しています。

 

いよいよ今週末に迫った体育祭。赤組と白組、共に高めあってきたチームがどれほどの激闘を見せるのか。

そして、体育祭を通して、生徒たちがどれほどの成長を見せてくれるのか。

今から楽しみです。

 

8学年主任・81組担任

「自分一人ぐらい...」がチームを壊す

投稿日:2018.05.18

 7学年は「良き友を大事にしよう!美しいチームにしよう!」を最大のテーマに、日々の生活を送っています。

少し前の話になりますが、4月21日()の7学年合同HRで、『樽の中のワイン』の話をしました。いろんなシチュエーションが存在する話ですが、その中のひとつを紹介します。

 

***

山奥のユダヤ人の村に新しいラビ(ユダヤ教における宗教指導者)が着任することになり、村人たちはラビが着任する日に、祝いの宴を開くことにした。教会堂の中庭に空の樽を用意し、宴の前日までに村人それぞれが一升の酒を樽の中に注ぎ入れることにした。

 当日までに樽はいっぱいになった。ラビが到着すると、村人たちはラビを住まいに案内し、教会堂で祈りを捧げた。その後、祝いの宴となった。しかし、どうしたことだろう、樽から注がれる液体はまったく酒の味がしない。まるで水のようだった。長老たちは新任のラビの手前、戸惑い、恥じ入った。突き刺すような静寂が立ちこめた。しばらくして、隅にいた貧しい村人が立ち上がって言った。

 「みなさんに告白します。実は、みんなが酒を注ぎ入れるだろうから、わしが一升分ぐらい水を入れたって、誰にも分からないだろう。そう思ったのです」。間髪を入れず、別の男が立ち上がった。「実は、おれも同じことを…」。その後、次々に「わしもです」「おれもです」と言いだし、とうとう村人全員が同じことをしていたと分かった。

***

 

 この話の教訓は「自分一人くらいさぼっても…」が広がるとチーム・集団・組織は崩壊するということ。誰かのさぼりや手抜きは、それを尻ぬぐいする人がいる限りは表面化しません。しかしながら、尻ぬぐいをする人よりも、さぼる人や手抜きをする人の方が多くなると一気に問題が表面化してきます。

 

体育祭の練習が盛んな今の時期、準備運動で8年生や9年生が、「全員で声を出して体操!」と号令をかけます。しかし、実際に声を出して体操しているのは三分の一程度しかいないように感じます。そんな時には必ずと言って良いほど、先生やリーダーから「全員で声を出して体操って言わなかった?」との声が飛びます。誰一人言い返しませんが、その表情には“自分が声を出さなくても誰かが声を出してくれるだろう”という思いが表れています。

そんな人に、私はこう伝えます。

「全員がそう思ったらどうなる?一人ひとりが『自分のチーム』だと思わなくてどうする?」と。

「みんなのチーム」というととても聞こえが良いですが、そこに「自分一人ぐらい、少しぐらいさぼってもいいだろう」という甘えが隠れてはいませんか。「自分の汗と知恵がチームを支えている」という強い気持ちを一人ひとりが持つこと、それが「自分のチーム」という言葉の本来の意味だと思います。この気持ちが結集した「みんなのチーム」は無敵だと思います。

 学年・学級でも、些細なことであってもさぼる人が居る限り、学年通信のタイトルにもなっているLa Belle Equipe(フランス語で意味は良き友・美しいチーム)にはなりません。生徒には『樽の中のワイン』の話以外にも、『星火燎原』…‟最初は小さい力のものが、成長して強大になり手に負えなくなること”という言葉を贈りました。小さな火種はいつの間にか大きな火となります。忙しい時期だからこそ、そして新しい学年に慣れてきた今だからこそ、原点に戻り、立ち止まって考えようと伝えています。

このようなことを続けて1ヶ月半余りが経過した現在、7学年の生徒は素直さゆえ、1回伝えればすぐさま吸収し、実践することができます。毎朝唱える「才教の心得」も一時声が小さくなりましたが、今は出し惜しみすること無く、全員が声を張って唱えています。体育祭においては体操のかけ声、応援練習の声が、一人、また一人と全力の声出しができる生徒が増えています。自分のチーム、自分の学年、自分の学級という意識が強まってきた証です。授業の受け方や提出物など、気の緩みからくる小さな火種が見受けられると、それを大きくしないようにと生徒達は自浄(=お互いに注意し合い、修正していくこと)ができるようになってきました。これも先に述べた言葉を素直に捉えてくれたことのあらわれです。

 

話を体育祭に戻しましょう。

第14回体育祭まであと1週間余り。

 

One for all, All for one

ひとりはみんなのために みんなはひとつの目的のために

 

 全員が「自分のチーム」という強い気持ちで顔晴れ!!

赤も白も勝利を目指して顔晴れ!!!!!

 

7学年主任・7年1組担任

2018年度才教ダイアリーが始まります

投稿日:2018.05.18

 2018度の「才教ダイアリー」をお届けします。

 生徒の成長を感じた場面や教室の何気ない風景など、様々なエピソードをご紹介します。