1. ホーム
  2. 才教ダイアリー
  3. 2019

才教ダイアリー2019

熱い冬を過ごした才教生 ~校内講習会を終え3学期スタート~

投稿日:2020.01.10

 17日間の冬期休業を終え、3学期始業式を迎えた才教学園。冬期休業とはいえ、そのうちの6日間は恒例の『校内冬期講習会』が行われました。6~9年の多くの生徒が、寒さと反比例するかのように、熱く学習に励みました。

毎日5コマの希望選択制をとった9年生は、県公立高校入試に向け、自分に合った教科を選択しました。「数学を強化したい」と数学3コマを選択した生徒。「理科をもう少しやっておきたいかも」と2コマ選択した生徒。5教科を万遍なく学習しようと1コマずつ選択した生徒。自分に必要なものが何かを、しっかり考えていました。講習後も「学習室」で黙々と自主学習をしたり、「質問室」で教員に質問したり、「学び合い室」で生徒同士の熱い議論を交わしながら高め合ったり…と、才教生らしい姿が多く見られました。

このような光景が、9年生のみならず、講習を行った6年生から8年生でも同じように散見されたことは、担当者として嬉しい限りです。

 

 3学期初日から多くの生徒が集まった『学習質問室』は、8年生以下の生徒も9年生と同じくらいの熱量で学習する様子が見受けられました。生徒会や部活がそうであるように、学習面・生活面でも粛々と引き継ぎが行われているようです。

 

『子年』最初の登校日、1年生の教室には『むチューでべんきょうしよう!』という板書がありましたが、9年生には、寒さに負けず、体調に気をつけながら、『行ける高校』ではなく『行きたい高校』に合格することを目指してほしいと思います。

頑張る生徒を心から応援しています!

 

『全員でなるんだ、なりたい自分に!』

 

季節講習会・学習質問室担当

学習質問室

入試対策テスト(9年生)

3学期始業日 1年生教室の黒板

どうして子犬をもらわないの?

投稿日:2019.12.25

国語の時間に、「ずうっと、ずっと、大すきだよ」の学習をしました。

初めて物語を読んだとき、多くの子が「エルフが死んでしまって、悲しかった。」という感想を持ちました。

そんな中、ある子が「となりの子が子犬をくれると言ったのに、もらわなかったのはどうしてだろう。」という疑問を口にしました。

 「たしかに…」と首をかしげる子どもたち。

 

「もらった犬が死んでしまったら、また悲しい思いをするから。」

 「となりの子がかわいそうだから。」

本当にそうでしょうか。

授業は、この疑問を解決することを目標に進めることとなりました。

 

挿絵や本文から、主人公の「ぼく」が、赤ん坊のころからエルフという犬と一緒に育ってきたこと、一緒に眠っていたこと、一緒に遊んでいたことが分かりました。

しかし、エルフと「ぼく」とでは年の取り方が違います。「ぼく」の成長よりも早く、エルフは年を取ります。

毎日世話をする「ぼく」は、階段を上れなくなったエルフを抱きかかえて自分の部屋まで連れて行き、寝るときには、「エルフ、ずうっと、大すきだよ。」と声をかけるのです。

「ぼく」がエルフに枕をあてがう場面で、最初は「ぼく」がエルフを枕にして眠っていたことに気付いた子から、「エルフにしてもらったことを、『ぼく』がお返しにやってあげている。」という意見が出ました。

さらに、「ぼく」が毎晩一緒に寝ていたから、エルフが死んでしまったことに一番早く気付いたのではないかと想像しました。昨日まで温かかったエルフが、今日は冷たく動かない……それがどんなに辛いことか、みんなが自分のことのように考えました。

 

そして改めて、はじめの疑問に戻るのです。

「となりの子が子犬をくれると言ったのに、もらわなかったのはどうしてだろう。」

 

「悲しみでいっぱいだから。」

「エルフのことが忘れられないから。」

「エルフの代わりはいないから。」

「エルフは家族だったから。家族の代わりはいないから。」

物語を丁寧に読んできた子どもたちは、「ぼく」が子犬をもらわなかった理由をきちんと想像できたようです。

学習の最後に、もう一度感想を書きました。

 

***

赤ちゃんのときからずっといっしょで、エルフがしぬまで「ぼく」がせわをして、まいばん「大すきだよ。」といっていました。かいだんをのぼれなくなっても、のぼらせてあげるのが、やさしいとおもいました。だから、エルフは「ぼくの犬」なんだとおもいました。「せかいでいちばんすばらしい犬」なのは、大すきといういみだとおもいました。いまは、エルフのことでこころがいっぱいだから、となりの子から子犬をもらわないんだとおもいます。はじめは、かなしいおはなしだとおもっていたけど、べんきょうをしたら、かなしいだけじゃなくて、うれしいこともたのしいこともあったのがわかりました。だから、だんだんじかんがたったら、また犬をかいたい気もちになるかもしれないとおもいました。ほかのペットをかっても「ずうっと、ずっと、大すきだよ。」といってあげられるのが、やさしいとおもいました。

***

 

困っている人の話、怒っている人の話、悲しんでいる人の話、そういう話をいっぱい読むと、少しずつですが、そういう人たちの気持ちがわかるようになります。人の気持ちがわかると優しい人間になれます。優しさというのは、言わば想像力のことです。

冬休み中も、心が豊かになるような本をたくさん読んで、想像力を育みましょう。

 

1年1組担任

手作りのクリスマスオーナメント

投稿日:2019.12.13

この時期になると本校の受付ロビーに大きなクリスマスツリーが設置されます。1年ぶりの登場となりますが、その時点ではツリーに飾りは殆どついておらず、緑の枝葉のみの状態です。

 

ツリーが出されたことに気付くと、美術部員が動き出します。美術部でツリーの飾り付けをすることは、もはや才教学園の恒例になっており、歴代の部員達はオーナメントを手作りしてきました。その数が毎年増えていき、生徒達が足を止めてひとつひとつのオーナメントをじっくり見てくれたり、1年生が見学に来て学期末の記念写真を撮っていったりするので、部員達にも張り合いが生まれています。

 

美術部が関わる前のツリーは、電飾と市販のオーナメントを幾つかぶら下げただけの、少々寂しいものでした。そこで、きれいに飾って小さな下級生を喜ばせてあげようと美術部のメンバーがオーナメントを作ったことから、この活動は始まりました。

 

最初の頃は樹脂粘土を使って雪だるまや星を作ったり、拾ったシダーローズに金や銀のペンキをスプレーして飾り付けたり、枝に華やかなリボンを結んだりしていましたが、数年前からフェルトでサンタクロースや動物、キャラクターやオリジナルのモンスター等、様々なオーナメントを作るようになりました。

フェルト細工の腕前もぐんぐん向上し、まるでプロの作品のようなものもあります。先輩たちが作ったものを代々受け継ぐだけでなく毎年新しく作り足しているので、少しずつ増えて賑やかになっています。今では部員たちのオリジナル作品だけで数が足りるようになり、シダーローズも余って残るようになりました。

今年の新作も、完成次第ツリーにぶら下がりますので、それを探すことも楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

才教学園にお越しの際は、ぜひこのツリーにも目を向けてみてください。活動の一端ではありますが、部員達の作品を見ていただけましたら幸いです。

 

 美術部顧問

 

次期リーダー8年生、幼稚園実習に行く

投稿日:2019.12.10

 先日、8年生が松本南幼稚園へ保育実習に行きました。

家庭科の授業の一環であるこの実習。夏ごろから準備は始まっていて、フェルト地に刺繍を入れた名札などを授業の中で作成していました。「幼稚園の子どもたちに喜んでほしい。」とプレゼントするおもちゃは、紙コップに張ったゴムの反動を使ってフェルトのボールを射出する仕組みのもので、一緒に遊ぶために心を込めて作っていました。

実習当日、小さな子どもたちとの交流を楽しみに朝からワクワクしている8年生。

準備を整え、いざ松本南幼稚園へ!

 

幼稚園に到着するやいなや、教室へ案内され交流がスタート。ぐいぐい押し寄せてくる年長さんたちの勢いにつられて緊張はどこへやら……みんな満面の笑顔で遊んでいました。

話をしたり遊んだりして慣れて余裕が出てくると、遊び終わったものの片づけをしたり、昼食の用意を手伝ったり、「(ハンカチで)手を拭こうね。」と声をかけたり、持ち前の明るさを存分に発揮して年長さんたちと関わっていました。

その後、場所を体育館へ移して歌の交歓会が始まりました。8年生がさいきょう祭のミュージカル『美女と野獣』で歌った「Be Our Guest」と「美女と野獣」を披露すると、みんなニコニコ笑顔で聴いてくれて、「ろうそくさんの名前って何だっけ?」と横の友達に尋ねていた年長さんも…。

お返しに「おひさまになりたい」と「にじ」の2曲をプレゼントしてくれた年長さんに向けられた8年生の優しい笑顔は、なんだかお父さん・お母さんのそれと同じようにも見えました。

 和やかな時間が過ぎ、園児のみなさんが並んで作った道をハイタッチしながら通り抜け、「ありがとー。」「バイバーイ。」と最後の最後まで温かい交流ができました。中には「かえらないでー(泣)!」と言ってくれた子もいて、とても名残惜しい気持ちになりました。

 

「楽しかった。」「かわいかった。」「やりがいがあった。」「小さい子を育てるのは大変。」「接し方が難しかった。」「たくさんのエネルギーをもらえた。」「気疲れしも少ししたけれど、とても満足!」「戸惑いもあったけれど、小さな子に寄り添えた。」「自分が小さかったときの純粋な気持ちを思い出した。」「また行きたい。」「毎日こうやってふれあっている幼稚園の先生を、とても尊敬します。」

次の日の生活ノートは、実習の感想で溢れていました。

 

 

 このほど、生徒会の引き継ぎも終わり9年生から大切なバトンを託された8年生。

授業で得た貴重な体験も活かし、才教学園のリーダーとして大きく成長することを願います。

 

8学年主任

心身を健やかに ゲームやテレビに要注意!

投稿日:2019.12.06

 医薬品の正しい使い方や、危険ドラッグによる心と体への影響などを学ぶ「薬物乱用防止教室」が行われました。年1回、薬剤師会の方を講師に迎え、5年生と7年生を対象に開催しているものです。

5年生では薬の正しい使い方についての学習をします。薬は、人間に本来備わっている「自然治癒力」だけで回復できないときに、助けとなってくれるもの。様々な種類がありますが、それぞれに理由があって開発された薬なので、決められた用途・用法・用量で使用しなくてはならないということを重点的にお話していただきました。

 

7年生では、たばこやアルコール、薬物が心身に及ぼす影響についての学習を。今年度は新たな内容を取り入れ、7年生に「ゲーム障害」についてのお話をしていただきました。

現在、全国でゲーム障害が深刻化してきているそうです。昨年、WHOはゲーム障害を病気(デジタルヘロイン)と認定し、依存症と同じ「精神疾患」として位置づけました。ゲームは脳に悪影響を及ぼし、前頭前野の神経を損傷させることもわかっているそうです。

授業後の感想文を見ると、ゲームにも依存性があることに驚いた生徒が多くいました。身近なゲームや電子機器が、よもや「病気」の原因になるとは思っていなかったようです。

ある生徒の感想には、自分が過去にゲームに夢中になった時期があったと書かれていました。しかし、勉強を先にしてから自分の好きなことをするように行動を変えていったら、成績が上がり、勉強も楽しくなり、ゲームをすることは必然的に少なくなったとありました。

 多くの生徒が「ゲーム依存にならないようにしたい」と感想を寄せた通り、ゲームやネット環境に潜む大きな危険性を知ることができたのではないかと思います。

今回のお話が、ゲームやSNS等のネットのあり方と正しい使い方について、自分自身や家族と共に考えるきっかけとなることを願っています。

 

 養護教諭

卓球部男子県大会出場

投稿日:2019.12.03

 卓球部男子が創部はじめての市中大会3位に加え創部2度目の県大会出場の切符を手にしました。

才教学園ではこの時期、さいきょう祭あり、期末テストありと、練習にかけられた時間がほとんどありませんでした。特に8年生部員にはさいきょう祭(ミュージカル)で主役級の子が多く、そのような中でも、卓球にかける気持ちが途切れないようにと、私は部員に対し声をかけていました。

だから、部員たちはさいきょう祭の係活動や発表の練習が放課後にあっても、必ず顔を出し、「片付けだけでもやります」と、下校時間ぎりぎりまで手伝ってくれていました。また、どうしても部活を行う時間がなかったときには、終わりの挨拶だけに来たり、すでに挨拶が終わった後で帰る直前に顔を出したりしたこともありました。

そうやって、部の一員であることを常に考え、大会への思いを切らさずに活動できたことが、今回の結果につながったのではないかと思っています。

 

中信地区のレベルや、各チームのポイント差が大きくないことを考えると、1月の県大会では上位を狙えるチャンスがあるかもしれない、と思います。

私も顧問として、できることは多くはありませんが、限られた中でできる限りのサポートをし、一つでも多く勝てるように指導をしていきたいと思います。

 

県大会を楽しむだけではなく、勝ちにこだわり頑張らせたいと思います。ご声援よろしくお願いいたします。

 

卓球部顧問

見えたリーダーの姿

投稿日:2019.11.29

 先日、4年生の長野県フェスティバルがありました。グループごとに県内の市町村の特徴を調べて発表します。

「来てくれた人を楽しませる」ことを目標に準備をしてきました。その中で、「伝えたいことがあるのに、分かりやすく文章にして伝えることが難しい」という課題がありました。発表までには、課題を乗り越えるための多くの作業がありましたが、最終的には「自分たちが楽しんでやれば、来てくれた人も楽しんでくれる」という思いで発表のときを迎えました。自分たちで考え作り上げることができた長野県フェスティバルでは、大きな達成感があったようです。

 

本番の様子は、というと・・・自信を持って、堂々と発表していました。聞いてくれる人たちは入れ替え制なので、何回か発表を繰り返すにつれて4年生からはアドリブが出たり、アクションを加えてみたりと、発表をよりよいものにしようとする姿が見られました。1時間があっという間に過ぎ、戻ってきた子どもの顔にはやり切ったという表情がありました。

 

 長野県フェスティバルを終えて、発表を見に来てくれた3年生からは、感謝と憧れの言葉が多く書かれた手紙が届きました。

「楽しかったです。さすが4年生だなと思いました。」

「ユーモアのある発表で、来年もあんな発表がしたいです。」

「来年は、4年生みたいに堂々と楽しく発表をしたいです。」

 

 4年生はⅠ期のリーダーとして、下級生のお手本となれることを学年目標としています。その中で今回、下級生が4年生の姿を見て憧れる存在になれたことがうれしく思います。この経験を踏まえて、日常生活でも下級生が憧れるリーダーに近づいて欲しいと思います。

 

 3学期には個人でのプレゼンテーションを行います。市町村の良さが伝わる発表を生徒たちが自分なりに考えて作り上げることができるよう、担任として支援していきます。

4年生のみんな、今回の長野県フェスティバル本当に一生懸命取り組みましたね。

楽しい時間をありがとう!

 

4年3組担任

走り高跳びは「団体戦」でした

投稿日:2019.11.26

 4年生の2学期の体育では「走り高跳び」を行いました。走り高跳びは、助走から片脚踏み切りで高くジャンプし、跳び越えられたバーの高さを競う種目です。跳び方としては、はさみ跳びや背面跳び、ベリーロールなど、いくつかの種類があります。今年度から本格的に走り高跳びを始めた4年生ははさみ跳びを行いました。授業では助走の仕方や踏み切り方、脚の振り上げ方などの基本的な動作をもとにバーを跳び越える練習をしてきました。

 しかし、跳び方は理解しているけれど、実践すると上手く跳べず…。はじめのうちはほとんどの生徒が思うような助走ができなかったり、左右どちらの足を踏み切り脚・振り上げ脚にするかで混乱して上手くバーを跳び越えられなかったりしました。しばらくすると、コツをつかんで跳べるようになった人にアドバイスをもらったり、見よう見まねで跳んでみたりしていました。それでも4年生は苦戦しながら何度も挑戦していました。

 

 そのうち、ある生徒が体育館の隅に置いてあるカラーコーンを見つけ、「先生、あのカラーコーンを使ってもいいですか?」「走り高跳びの練習に使いたいんです!」と言ってきました。カラーコーンの使用許可を出したとたん、周りの生徒達と一緒にコーンを使った練習が始まりました。

生徒達を見ていると… 1、2と声を出しながら跳ぶ、両足で跳ぶなど、色々と実験していました。なぜかライダーキック(!)まで……。少し遠回りかもしれませんが、生徒達は工夫して練習をしていました。

自分達で考え出した練習をもとに実際にバーを使ってみると、見事に跳ぶことができました。まさかあのライダーキックが?とも思いましたが、何事も試してみることは大切です。その授業からカラーコーンを使う生徒が増えていき、体をうまく使える生徒が増えて、最終的には4年生全員がバーを跳べるようになりました。

本来走り高跳びは個人種目なので一人で黙々と取り組みますが、今回の4年生の走り高跳びはまるで団体戦のようでした。

 

4年生 体育担当

おもてなしの心

投稿日:2019.11.22

 本校では年に2回、「作法教室」を行っています。

講師の先生をお招きし、クラスごとに授業を行います。

 

作法教室では、講師の先生のお話を聞くだけはなく、子どもたちが自らお茶を点てます。「亭主(お客さんを接待する人)」、「半東(亭主が点てたお茶を運ぶ人)」、「正客(お茶をいただくお客さん)」の3役に分かれ、お茶席での役割も学びます。

茶室での歩き方、立ち方や座り方も丁寧に教わります。正座をするので、中には足がしびれてしまう子も…。しかし、そこは踏ん張りどころです。

 

1年生は、何もかもが初めての経験。わくわくしたり、ドキドキした気持ちでいっぱいのようです。1回目の授業のときは、先生に点てていただいたお茶を飲み、お茶とはどんなものなのかを知ります。初めて飲むお抹茶は少し苦いと感じる子もいますが、みんなで飲むと、不思議とおいしいようです。友人とお茶を飲むのは、つい楽しくなってしまいますが、作法教室で大切なのは心を落ち着かせること。お茶の味を感じながら、静かに、ゆっくりといただきます。

 

2回目の授業のときは、自分たちでお茶を点てます。目標は、きめ細やかでふっくらした泡を点てることですが、茶せんを使ってお茶を点てるのは想像以上に難しいものです。泡が立たなかったり、泡が大きくなってしまったり。苦労しながらも、一生懸命取り組んでいます。

 

作法教室を通じて身に付けることができるのは「おもてなしの心」。

相手に対し最善を尽くすこと。自分を下げ、思いつく限りの丁寧な対応をします。

言い換えれば、「相手を思いやる」ということ。これは、普段の生活にもつながっていくのではないでしょうか。

家族や友人、身の周りの人を思いやること。困っている人や悲しんでいる人がいたら進んで手を差し伸べる。そうすれば、さらに笑顔があふれる学校になるのではないでしょうか。

作法教室で習った周囲の人への思いやり、おもてなしの心を忘れずに元気に過ごしていってほしいです。

 

養護教諭

一生懸命やることの大切さを学ぶ

投稿日:2019.11.19

2年生がさいきょう祭で演じたのは「ブレーメンの音楽隊」。

一人ひとりが堂々とセリフを言いながら演じること、じっと動かないのも演技の一つとすること、みんなでリアクションを揃えることなど様々な挑戦を取り入れた演目にしました。派手さはないものの、個の成長とチームワークを得る機会になりました。

 

2年生の出番は2番目でした。大きな鏡に向かって自分の表情を確かめながら、セリフを言ったり、歌を歌ったりしてリハーサルをしました。最後に円陣を組んで、気合を入れてステージへ!

 

音楽が始まり、2年生の演目がスタート。一人ひとり練習でやってきたことをステージ上で十分に発揮し、順調に劇を進めていきました。前半は、大きな声ではっきりとセリフを言うこととセリフに対するリアクションをとることを頑張りました。後半は、合奏と歌です。合奏は鍵盤ハーモニカの二重奏を中心に、いくつか楽器を加えて、音の重なりを楽しめるようにしました。そして、劇の最後は「幸せのリズム」を歌いました。舞台上にいる2年生と観客が一つになって、手拍子を合わせて幸せのリズムを刻むことができ、素敵なステージのフィナーレを飾りました。

 

舞台上の様子を間近で見ていて感じたのは、今できることを一生懸命にやりぬこうと奮闘する姿の素晴らしさです。さいきょう祭後、全員に一生懸命やりきったか聞いたところ、全員笑顔で応えてくれました。「やりきったぞ!」という素敵な笑顔でした。

 

今後の学校生活でも、何事にも前向きに一生懸命取り組めるように頑張りましょう!

 

2年1組担任